父の日

父の日(ちちのひ)は、父に感謝を表す日。アメリカのドッド夫人が『母の日』にならって、父親に感謝するために白いバラを贈ったのが始まり。

主な父の日

6月第3日曜日

1909年にアメリカ・ワシントン州スポケーンのソノラ・スマート・ドッドが、男手1つで自分を育ててくれた父を讃えて、教会の牧師にお願いして父の誕生月である6月に礼拝をしてもらったことがきっかけと言われている。彼女が幼い頃南北戦争が勃発。父ウィリアムが召集され、彼女を含む子供6人は母親が育てることになるが、母親は過労が元でウィリアムの復員後まもなく亡くなった。以来男手1つで育てられたが、ウィリアムも子供達が皆成人した後、亡くなった。

最初の父の日の祝典は、その翌年の1910年6月19日にスポケーンで行われた。当時すでに母の日が始まっていたため、彼女は父の日もあるべきだと考え、「母の日のように父に感謝する日を」と牧師協会へ嘆願して始まった。

1916年、アメリカ合衆国第28代大統領ウッドロー・ウィルソンは、スポケーンを訪れて父の日の演説を行い、これにより父の日が認知されるようになる。

1966年、アメリカ合衆国第36代大統領リンドン・ジョンソンは、父の日を称賛する大統領告示を発し、6月の第3日曜日を父の日に定めた。1972年になり、アメリカでは正式に国の記念日に制定される。

母の日の花がカーネーションなのに対し、父の日の花はバラ。ソノラ・スマート・ドッドが、父の日に父親の墓前に白いバラを供えたからとされている。1910年の最初の祝典の際には、YMCAの青年が、父を讃えるために、父が健在の者は赤いバラ、亡くなった者は白いバラを身につけたと伝えられる。

日本では黄色の薔薇が定番!・・・でも、花言葉に注意

黄色の薔薇には、「あなたを恋します」「友情」「美」「献身」といった花言葉があります。

他にも、「嫉妬」「恋に飽きた」「別れよう」「不貞」「薄らぐ愛」といった正反対の意味も含まれています。

日本では、父の日の認知があまり進んでいなかったせいか、父親にバラが贈られるといった風習はなかった。
そんな状況に変化が生じたのは、81年に社団法人日本メンズファッション協会が「日本ファーザーズ・デイ委員会」を立ち上げたころさまざまなキャンペーンを行っており、父の日には「黄色いリボン」を贈るよう推奨しています。

これをきっかけに、日本でも黄色いバラや、黄色いリボンが巻かれたプレゼントが父親に贈られるようになった。このことが、バラの花と融合して黄色のバラを送る風習が生まれ定着したと思われています。

8月8日

台湾の父の日(父親節)は8月8日である。これは、「パパ」(表記は爸爸)と中国語での「八八」の発音が似ていることに由来している。

8月第2日曜日

ブラジルでは、母の日の3ヶ月後の8月第2日曜日が「父の日」(Dia dos Pais)である。ただし、国の休日ではない。1950年代に Sylvio Bhering が、聖ヨアキムを彰して提唱した。

2月23日

ロシアでは、2月23日が「祖国防衛の日」(День защитника Отечества)とされ、軍人・退役軍人に感謝する他に、父親・夫・男性に感謝する日となっている。これと対となる母親・妻・女性の日は、3月8日の国際女性デーである。

元はソ連の祝日で、1918年2月23日に赤軍が初の対独戦闘に勝利したことを記念し「赤軍の日」として制定され、1949年に「ソビエト陸海軍の日」と改名された。ソ連崩壊後の2002年に、現在の名称でロシアの祝日となった。

聖ヨセフの日

イタリアやスペインなどカトリック系の国では、3月19日聖ヨセフの日が父の日である。

昇天日

ドイツでは、国の休日である昇天日(復活祭の39日後の木曜日で、早ければ4月30日、遅ければ6月2日)が、「父の日」(Vatertag) でもある。「男の日」や「紳士の日」とも呼ばれる。

父の日雑学

プレゼントの予算相場

父の日のプレゼントは、2,000円~5,000円未満の予算で贈り物を探す方が多いようです。もらう側のお父さんに気を使わせず、自分も負担にならない範囲でと考えると、このぐらいの金額が妥当ということなのかもしれません。

父の日にプレゼントを贈る人の割合は?

毎年、父の日にプレゼントを贈っているという人は 45.0%、また毎年ではなく時々贈っているという人は 23.0%で、合わせると全体の6割くらいの人は父の日に贈り物をする、またはした事があるという調査結果が出ています。ちなみに母の日の調査では8割となっており、父の日の方がやや少ない傾向にあります。

セルフ父の日

近年、新たなトレンドキーワードになっているのが「セルフ父の日」です。セルフ父の日は、お父さん自ら「自分自身へのご褒美」として父の日に買い物をするという現象です。その背景には、父の日はどうしても母の日に比べて認知度が薄く、母の日ほどの定番アイテムが存在しないことが原因のようです。

父の日ギフトの定番商品

「母の日といえばカーネーション」と言えるほど大定番アイテムがありませんが、父親・男性向けならではの商品が人気となっています。ここではいくつか人気アイテムを紹介していきます。

定番その1 ビール・お酒

「仕事から帰ったら、まずビールを一杯」というお父さんも多いんではないでしょうか。ビールに限らずお酒は、父親向けのギフトとして非常に人気が高いです。もちろん、実際、お酒好きの母親もたくさんいますし、決して父親らしさのあるアイテムではないのかもしれません。しかしながら、母の日にはない、こういった現実的なギフトが選ばれるのが、父の日ギフトの特徴ですね。

定番その2 うなぎ・蒲焼き

こちらも定番中の定番です。仕事で疲れた父親に、精を出して頑張ってほしい!という気持ちが伝わってきます。

定番その3 甚平・浴衣

父の日は、6月の第3日曜日と決まっています。6月中旬になってくると、これから夏に向かって徐々に暖かく(暑く)なってくる時期です。そんな時期的にもピッタリなので、甚平です。甚平は通気性もよく、夏にはもってこいのアイテムです。プレゼントを贈られる側の人にも人気が高いようです。

定番その4 腕時計

父の日に限らず、男性向けのギフトとして定番・人気のアイテムです。非常に高価な商品も多いジャンルですが、父親向けには価格よりも機能性を重視した商品が選ばれる傾向があります。

定番その5 お花・フラワー

意外かもしれませんが、母の日同様にお花を選ばれる方も多いようです。現実的・機能的なアイテムが多い父の日ギフトの中では特殊ですが、気持ちを伝えるのにお花は効果的です。男性でも、お花をもらって嬉しくない父親はいないでしょう。

定番その6 枕・まくら

近年になって人気ジャンルとなっているのが、健康に気を遣ったアイテムです。その中でも、枕は人気が高く、消臭効果のある枕などがよく選ばれています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました