世界手洗いの日(10月15日)

「石鹸を使った手洗いのための官民パートナーシップ」が「国際衛生年」の2008年(平成20年)に制定。

同パートナーシップは、国連児童基金(UNICEF、ユニセフ)や世界銀行(World Bank)などからなる組織である。日本では日本ユニセフ協会が主催し、ライオン株式会社や花王株式会社などプロジェクトの趣旨に賛同した複数の企業の協力により運営されている。

世界には不衛生な環境での生活を強いられ、下痢や肺炎にかかって命を失う子どもたちが年間約150万人もいる。感染症の予防のため、石鹸で手を洗うことの重要性や石鹸を使った正しい手洗いの方法を広めるための普及活動が世界各地で行われる。

私たちの生活には目に見えないばい菌が数多くいて、手やせき、くしゃみなどにまざって移動する。知らないうちに手に移動したばい菌は、口や鼻、目などから体の中に入り、風邪や腹痛を引き起こし、具合が悪くなる。家に帰った時、トイレの後、動物や昆虫を触った後、ご飯を作る前、食事をする前には、石鹸で手を洗うことを勧めている。

また、石鹸を使った手洗いは、季節性のインフルエンザから風邪まで、最もお金がかからず効き目のある「ワクチン」とも言える。アフリカで発生しているエボラの感染拡大を防ぐ方法の一つとして、ユニセフは手洗いの重要性を強調している。手洗いはエボラの特効薬ではないが、お金をかけずに、すぐに取り組める予防策である。

「手洗い」チェック!5つのポイント

1.「手洗い」のタイミング

一般的に「手洗い」が大切ということはよく知られていますが、どのようなタイミングで手洗いするとよいでしょうか?

●必須!いつものタイミング
外から帰宅した後
トイレの後
調理・食事やおやつの前

●こんな時にも
手すり・ドアノブなど多くの人が触る場所を触った後
咳・くしゃみ、⿐をかんだ後
介護・介助の前後

●他にも
生肉、魚介、生卵を扱った後
掃除や洗濯の後
ガーデニングや土いじりの後
オムツ交換の前後
動物を触った後

2.石けんやハンドソープを使って洗おう!

「手洗い」は、石けんやハンドソープを使用し、流水で洗うことが基本です。

石けんやハンドソープには、汚れを落とすための主成分として、界面活性剤が含まれています。
そのため、水だけで洗うよりも、石けんやハンドソープを使用する方が効果的に、皮脂や汚れと共に手に付着した細菌やウイルスを洗い流して落とします。

ためた水は、一度落ちた汚れがまた皮膚に付く可能性があります。必ず流水ですすぎましょう。

3.「手洗い」のポイント

石けんやハンドソープを手のすみずみまで行きわたらせ、汚れが残りやすい部分を意識して洗いましょう。

1)流水で手をぬらしてから、よく泡立てる。
石けんやハンドソープはよく泡立てないと、洗浄成分が汚れにうまくなじまず、汚れが残りやすくなります。
泡タイプのハンドソープは、手の隅々まで泡が届きやすく、小さな子どもからシニアまで、汚れをしっかり落とし洗いやすいのでおすすめです。

2)汚れが残りやすい部分を意識して洗う。
手の甲、指先や爪の間、指の間、親指、手首など。

3)流水でよくすすぐ。
ためた水は、一度落ちた汚れがまた皮膚に付く可能性があります。必ず流水ですすぎましょう。

4)きれいなタオルやハンカチで拭く。
ぬれたままのタオルは雑菌が増えやすいので要注意。こまめに交換しましょう。使い捨てのペーパータオルなどの利用もおすすめです。

じつは雑菌だらけの10のモノ

01.台所のスポンジ

家庭内でもっとも汚いといわれているのが、スポンジです。その雑菌レベルは便座の20万倍ともいわれ、スポンジの表面は2.5㎠あたり約1000万もの菌に汚染されているというデータも…。
さらに雑菌の他、カビや大腸菌、黄色ブドウ球菌なども繁殖する可能性があり、食中毒の原因になることも考えられるので注意が必要です。月に2~3回は新しいスポンジに交換するようにしましょう。

02.まな板

まな板の上は、なんと便座の200倍もの菌がいるといわれています。 特に、肉も野菜も同じまな板を使っている人は要注意。肉は菌が繁殖しやすいので、別々に使うようにしましょう。
また、肉用は使用後よく洗浄するだけではなく、できれば漂白も行い、菌が繁殖しないようにすれば安心ですね。

03.お金

紙幣1枚には、なんと平均2万6千もの細菌が付着しているのをご存知でしたか? さらには、食中毒菌の一種セレウス菌が付着していたお札や、付着したインフルエンザウイルスが最長17日間生き続けたというデータもあるほど、恐ろしいほど汚いのです。

04.スマホ

ありとあらゆる場所や場面で使い、耳や顔に当てている時間も長いスマホ。こうした使用環境により、顔の皮脂や手の汚れ、置いた場所の菌などが付着することで、じつは相当な菌の温床に……。その細菌の数たるや、トイレの10倍以上。恐ろしいですね〜。

05.水道の蛇口

結論から申しますと、お風呂場の蛇口は便座の約20倍、キッチンの蛇口は約40倍の細菌が繁殖しています。シンクを掃除する際は、蛇口も併せてピカピカにしてください

06.パソコンのキーボード

トイレの5倍もの菌が繁殖しているようですよ。熱を帯びやすいパソコン。どうやらその暖かい環境が菌にとっては好都合のようなのです。
特にノートパソコンのキーボードは細菌にとって、居心地バツグンの温度になりやすく、さらに手の皮脂と相まって増殖していく危険性がアップ。こまめに、クリーニング用のスプレーで掃除をしましょう。

07.マットレス

ヒフ細胞の死骸、チリやダニの糞の影響で、その重さは10年で2倍になるといわれています。こまめに、掃除をしてください。

08.ハンドバッグやポーチ

特に汚くしているつもりはなくても、刻一刻と菌は繁殖しています。特に化粧ポーチなどに、裸のままブラシ類を入れている方などは要注意。

09.レストランのメニュー

レストランのメニューは多くの人たちが触れているモノでありながら、こまめにキレイにしているレストランはほとんどないでしょう。それゆえ、トイレの100倍以上、細菌が存在しているのですよ!

10.カーペット

どこで何を踏んだかわからない足の裏が行ったり来たり。その上、食べ物のカス、ペットの毛、ほこりやダニの死骸が沈んでいたりして……。その汚さは、トイレの4000倍。

抗菌、殺菌、滅菌、除菌の正しい意味

菌の増殖を防ぐ「抗菌」

衛生用品や衣類などで目にすることが多いのが「抗菌」です。抗菌の定義は、経済産業省が作成した「抗菌加工製品ガイドライン」で「抗菌加工した製品の表面上の細菌の繁殖を抑制する」とされています。
また、JIS(日本工業規格)では、抗菌加工した製品と通常の製品比べて、表面の細菌が100分の1以下だった場合に「抗菌効果がある」とされると規定しています。

菌を死滅する「殺菌」

抗菌と並んで目にする機会が多いのが「殺菌」と表示された商品です。文字通り「菌を殺す作用」という意味ですが、殺菌は抗菌と比べるとより厳格に使用できる製品などが定められています。医薬品などの製造、表示、広告などを定めた「薬事法」の対象である医薬品、もしくは医薬部外品にのみ使用が許可されています。
つまり、抗菌のように日用雑貨などには使用できず、業務用の清掃用具でも「殺菌作用を持つ道具」として販売することはできません。

菌を全滅させる「滅菌」

今回紹介する「●菌」のなかで、最も菌を死滅させる際の言葉が「滅菌」です。殺菌の中に含まれる言葉で、すべての菌を死滅させて除去するという意味があります。ただし、本当に対象の菌を100%除去するわけではありません。法律でも「菌の●%殺すことを滅菌」と定められてはいないのです。日本の薬局では「100万分の1以下になれば滅菌」と定義付けされているものの、法的な拘束力はありません。

有害物質を無害化する「消毒」

殺菌や滅菌との違いは、「菌を殺さずに病原性を無効にする」という消毒方法があることです。同様に後述する除菌との違いは、「必ずしも菌を除去するわけではない」ということも覚えておきましょう。また、消毒も殺菌と同じく薬事法によって表記等が定められている用語です。

菌を減らす「除菌」

菌を殺すよりも取り除くことを意味するのが「除菌」です。清掃現場では除菌シートなどを使用することは珍しくありませんが、実は除菌にも明確な成分などの定義はありません。同じ場所を「除菌」と表示されていないシートで拭いても、一定の菌は取り除かれるという意味では同じ除菌として扱うことも可能です。
その一方で言葉の意味としては、食品衛生法にて「ろ過等により、原水等に由来して当該食品中に存在し、かつ、発育し得る微生物を除去すること」、洗剤・石鹸公正取引協議会の見解では「物理的、化学的または生物学的作用などにより、対象物から増殖可能な細菌の数(生菌数)を、有効数減少させること」と定められています。

ユニセフ 世界手洗いダンス

ユニセフ 世界手洗いダンス/Global Handwashing Dance /日本ユニセフ協会

コメント

タイトルとURLをコピーしました