9月10日(カラーテレビ放送記念日・牛タンの日)

9月10日(くがつとおか)はグレゴリオ暦で年始から253日目(閏年では254日目)にあたり、年末まであと112日ある。

カラーテレビ放送記念日

1960年(昭和35年)のこの日、NHK・日本テレビ・ラジオ東京テレビ(現:TBS)・読売テレビ・朝日放送の5局がカラーテレビの本放送を開始した。

これはアメリカに次いで世界で2番目となるものだった。

カラーテレビ(color television)とは、映像に色が付いているテレビジョン放送、またはこれに対応したテレビ受像機を意味する。日本で登場したばかりの頃は「総天然色テレビジョン」と呼ばれていた。

当初は非常に高価であったためあまり普及しなかったが、1964年(昭和39年)の東京オリンピックを契機に各メーカーが規格化・画質の改善・宣伝に力を入れたことで普及が大幅に促進された。

その後、カラー放送が増えたことなどもあり、受像機の生産台数も大幅に伸びた。さらに、性能が向上し、大量生産で値段が下がったことにより爆発的に普及し、1973年(昭和48年)にはカラーテレビの普及率が白黒テレビを上回った。

当時の価格は?

当時のカラーテレビ機は52万円もする高価なもので、カラー放送番組自体も少なかったこともあり、この日のカラーテレビの普及台数は1200台程度であったという。

当時の貨幣価格は1円=5.6円程度になるので現在の「2,912,000円」となる

カラーテレビが出る前は、夢は白黒だった

色付きの夢を見る人は、カラーテレビが発売された後に急増!以前は15%程の人しかカラーの夢は見ていなかったそうですが、現在では75%の人が夢を色付きで見ているとか。

そもそも4Kテレビって何?

フルハイビジョンの4倍も高精細なテレビです。
テレビは大画面になるほど1画素あたりの面積が大きくなり、画素の粗さが目立つという課題がありました。4Kテレビなら、フルハイビジョンの4倍の画素数でこの課題を解決。大画面で見ても、画素の粗さが気になりません。高画質を大画面で楽しむなら、4Kテレビがおすすめです。

<解像度による違い>

フルハイビジョンの4倍のきめ細かさで表現できるテレビです。

牛タンの日

日にちの由来は、牛(9月)タン(10日)の語呂合わせで、仙台牛たん振興会が2006年から制定した記念日で、牛タンの活性化のために、加盟店などの牛タン定食が、お手頃価格になるイベントなどが開催されています。

色々と、仙台でのイベントを探しましたが、各店舗での宣伝はあるものの、仙台市でのイベントはありませんでした。

ただ、仙台だけでなく、全国各地の焼肉屋さんなどでは、牛タンのイベントがされていたりするので、もし、牛タン好きで、9月10日に焼肉へ行かれるなら、いくつかチェックしてみてはいかがでしょうか!?

焼肉屋に行ったらもう必ずと言ってもいいほど頼まれる方は多い、あのコリコリでありながら、肉の旨味が凝縮されたような味わいを持っている牛タン!!、塩胡椒&調味料とネギなどと共に、レモンを絞って頂く瞬間の味わいは、たまりませんよね!!

仙台牛タンについて

単純に、舌の部分と言っても、先端部分のタン先の固めでシチューなどの煮込み料理などに使われる部分と、そこから徐々に柔らかくなっていき、私たちがよく食べる焼肉屋などのタンである、真ん中あたりのクラウンカットの部分、そして、根部分のタン元では、肉質が全く異なり、味わいが色々と楽しめるという素晴らしい肉の部位なんです。

根部分のタン元のところは、脂身も多くなりやすいですが、育成方法によっては、霜降り肉のようなものもあり、『芯タン』や『トロタン』と呼ばれる牛タンもあります。

さらには、裏側の部分は、牛タンのサガリ(さがり)と言われており、筋も多くなるため、ひき肉とされて食べられる部分ですが、挽いてもコリコリ感が味わえ、上の部分とは、先端部分とまた違った肉の旨味が味わえます。

歯応えは、コリコリ、そして、噛めばかむほど肉汁と肉の旨味が、ジュワッと感じられる牛タンですが、実は、その肉のほとんどが脂肪分でしめられており、カロリーのほぼ75%が脂肪に由来した部位なんです。

牛は、人間の体よりも大きな動物ですので、実際には、牛の舌は、何十センチ以上もあります。

ですので、よく食べられる牛タンは、一つの舌から何枚も作られます。

加工としては、その舌の皮を削って、よく焼肉などで食べられるような、薄切りタンに加工したり、牛タン焼きとされる、分厚い太さにカットされて、食べられるんですね〜!!

牛タンが名物の仙台の食べ方

牛タンといえば、『仙台』ですが、そんな牛タンをよく食べられる文化の仙台の人たちが食べ方は、私たちが焼肉屋さんなどで食べられる牛タンとは、また違った食べ方をされます。

いわゆる、『牛タン焼き』というものですね。

牛タン焼きとは、お店側で厚切りに切った牛タンを、タレの味で焼いた状態で、焼肉定食のようにして食べるのが『牛タン焼き』です。

私たちは、焼肉定食はたまに頂くことがありますが、いわゆる牛タン焼き定食は食べることはありません。

それが仙台では食べられるというものです。

牛タンを食べる時に欠かせないのは、やっぱり、レモンやレモン汁をつけて食べますが、仙台のその『牛タン焼き』は、タレや塩のみで食べるのが一般的だそうですね。

ただ、焼肉屋などの牛タンは、薄いので、レモンをつけて食べますし、牛タン焼きでもつけるところもありますのでご注意を!! 笑

さらには、牛タン焼き定食に加えて、欠かせないのが、『テールスープ』です。

テールとは、牛の尻尾のことですが、こちらも、舌と合わせて、珍しい部位で、いい出汁と香りが出ます。

『肉はよく動かすところほど美味い!!』といわれるように、尻尾は牛の新たな旨味を作り出してくれます。

この『牛タン焼き定食』には、『牛タン焼き』と『野菜の浅漬け』と『テールスープ』、そして、『麦ご飯』という一汁三菜という日本の定食の定番の形を、牛の珍しい&美味い部位で作り出してくれている最高の名物定食です。

さらには、仙台の焼き鳥店『太助』初代店主であった佐野啓四郎さんが、初めて牛タンの専門店を作ったとされていますが、その佐野さんの出身地の山形県の伝統料理である、『みそ南蛮』という青唐辛子の味噌漬けもセットで食べられることもあります。

というのが、仙台の牛タンの有名な食べられ方ですが、他にも料理としての調理方では色々な食べら方がされています。

タンシチューや、牛タンカレー、牛タンつくね、牛タンしゃぶしゃぶ、生のままのタン刺し、牛タン寿司などなど!!さすが、仙台は牛タン王国ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました