シチュー

シチュー(英: stew [stjuː])は、野菜や肉、魚介類を出汁やソースで煮込んだ煮込み料理の英語による総称[1]である。フランス料理では調理方法や鍋の種類で呼称が分かれ、料理の名称ではラグーなどが対応する語として挙げられる。

歴史

シチュー(ラグー)の料理としての確立は、16世紀後半から17世紀前半のフランスにおいてとされる。

日本へのシチューの伝来がいつかについて明確な記述はないが、すでに1871年(明治4年)、東京の洋食店「南海亭」のちらしに、「シチウ(牛・鶏うまに)」との品書きが見出されている。1872年の仮名垣魯文『西洋料理通』においても、牛肉や豚肉、トマトなどを用いたシチューが紹介されている。明治中頃までにビーフシチューはレストランのメニューに普及、1904年(明治37年)には旧帝国海軍軍艦の昼・夕食として、「煮込み」の名でシチューやカレーが供されている。これはイギリス海軍との交流に端を発するとされている。明治末期にはシチューのレシピが上流階級向けの婦人雑誌に掲載されるようになった。しかし、本格的にシチューが全国に浸透したのは、第二次世界大戦終結以後のことである。

種類

日本で普通シチューと呼ぶ場合は、以下の二つを指すことが多い。家庭においてはいずれも、小麦粉を炒めて作るルーが添加されたシチューの素を用いて調理される。

ビーフシチュー

赤ワインやトマトをベースに牛肉、ジャガイモ、ニンジン、セロリ、タマネギなどを、香味野菜を加えて煮込む。イギリス発祥

日本では、明治初期から洋食レストランのメニューに取り入れられ、小麦粉とバターを炒めて作るブラウンルーを用いることが定番となっている。従って、ブラウンルーの対となるホワイトルーを用いて作るビーフシチューは、極めて稀な存在であるといえる。

明治初期に英国留学した海軍軍人の東郷平八郎が、ヨーロッパで味わったビーフシチューを作るよう部下に命じて出来たものが肉じゃがであるという説があるが、単なる都市伝説であると否定する意見もある。

クリームシチュー

ホワイトシチューとも呼ばれる。牛乳や生クリームをベースに肉(鶏肉が多い)、ジャガイモ、ニンジン、タマネギなどを加えて煮込む。好みでマッシュルームやキャベツ、コーン、ブロッコリー、グリーンピースなどを入れる。

日本では1924年(大正13年)に、手塚かね子の『滋味に富める家庭向西洋料理』において牛乳とダンプリングを加えたシチューが紹介される。しかし、ほかの料理書にある当時の鶏肉のシチューのレシピでは、ホワイトソースはバターと小麦粉がベースで、牛乳が使われることはほとんどなかった。その後、第二次世界大戦後の困窮した国情の中、1947年(昭和22年)に学童の栄養補給用として学校給食のシチューに脱脂粉乳が加わるようになり、政府はこれを「白シチュー」と呼んで広めた。

1966年(昭和41年)、ハウス食品から発売された粉末ルウ「クリームシチューミクス」がヒット商品となったことで、この料理の名は「クリームシチュー」として定着するに至った。なお、開発者はこの商品を作るにあたってアイリッシュシチューを参考にしながらも、給食の延長線上にあるごはんによく合うシチューを目指したという。

乳製品を使ったシチューのような料理は世界中で見られる。例えば、フランスの国民的家庭料理であるブランケットは生クリームを用い、バターと小麦粉でとろみをつけたシチューであり、日本のクリームシチューに非常に酷似した料理である。しかし、名称自体が「クリーム (cream)」と「シチュー (stew)」を合わせた和製英語であることから、海外においてクリームシチューは日本の洋食料理として紹介されている。

なお、カレー粉などを加えることでカレーの風味を備えたカレーシチューが学校給食で出されている。かつてはハウス食品などからカレーシチューの素が販売されたこともあった。

米飯との相性

日本におけるシチューは、おおむねけんちん汁やすいとんのような汁物の洋風版という位置づけであり、家庭料理としてはご飯にかける食べ方も少なからず見受けられるほか、レストランや軽食店などで「シチュー丼」や「シチュー雑炊」が饗されるなど「汁かけ飯」文化のカテゴリー内で発展しつつある。また、クリームシチューは米飯との調和を考えて日本で開発された料理であり、2017年にはメーカー側から米飯にかけるよう推奨するシチューのルウが発売されている。

「クリームシチュー×ご飯」問題

最近、ネット上で論争となっている「クリームシチュー×ご飯」問題。これは、ご飯にシチューをかけて食べることが是か非かを問うもので、両者の間で熱い議論が交わされているようです。シチューにご飯をかけるのってそんなに変なことなんでしょうか? 今回のアンケートでは、働く一般女性にこのシチュー問題をぶつけてみました。

Q.あなたはご飯にシチューをかけて食べますか?

・ない 56.1%

・食べたことはある 29.7%

・食べる 14.2%

Q.彼氏や友人がご飯にシチューをかけて食べているのを見たら、どう思いますか?

・自分はしないが、人が食べているのを見ても気にならない 55.4%

・普通だと思う 24.0%

・ショックを受ける 13.8%

・その他 6.8%

半数以上の人が、ご飯にシチューをかけて食べたことが「ない」と答えています。ただ、自分は食べないけど人がやっていても気にならないという回答がほとんどでした。一方、2ちゃんねるなどのネット上の声を拾ってみると、「カレーと作り方が一緒なんだから、シチューをご飯にかけても問題ない」(かける派)、「甘ったるいシチューをご飯にかけるなんて狂気の沙汰」(かけない派)と意見が真っ二つに分かれています。やっぱり食に関しては、皆それぞれ強いこだわりを持っているんですね。

Q.周囲の人から「おかしい」と指摘されたり、周囲の人を見ていて「おかしい」と思う食事や食べ方がありましたら、教えてください。

ご飯にかける・のせる系

・「きなこと砂糖をご飯にまぶして食べる人がいた」
・「ご飯の上に小さい梅干しをたくさん敷き詰めて食べる」
・「ご飯の上にラーメンをのせて食べている人を見たことがある」

「きなこ×ご飯」が好きな人は多いようです。きな粉もち感覚で意外とイケるのかも。

マヨラー系

・「餃子にマヨネーズ」
・「肉じゃがにマヨネーズ。普通においしい!」
・「フランスパンにマヨネーズだけを山盛りにかけて食べる」

マヨラーの代表格・香取慎吾(SMAP)さんが幼少の頃、雑草にマヨネーズをかけて食べていたのは有名な話。

加える・混ぜる系

・「ミートソーススパゲティーに納豆を加える」
・「おかずを味噌汁の中に入れる人には引いちゃう」
・「何でも大量の一味をかけて食べるので、母に味が台無しになると怒られる」

それぞれ味付けをしているものに、少しならともかく他の味を過剰に加えるのは、料理を作った人にとってあまりいい気分はしないですよね。

マナー系

・「手を汚したくないので、箸でサンドイッチを食べます」
・「音を出して食べる人が苦手」
・「主人はご飯が少し残った状態でおかわりします」

「茶碗の底にご飯を一口分残しておかわりをする」のは、懐石料理などの作法としてあるんだとか。知らなかった人も多いのでは?

その他の変わった食べ方

・「友人はミートボールを4つに切って食べる」
・「味噌をカップからスプーンで直に食べています」
・「上司が大量のごまを袋から口に流し込んでいるのを見たときは目を疑った」
・「箸を両手に持ち、ナイフとフォークのように使う人を見た」
・「シュークリームのクリームだけを吸う」

「シチュー×ご飯」がテーマでしたが、他にも「目玉焼き・ソースorしょう油」、「エビフライのしっぽまで食べるor食べない」、「カレーライスをぐちゃぐちゃにするorしない」、「きのこの山 VS たけのこの里」などなど、食に関する話題は尽きません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました