10月30日

大川栄策

大川 栄策(おおかわ えいさく、1948年(昭和23年)10月30日 – )は、日本の演歌歌手である。本名は荒巻 逸造(あらまき いつぞう)。 大川栄策音楽事務所所属。血液型はA型。

  1. 福岡県出身。
  2. 身長169cm。
  3. 佐賀県立佐賀商業高等学校を卒業
  4. 少年時代、特に村田英雄の楽曲に親しんでおり強く影響を受けていた。
  5. フジテレビ「スターどっきり(秘)報告」では、色仕掛けにひっかかる「お色気どっきり」の常連であった。
  6. 40年来の大川のファンである男性が「一度も彼の上の前歯をみたことがないので見てみたい」と『探偵!ナイトスクープ』に依頼して、大川が出演して歯を見せている。
  7. 特技は箪笥を担ぐこと。出身地の大川市はタンスをはじめとする「大川家具」の産地として有名であり、その関係で身につけた特技であるが、1984年を最後に公の場では封印していた。しかし2006年、「駅」キャンペーン中の京都駅前で24年ぶりに披露した。また、2016年11月27日放送のTBS系で放送されたクイズ☆スター名鑑内のコーナー「スター☆今の限界名鑑」で、今の大川栄策は何kgまでのタンスを担げるか、検証が行われたが、担げる重さは30kgにとどまった。
  8. 芸名は、出身地の「大川」を「栄」させる対「策」に由来するものであり、命名も古賀である。
  9. 作曲家古賀政男に弟子入り。そして1969年(昭和44年)に日本コロムビアより「目ン無い千鳥」(兄弟子:アントニオ古賀のB面だった)で念願のデビュー

マナーの日(10月30日 記念日)

東京都中央区銀座に事務局を置くNPO法人・日本サービスマナー協会が制定。

日付は同協会が設立された2008年(平成20年)10月30日から。ビジネスマナー・一般マナーなど、あらゆる場面において必要不可欠な「マナー」について見直し、生活に役立ててもらうことが目的。

記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。この日を記念して、講座や研修の割引キャンペーンが実施される。

ルールとマナーの違い

「ルール」と「マナー」の違いは何でしょうか。
自動車を運転するときのルールとマナーを例に出して考えてみましょう。

 ● 交通ルール
  スピード違反、駐車禁止、信号無視、免許証不携帯、ながら運転

 ● 交通マナー
  無理な割り込みをしない、渋滞中の合流は一台ずつ、道を譲ってもらったらお礼をする

交通ルールは違反した場合に罰金や減点などの罰則があります。
必ず守らなければいけない規則として定められているのが「ルール」です。

では、交通マナーはどうでしょうか。
守るべきものではありますが、罰則が設けられているわけではありません。

マナーとは「守ることでお互いが気持ちよく過ごす」ための心遣いなのです。

では、皆さんの日常のなかにある「マナー」と言えばどのようなものがあるでしょうか。

「マナー」の意味は「礼儀作法のこと」

「マナー」とは、「礼儀作法」のこと。社会生活を円滑に行う上で身につけておくべき行動や態度のことで、日本語で「礼儀作法」とも言います。電車や病院の中でスマートフォンの電源を切ったりマナーモードにしたりなどの行動は、公共での「マナー」のひとつ。公共トイレや洗面台をきれいに使うのも、そのあとで使う誰かが不快にならないよう配慮する「マナー」です。

同席する相手はもちろん他人にも不快感を与えないようにするなど、周囲の人への気配りや配慮を示す態度や言動を「マナー」と言います。

「マナー」の語源はラテン語の「マヌス(manus)」

「マナー」の語源は、ラテン語の「手」という意味を持つ「マヌス(manus)」と言われています。手は食事の際に使いますが、その手が相手に不快感を与えないための気配りや作法から、広く一般的な「マナー」という言葉の語源になりました。

また、英語の「荘園」という意味の「マナ(manor)」が語源であるという説もあります。古くイギリスでは、「マナハウス(Manor House)」と呼ばれる地域の集会所がありました。マナハウスを作ったジェントルマンの礼儀正しい考え方や態度が、「マナー」の原型になったと言われています。

海外でのマナー違反

シンガポールではガム販売禁止

シンガポールは潔癖症気味の国です。街を歩けば確かにゴミが少ないことを確認できるでしょう。これは、国をあげてのクリーン化作戦を建国以来継続してきた結果です。

中でも、ガムに関しては厳しいタブーがあります。ガムの噛み捨てはどこの国でもタブーに近く、珍しいことではありません。同時に、どこの国でも決してなくならない悪習慣の一つでもあります。

シンガポールではそれを、「ガムを売らない」ことで徹底することにしました。シンガポールには、コンビニやスーパーでも、街角の売店や商店でもガムは売られていません。

もちろん、国外からの持ち込みも禁止されているので、ガム好きさんはご注意ください。

タイでは頭はノータッチ

タイのゲストハウスで、スタッフの子どもがウロウロ。懐いてくるとかわいくて、つい頭をナデナデしたりグリグリしたり。すると、びっくりしたスタッフや親に子どもから引き離され、意味不明な強い口調のタイ語攻撃を受ける…なんてことが起きるかもしれません。

タイでは、子どもの頭は神聖な場所とされています。日本ではごく当たり前な、「かわいいなぁ」というサインの頭撫ではタブーです。

この習慣、時には子ども同然にかわいがっている犬などのペットにも適用されることがあるそうなので、犬猫好きさんも要注意です。

ロシアでは黄色い花はプレゼントしない

ロシアでは黄色い花は、「さよなら」と一緒に渡すものなので、普段はプレゼントに使いません。

引っ越しなどの別離、葬式などでは問題ありません。旅先で花をプレゼントする機会はあまりないでしょうが、日本在住ロシア人との付き合いがある人はおさえておいた方がいいタブー例です。

イスラム圏では左手は人前で使わない

左手はトイレ内でしか使ってはいけないというのが、イスラム圏で広く通用しているタブーです。左手=不浄という考えです。

食事も左手はテーブルの隅や膝の上で休ませておき、右手だけで食べます。これがなかなか難しい。また、人と接する時も、握手や肩を叩く時などに左手を使うことは嫌われる動作です。左利きの人は特に注意しておく必要があります。

この習慣、まれにヒンズー圏でも見かけます。

中国では時計はプレゼントしない

中国語で時計を送るという意味の「送鐘」が「送終」と同じ発音になり、「送終」が意味する死をイメージさせることから、時計はプレセントに適しません。特におめでたい時のプレゼントとして時計を渡すと、目の前で壊されてしまいます。

また、数字の4と死は発音が同じであることから、プレゼントするものの数を4にしないようにしましょう。これは日本も同じですね。

ハンガリーでは乾杯時にグラスをぶつけない

その昔、オーストリアがハンガリー軍を破って祝杯をあげた時、グラスをチンチンと鳴らしたことから、ハンガリーでは乾杯の時にグラスをぶつけることも、音を立てることもタブーになっています。

歴史的因縁があるとはいえ、同じヨーロッパ圏でありながら、オーストリアやドイツはチンチンと鳴らすのが礼儀なので、ややこしいところです。

韓国では正座はしない

韓国では正座は罪人が取るポーズ。そのため、人前で正座をするのは、縁起が悪くマナー的にもタブーです。

床に座る時は、男性はあぐらで、女性は片膝を立てるのが韓国での正しいマナーです。でも、膝を立てるのはお行儀が悪いと教え込まれ正座慣れしている日本女性は、行く先々で非難の眼差しを向けられがちです。

中国人のパートナーを褒めてはいけない

中国人との付き合いの中で、男性が中国人男性のパートナーの女性を褒めるのはタブーとされます。

これは、「褒める=狙っている」とみなされるからだとか。マナーとして、「奥さん、美人ですね」というと、「お前、うちの妻に手を出すつもりかっ!」と怒られるわけです。

最近はよほど露骨にやらない限りはこんなことは起こりませんが、お世辞もほどほどにしておかないと、あらぬ疑いを受けることになりそうです。

西欧でフーフーは厳禁

日本では、熱い汁ものはフーフーと息を吹きかけて冷ましてズルズルと飲むものです。

でもこれ、世界のほとんどの国でタブーです。ズルズルと音を立てるのがタブーなのは理解できても、フーフーは良いのでは? と考えてしまいそうですが、スプーンを使ってスープを飲む文化を持つ地域では、原則としてスープは味噌汁のように熱々ではありません。フーフーする必要もなければ、それをするのはみっともないことでもあるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました