クリスマスツリーの日・紙芝居の日・ 東京タワー公開(12月7日)

クリスマスツリーの日

12月の風物詩でもあるクリスマスツリー。一般的には、モミや松、トウヒなど、その土地その土地で生育している常緑針葉樹(じょうりょくしんようじゅ)にさまざまな飾りつけをして作られます。
そんなクリスマスツリーの由来はどのようなものなのでしょうか。

クリスマスツリーの由来

「キリストのミサ」という意味を持つクリスマス(Christmas)ですが、実はクリスマスツリー自体はキリスト教由来ではないようです。

諸説ありますが、北ヨーロッパに住んでいたゲルマン民族の冬至のお祭り「ユール」から系譜を継ぐものではないかと言われています

ゲルマン民族は「ユール」の際、樫の木を「永遠の象徴」として祭祀(さいし)に用い、崇める(あがめる)対象としていました。この「ユール」はクリスマスの起源ではないかと言われており、そのため現在でもスウェーデンなど北欧諸国ではクリスマスを「ユール」と呼ぶ風習が残っています
なお、樫の木に代表される常緑樹を信仰する風習は、ゲルマン民族だけでなく、古代エジプト、中国、中近東など世界各地で確認されています冬でも青々と葉を茂らせる木々の生命力は、これから過酷な冬を迎える人々にとっては豊かな生命力を感じさせる大切な存在だったのでしょう。
古代ヨーロッパでは、強大なローマ帝国が徐々にその版図を広げていきます。キリスト教を国教とするローマ帝国は、キリスト教以外の宗教を認めなかったため、異なる宗教を持つ他民族としばしばぶつかることとなりました。
そんな中、8世紀のドイツ(当時のフランク王国)において、キリスト教布教活動のためにゲルマニアの地に踏み入れた宣教師が、ゲルマン民族のお祭り「ユール」に遭遇します。そんな異教の信仰を止め、正しいキリスト教の道へと導かなければと考えた宣教師は、樫の木を切り倒します。するとそのすぐそばからモミの木が生え、それを見た宣教師は「奇跡の木だ」と感動します。と言うのも、モミは横から見ると三角錐型をしており、頂点に神、両端に神の子イエスと精霊が繋がっている「三位一体」を体現していると捉えられたためです。これが、のちのクリスマスツリーとなりました。
ただ、これは「オーディンの樫の木」として伝わっている神話です。実際には、他民族を懐柔・征服する過程で、土着信仰の行事とキリスト教が融合していったのではないかと言われています。

クリスマスツリーの持つ意味

常緑樹が使われるツリーは、古代から続く「永遠の象徴」を表現した存在です。キリスト教では、これに加えて「神の永遠の愛や神が与える生命を象徴する」といった意味が込められますツリーの頂上部に飾る星はイエス・キリストの降誕を知らせたベツレヘムの星を表しています
また、クリスマスツリーは旧約聖書の『創世記』に登場する「知恵の樹」の象徴であるという説もあります。蛇にそそのかされたアダムとイブが「禁断の果実」を口にし、その結果神によって楽園を追放されてしまうという話が有名ですが、その「禁断の果実」がなっていた木が「知恵の樹」です。ツリーによく飾られる球形のオーナメントは、アダムとイブの食べた「禁断の果実」を象徴しているといわれています

現代のクリスマスツリーはどのように生まれたのか

現在のようにツリーにクリスマスの装飾を施すようになったのは、ルネサンス期にあたる15世紀ドイツからという説が一般的です。現在のドイツ南部に位置するフライブルグで、救貧院(きゅうひんいん)に飾られたモミの木が最初のクリスマスツリーではないかと言われています町のパン職人がフルーツやナッツ、焼き菓子をその木に飾り、人々の心を楽しませました
その後16世紀に入り、宗教改革で高名なプロテスタントのマルティン・ルターが、ある星の夜に常緑樹の枝の間から見える星空の美しさに感銘を受け、彼の指揮のもと装飾を施したツリーを教会に設置したという説もあります。ルターは星を表現するためにロウソクをデコレーションに用い、このことがツリーをきらきらと飾るイルミネーションの由来となったようです。
このツリーを飾りつける習慣は、さらにアメリカやイギリスへと広まっていき、やがてクリスマスの風物詩として世界に定着していきました。

救貧院(きゅうひんいん、英語: almshouse)は、(典型的には、高齢で働けず、家賃を支払えなくなった者など)入居対象となる社会的弱者が特定の地域社会に住み続けることを可能にするために、慈善団体によって提供される住居。

日本でのクリスマスツリーの始まり

日本で最初にクリスマスツリーが飾られたのは1860年(江戸時代:桜田門外の変のあった頃)、プロイセン王国公館です。当時の公使であったオイルレンブルクは、天井ほどもある大きな木を持ち込み、華やかなツリーを楽しんだと言われています。
その後、横浜のスーパーマーケットの明治屋が、明治19年12月7日、横浜に日本初のクリスマスツリーを飾りました。そのため毎年12月7日は「クリスマスツリーの日」に制定されています
明治屋は開業の地である横浜から1900年に東京・銀座に店舗を移設し、それからも毎年クリスマスの飾りつけを行いました。『明治屋のクリスマス飾り灯ともりて煌やか(きらびやか)なり粉雪降り出づ』とは、1912年に発表された歌人・木下利玄の短歌。ここからもわかるように、明治屋のイルミネーションをきっかけにクリスマスの認知度が高まり、徐々に民間にも浸透していきました。

クリスマスツリーを飾る時期

伝統的なキリスト教では、12月25日の4週前の日曜日から12月24日(クリスマスイブ)までを、キリストが降臨するまでの準備期間である「待降節(アドベント)期間」としており、その始まりの日曜日にクリスマスツリーの飾り付けを始める家庭が多いようです。ツリーは、年をまたいで1月6日の公現祭(十二夜)まで飾られます。公現祭とは「東方の三博士」がイエス・キリストの誕生を祝福した日で、キリスト教における大切な日です。

クリスマスカラー

基本的にツリーを始めとしたクリスマスの飾りつけは、クリスマスカラーと呼ばれる赤・白・緑の3色が基調となっており、3色それぞれに意味があります。
赤は十字架にかけられたイエス・キリストが流した血、あるいは神の愛の象徴を表します。白は雪・純潔、緑は、常緑樹に代表される永遠の命や力強い生命力を表現しています。

靴下

クリスマスツリーにぶら下げる靴下は、サンタクロースのモデルである聖ニコラウスの逸話に由来したオーナメントです。
4世紀、イタリア半島のミラノに住んでいた聖ニコラウスは、貧しい一家を助けるため、真夜中に窓から金貨を投げ入れました。その金貨が暖炉に吊るされていた靴下に入ったことが、いつしか「クリスマスの夜に靴下を置いておくと、サンタクロースがプレゼントを入れてくれる」という伝承となり、ツリーにも装飾として用いられるようになったのです。

クリスマスとは

クリスマスとは、イエス・キリストの降誕祭(こうたんさい)です。新約聖書では、キリストの生まれた日を特定はしていません。そのため、降誕祭とは「キリストの誕生日」ではなく、「キリストが生まれてきたことをお祝いする日」となります。
キリストは今から約2000年前、ユダヤのベツレヘムの馬小屋で、聖母マリアのもとに生を受けました。この生誕をお祝いする日がクリスマス(降誕祭)です。しかしながら、クリスマスがいつ始まったのか、どういう経緯で始まったのか多くの教会で明示はしていません。キリストの誕生日同様に、聖書に記述がないことが大きな理由です。

世界KAMISHIBAIの日

東京都三鷹市に事務局を置き、日本独自の文化である「紙芝居」を愛する人、興味のある人、演じたい人など、様々な人が国境を越えて参加し、交流する「紙芝居文化の会」が制定。

日付は同会が創立した2001年(平成13年)12月7日にちなんで。紙芝居を研究し、学び合い、その魅力を世界中に根付かせていくことが目的。紙芝居を通じて国内はもちろん国際交流も深めたいとの思いから記念日名を「KAMISHIBAI」と表記した。

記念日は2018年(平成30年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。この日には記念イベントが実施される。

紙芝居(かみしばい)は、物語ごとに複数枚を一組に重ねた絵で、その絵を一枚ずつ出して見せつつ演じ手が語りながら進める芝居的な芸能[1]。主に子供たちを対象にしたもので世界に類を見ない日本の芸能である。

明治時代以降存在した「立絵(紙の切抜き人形を串にさして演じた立絵)」の紙芝居と、世界恐慌時代に立絵が廃れた後で誕生した「平絵」の紙芝居とに大きく分けられるが、今日では単に「紙芝居」と言う場合平絵の紙芝居を指す。

街頭紙芝居

昭和4年アメリカで起きた世界恐慌は、日本でも昭和恐慌を起こし、資本も要らない平絵紙芝居に多くの失業者が飛びついた。 紙芝居屋は子供たちからは紙芝居のおじさんと呼ばれていた。紙芝居のおじさんは自転車に紙芝居と水飴などの駄菓子を積んで街頭を回って、拍子木を打ったり法螺貝を吹いたりして子供を集めて駄菓子を売り、人数が集まれば紙芝居を始めた。紙芝居のおじさんはたいてい話が佳境に入ったところで「続きはまた来週」と話を止め、次回に期待させた。

紙芝居屋が町を回って子どもを集め、駄菓子を売って紙芝居を見せる、という営業形態が成り立つのは、小銭を持って子どもが簡単に集まってくる場所に限られた。姜竣は農村には紙芝居はなかったとしている。

主な作品

  • 魔法の御殿:後藤時蔵脚本・永松健夫画。なお脚本は口伝でひろめられた。
  • 黒バット:鈴木一郎脚本。白骨面に黒マントの怪盗が活躍する紙芝居。
  • 黄金バット:黒バットを倒した正義のヒーロー。鈴木一郎脚本、永松健夫画。後期の『黄金バット ナゾー編』は鈴木一郎原作で加太こうじが脚本と絵を担当した。
  • 世界
  • 少年タイガー
  • 墓場奇太郎(ハカバキタロー):民話『子育て幽霊』を紙芝居向けに脚色した作品。ゲゲゲの鬼太郎#誕生の経緯も参照。

昭和33年 – 東京タワー公開開始。営業開始は12月23日。

東京タワー(とうきょうタワー、英: Tokyo Tower)は、日本の東京都港区芝公園にある総合電波塔の愛称である。正式名称は日本電波塔(にっぽんでんぱとう)。創設者は前田久吉。1958年12月23日竣工。東京のシンボル、観光名所とされる。

高さは333メートル(正式には332.6メートルである。)と広報されており、海抜では351メートル。塔脚の中心を基準とした塔脚の間隔は88.0メートル。総工費約30億円、1年半(197万4,015時間/543日間)と延べ21万9,335人の人員を要して完成した。地上125メートル(海抜約150メートル)と223.55メートル(海抜約250メートル)に展望台を有したトラス構造の電波塔である[3]。

2011年(平成23年)

3月11日 – 東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の影響で、タワー先端部の地上アナログ放送用アンテナが東に2度曲がる被害を受ける(強震により激しく振られた)。展望台にいた観客は階段で下りて避難し、けが人は出なかった。タワーの営業は同月18日まで中止となる。

名称

「東京タワー」の名称は完成直前に開かれた名称審査会で決定した。事前に名称を公募し、最終的には8万6,269通の応募が寄せられた。

一番多かった名称は「昭和塔」(1,832通)で、続いて「日本塔」「平和塔」だった。ほかには当時アメリカとソ連が人工衛星の打ち上げ競争をしていたことから「宇宙塔」、皇太子明仁親王(明仁上皇)の成婚(1959年)が近いということで「プリンス塔」という応募名称もあった。

しかし名称審査会に参加した徳川夢声が、「ピタリと表しているのは『東京タワー』を置いて他にありませんな」と推挙し、その結果1958年10月9日に「東京タワー」に決定した。

「東京タワー」での応募は223通(全体の0.26パーセント、13位[66])であり、抽選で神奈川県の小学校5年生女子児童に賞金10万円が贈られた。

東京タワーの材料の3分の1は戦車!?

東京タワーを建設している時に、とある業者が朝鮮戦争で壊れてしまった戦車(M4とM47)を米軍から購入し、墨田区内にあった解体業者の「高野工業所」で解体されくず鉄が運ばれて鋼材に変わったとの事。

鋼材の量は1,000〜1,500トンにもなり、展望台より上部の材料として使われていて、全体の割合で言うと約3部の1も占める量になるそうです。

当時の日本には良質な鋼材がなく、アメリカ側では旧式の戦車を売ってしまいたい!という思惑があり、両者のメリットが一致して「戦車を材料に」となったと言われています。

東京タワーの電気代

東京タワーのライトアップに使われいてるライトは「ランドマークライト」と「ダイヤモンドヴェール」の2種類があり、それぞれ次のような違いがあります↓

ランドマークライト:1989年1月1日より点灯されているものでタワーに向かって輝く定番のライト。全部で180個あり、夏にはメタルハライドランプを使った白っぽい色、冬は高圧ナトリウムランプを使った暖色系のいりになります。

ダイヤモンドヴェール:タワーの外に向かって輝くLEDランプ。総ライト数は276台あって、全部で17段の光りの階層を持ち七色に光らせる事ができます。

2つのタイプのランプがあり、さぞ1日に電気代もかかっているのでは?と思ってしまいがちですが、東京タワーのオフィシャルページによると、1日にかかるライトアップの電気代は21,000円程度なのだそう。

あれだけ巨大な建物の割に、意外に安く抑えられてる事に驚きますね。

ただ、東京タワーの2倍近くの大きさがある東京スカイツリーでは、1日の電気代はさらに安く16,000円程度。スカイツリーは「全てLED照明」になってる事で、さらに電力を安く抑えられているようです。

ちなみに全国のパチンコ店の1日に使う電力の平均をとってみると、1店舗あたり5〜6万円にもなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました