11月13日

由紀さおり

由紀 さおり(ゆき さおり、1946年11月13日 – )は、日本の歌手、タレント、女優、ナレーター。本名・旧芸名、安田 章子(やすだ あきこ)。田辺エージェンシー・安田音楽事務所所属。血液型はA型。

群馬県桐生市出身。ひばり児童合唱団出身。洗足学園第一高等学校卒業、洗足学園短期大学英文科卒。姉は声楽家の安田祥子。シンガー・ソング・コメディアンを自称(正しくはシンギング・コメディエンヌ)。

  • 群馬県桐生市に生まれ
  • 姉妹
  • 昭和40年にキングレコードから本名名義で「ヒッチハイク娘」にて歌謡曲の歌手としてデビュー
  • その確かな歌声は「酔い覚ましの清涼剤」との評価を受けた
  • 「由紀さおり」の芸名は着物が大好きだった母親が考えたもので、当初は結城紬の「結城」と夏の着物である「紗」から「結城紗織」という表記だったが、漢字表記だと硬い印象になるので、「由紀さおり」という表記になった。
  • 昭和44年、東芝音楽工業(現・ユニバーサル ミュージック EMI Records Japanレーベル)より再デビュー作(由紀さおり名義)となった「夜明けのスキャット」が発売
  • 紅白歌合戦には由紀さおりソロとして13回、姉の安田祥子とのユニットで10回出場しており、合計23回出場している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました