今年の漢字

「今年の漢字®」とは

「今年の漢字」は、1995年から漢字の素晴らしさや奥深い意義を伝えるための啓発活動の一環として始まりました。毎年年末に一年の世相を表す漢字一字を全国から募集しています。そして、最も応募数の多い漢字を12月12日(いい字一字)の「漢字の日」にちなんで、京都・清水寺で森清範貫主の揮毫により発表しています。そして、一年の出来事を清めるとともに新年が明るい年になることを願い、清水寺にて奉納の儀式を行っています。
一年を振り返り選ばれた漢字一字からは、さまざまな出来事を回想することができます。
「今年の漢字」は、年末の風物詩の一つとして人々に愛される行事となっています。

「漢字の日」

漢字への関心・理解を深めると同時に、日本文化への認識を深める日として制定。毎年、全国公募によりその年の世相を表す漢字一字を発表することで、一年を振り返りながら、漢字に込められた奥深い意義を認識する機会を創出します。

12月12日

「いいじいちじ」と読み、毎年「いい字」を少なくとも「一字」は覚えてほしいという願いを込めています。

「今年の漢字」揮毫について

揮毫者:清水寺貫主 森 清範 (きよみずでらかんす もり せいはん)様
色紙 :黒谷和紙(くろたにわし)(縦150㎝×横130㎝) ※京都府産
筆  :牛耳兼毫筆(ぎゅうじけんごうふで) ※広島県熊野産
    毛…白天尾(しろあまお)長さ11.5㎝ 直径4.5㎝、 軸…長さ26㎝ (一番太いところの直径は約5.5㎝)
墨  :奈良県産

「今年の漢字®」は登録商標です。

「今年の漢字」の商標および「今年の漢字」で揮毫された漢字の公式画像の使用については、事前申請いただき、当協会にて審査いたします。
※「今年の漢字」の募集や発表に関する報道目的の場合は、事前の申請なくご使用になれます。

募集期間(2019年度参考)

2019年11月1日(金)~12月5日(木)

募集方法

はがき
インターネット
応募箱(清水寺、書店、図書館など全国1,600箇所以上に設置)
団体応募

応募総数

216,325票(参考:2018年は193,214票)

応募方法応募数
はがき2,785票
インターネット21,249票
応募箱91,073票
団体応募101,218票
合 計216,325票

過去の一覧

漢字選考理由2位3位
1995年兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)発生。
東京都心で化学兵器による無差別テロ攻撃(地下鉄サリン事件)が発生し、世界に震撼と衝撃を与えたこと。
金融機関の倒産などによる社会不安の拡大。
乱災
1996年大阪府堺市などで発生したO157による集団食中毒の多発、それによる学校給食などへの影響。
税金や福祉を「食いもの」にした汚職事件の多発。
牛海綿状脳症(狂牛病)の発生。
菌汚
1997年北海道拓殖銀行、山一證券をはじめ、相次ぐ大型企業の倒産や銀行の破綻。
サッカー日本代表が1998 FIFAワールドカップのアジア地区予選で強豪を倒してW杯初出場。
破金
1998年和歌山毒物カレー事件の余波で毒物混入事件が多発。
ダイオキシンなど有毒物質に対する不安の高まり。
当時社会問題となった環境ホルモン。
不乱
1999年1000年代、1900年代、1990年代の最後。
東海村JCO臨界事故発生。
翌年への「末広がり」の期待を込めて。
乱核
2000年シドニーオリンピックで、女子フルマラソンの高橋尚子、女子柔道の田村亮子が金メダル。
金大中と金正日による初の南北首脳会談。
長寿姉妹のきんさんぎんさんの成田きんが逝去。
二千円紙幣誕生。
乱新
2001年アメリカ同時多発テロ事件発生。当時のターリバーン政権が首謀者引き渡しに応じなかったことをきっかけにアメリカのアフガニスタン侵攻(対テロ戦争)が始まる。狂乱
2002年初の日朝首脳会談により、北朝鮮に拉致された日本人が日本に帰国。
日本経済がバブル期より以前の水準に戻る。
レトロソングのリバイバルヒット。
北拉
2003年阪神タイガースが18年ぶりにリーグ優勝。
イラク戦争の勃発、「虎の尾を踏む」ような自衛隊イラク派遣。
戦乱
2004年新潟県中越地震、新潟・福島豪雨、福井豪雨、台風23号をはじめとする台風の連続上陸、浅間山の噴火など、国内で自然災害が多かったこと。
美浜発電所の事故や三菱リコール隠し。
韓震
2005年愛知県で愛・地球博(万博)の開催。
紀宮清子内親王と黒田慶樹が結婚。
卓球の福原愛の中華人民共和国での活躍をはじめ、「あいちゃん」という愛称の女性の活躍が目立ったこと。
親が子を、子が親を殺すなど「愛の無い事件」が目立ったこと。
改郵
2006年悠仁(ひさひと)さま誕生。
小中学生の自殺多発。
北朝鮮の核実験。
臓器移植事件、医師不足などによる命の不安。
悠生
2007年不二家をはじめ、「白い恋人」や「赤福餅」など、食品表示偽装が次々と表面化。
年金記録問題の発覚。
防衛省の汚職事件の発覚。
テレビ番組『発掘!あるある大事典II』による捏造問題。
食嘘
2008年日本の内閣総理大臣交代やアメリカのオバマ次期大統領の演説「チェンジ(変革)」。
株価暴落や円高ドル安などの経済の変化。
食の安全性に対する意識の変化。
世界的規模の気象異変による地球温暖化問題の深刻化。
スポーツや科学の分野での日本人の活躍に表れた時代の変化。
金落
2009年自由民主党と公明党に替わる民主党を中心とした鳩山由紀夫新政権発足。
アメリカのバラク・オバマ新大統領就任。
裁判員制度や高速道路料金割り引きなど、様々な新制度の施行。
新型インフルエンザの流行。
スピード社の高速水着による競泳の世界新記録ラッシュ。
イチローの9年連続200本安打の新記録。
薬政
2010年観測史上1位の猛暑や非常に厳しかった残暑により熱中症にかかる人が多発。これに伴い野菜価格が高騰し、熊なども人里に出没。
地中の「暑い」中から作業員全員が生還したコピアポ鉱山落盤事故。
1万℃の突入温度から宇宙探査機「はやぶさ」が帰還。
中不
2011年東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)をはじめ、台風などによる大雨被害(平成23年7月新潟・福島豪雨、台風12号)、ニュージーランド地震、タイ洪水など国内外における大規模自然災害の発生や、ワールドカップに優勝したサッカー日本女子代表「なでしこジャパン」の活躍を見た多くの日本人が、「絆」の大切さを改めて感じた1年だったこと。災震
2012年自立式電波塔として世界一の高さとなった東京スカイツリーの開業、ロンドンオリンピックでの過去最多のメダルラッシュ、山中伸弥(京都大学教授)のノーベル賞受賞など数々の「金字塔」が打ち立てられたこと。
932年ぶりに全国的に観測された金環日食や、21世紀最後の金星の太陽面通過といった「金」に関係する天文現象があったこと。
消費税や生活保護など「カネ」に関わる問題の多発。
「金」は2000年にも選出されており、初めて複数回選出された漢字になった。
輪島
2013年2020年夏季五輪の東京招致成功。
東北楽天ゴールデンイーグルスが球団創設以来初となる日本一達成、東北に歓喜の輪が作られたこと。
台風第26号による伊豆大島災害や台風第30号によるレイテ島(フィリピン)災害に対する日本各地並びに世界各国からの支援の輪が広がったこと。
楽倍
2014年17年ぶりの消費税増税とそれに伴い生活環境が大きく変化したこと。
森貫主は「国民の多くが税に厳しい目を持っているということではないか」と話している。
熱嘘
2015年安倍内閣による安保関連法案の成立が注目を集めたこと。
韓国人による靖国神社爆発テロ事件や旭化成によるマンション傾斜問題など住環境や暮らしに対する不安。
イスラム国による日本人拘束事件やパリ同時多発テロ事件に対するテロ不安と、世界の平和(平安)を願う思い。
TPPに伴う食の安全への関心の高まり。
お笑い芸人・とにかく明るい安村のギャグ「安心して下さい、穿いてますよ」の流行。
爆戦
2016年リオデジャネイロオリンピックでの日本人選手の金メダルラッシュ、MLB・イチローの通算3000安打達成やレスリング・伊調馨の五輪4連覇など数々の金字塔が打ち立てられたこと。
舛添要一前東京都知事の政治資金私的流用、豊洲市場移転延期や東京オリンピック会場見直しなどの東京都の財政や税金運用に関する問題、富山市議会を始めとする地方議会議員の政務活動費の不正運用の発覚やそれに伴う議員の辞職など「政治とカネ」にまつわる問題が顕著になったこと。
日本銀行によるマイナス金利などの金融政策が注目を集めたこと。
金髪でお金持ちの不動産王・ドナルド・トランプがアメリカ大統領選挙に当選。
YouTubeで「PPAP」の動画が世界的に大ヒットしたピコ太郎の衣装が全身金色であること。
「金」は2012年以来4年ぶり3回目の選出となった。
選変
2017年北朝鮮による、度重なるミサイル発射や核実験強行による、朝鮮半島情勢の緊迫化。
九州北部豪雨による甚大災害の発生。
前年の北海道産ジャガイモ不作による供給遅滞の影響でポテトチップスの販売が一時停止となったこと。
大リーグ・エンゼルスへの移籍が決定した大谷翔平と、ドラフト1位で入団が決定した清宮幸太郎など、北海道日本ハムファイターズの動向に関心が高まったこと。
北島三郎が所有する競走馬キタサンブラックの活躍。
葛飾北斎展覧会が日本国内で盛況であったこと。
政不
2018年平成30年北陸豪雪、平成30年7月豪雨(西日本豪雨)、大阪府北部地震、北海道胆振東部地震、台風第21号など自然災害の脅威を痛感した年であったこと。
レスリング、体操などのスポーツ界に於けるパワーハラスメント問題や財務省の公文書改竄(書き換え)問題などといった人為的災害が顕著であったこと。
7月・8月の時期に酷暑となり、「災害級の暑さ」という表現が気象庁によって用いられたこと。
免震装置のデータ偽装、「スーパーボランティア」の活躍など、災害に対する意識に影響する出来事があったこと。
「災」は2004年以来、14年ぶり2度目の選出である。
平終
2019年初めて国書(万葉集)を出典とする新元号「令和」への改元。これにより日本国民の多くが新しい時代の幕開けを実感したこと。また「令和」が日本の古典から出典を得た元号であったために日本の伝統文化を再認識する縁となったことや、「令」の意味に素晴らしい、良い、立派な、敬うなどの意が表され、漢字が持つ意味の奥深さや、書き方を改めて人々が知る機会が生じたこと。
また本年は法令(消費税法)改正に伴う消費税の増税、芸能界に於ける各種の法令違反事案(闇営業問題、薬物事件、脱税問題など)が世間の耳目を集めたこと、更に令和元年房総半島台風(台風15号)・令和元年東日本台風(台風19号)及び10月25日の大雨によって千葉県や長野県を始めとする各地で災害が相次ぎ、警報発令や避難命令が発令されるなど、「令」が命じる、又は決まりや掟などの意味があることも認識させられる出来事があったこと。
新和
2020年新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界的に流行し、自治体からも「NO! 3密(密閉・密集・密接)」が掲げられるなど、人々が常に「密」を意識しながら生活したこと。また「密」を避けるために提唱された新しい生活様式の中で、大切な人との関係がより密接になったことから、人との繋がりの大切さを再認識する機会にもなった。
日本学術会議新規会員の一部任命拒否や著名人の薬物事件、不純行動など「秘密裏」に行われたとされる出来事が報道され世の関心が集まったことなど。
禍病

脚注

コメント

タイトルとURLをコピーしました