足の小指をぶつけてしまう理由

「脳が認識」している足の小指の位置と「実際」の足の小指の位置がずれており、実際には脳の認識より外側に小指があったりする

その結果、障害物を避けて当たらないように歩いたつもりでも、外側の小指が障害物に当たることがある

認識・感覚のずれ

脳による足の小指の認識・感覚のずれの要因として、考えられるのは以下など

• 足の小指は位置感覚が鈍感
• 足の圧迫によるもの
• 身体の疲れ

位置感覚が鈍感

脳では、足の親指に比べて小指の位置感覚が薄い
(日常で使わなければ、より感覚は衰えていく)

例えば、目を閉じた状態だと、自分の足の親指の位置は把握できても、小指の位置までは脳が認識していないということが多い

そのため、自分で思っているより外側に小指が存在することがあり、障害物を避けて歩いているつもりでも、ぶつけてしまう

足の圧迫

裸足だと指同士の間隔は空いて広がっているが、靴下や靴を履くことで足の指が圧迫された状態となる

その結果、脳は、圧迫された位置に指があると認識をする

そして、靴下を脱ぎ、指が開いた状態に戻っても、脳が「指が圧迫されたまま」と勘違いしてしまうと、実際には思っているより外側に小指があり、ぶつける

身体の疲れ

身体が疲れている場合などは、自覚なく動作が大雑把になったりする

身体が疲れている場合などは、注意力も低くなる

対策

足の小指をぶつけないためや、ぶつけた場合のダメージ軽減の対策は以下など

• 障害物から離れて歩く
• スリッパを履く
• 足の小指を運動させる
• クッションをつける

障害物から離れて歩く

障害物から離れて歩くようにすることで、ぶつける可能性が低くなる

スリッパを履く

室内を歩く時に、スリッパを履いて歩けば、直接小指をぶつけることが少なくなる

ぶつけたとしても、スリッパによってダメージは軽減される

足の小指を運動させる

足の小指の運動をすることによって、認識する感覚のずれを治す

そうすることで感覚が研がれ、脳が小指の位置を認識するようになっていく

足の小指の運動の例
• 小指で物を挟む運動
• 小指のマッサージ

クッションをつける

小指をぶつけやすい場所に、クッション性のあるものをつける

これにより、ぶつけた時の衝撃を和らげる

小指の痛さ

コメント

タイトルとURLをコピーしました