6月10日(安倍昭恵)

6月10日(ろくがつとおか)はグレゴリオ暦で年始から161日目(閏年では162日目)にあたり、年末まであと204日ある。誕生花はジャスミン、ラベンダー。

歴史

大正2年 – 森永ミルクキャラメルが発売。

森永ミルクキャラメル(もりながミルクキャラメル、MORINAGA MILK CARAMEL)は、森永製菓によって販売されているキャラメル菓子(ソフトキャンディ)である。

昭和30年 – 電電公社の時報サービスが東京で始まる。

時報(じほう)は、時刻(標準時)を知らせるための合図。時計の普及していない地域では標準時を広く周知するという意味を持つ[1]。また、時計の普及している地域でも正しい標準時を知らせるという点で重要な意味を持つ[1]。NTT東日本とNTT西日本が提供している電話サービス。電話番号は117。

  • 104 番号案内
  • 113 電話の故障
  • 115 電報のお申し込み
  • 119 火事・救助・救急車
  • 177 天気予報
  • 159 空いたらお知らせ159
  • 189 児童相談所虐待対応ダイヤル
  • 110 警察への事件・事故の急報
  • 114 お話し中調べ
  • 116 電話の新設・移転・各種ご相談
  • 118 海上の事件・事故の急報
  • 171 災害用伝言ダイヤル
  • 136 ナンバーお知らせ136

誕生日

昭和37年 – 安倍昭恵、安倍晋三夫人

安倍 昭恵(あべ あきえ、旧姓:松崎(まつざき)、1962年〈昭和37年〉6月10日 – )は、第90・96・97・98代内閣総理大臣安倍晋三夫人である。「アッキー」の愛称がある。

聖心女子学院高等科、聖心女子専門学校卒業、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科修士課程修了。修士号(比較組織ネットワーク学)取得。

  • 「国内外における女性の社会参画推進への貢献」によりベルギーからレオポルド2世勲章グランオフィシエに叙勲。
  • 聖心女子学院初等科・中等科・高等科を経て、聖心女子専門学校英語科卒業後、電通に入社。
  • 昭和62年6月に結婚した。子宝に恵まれず、不妊治療を試みたり、養子縁組も検討したと『文藝春秋』とのインタビューでコメントしたことをBBCが報じた。
  • 東京都出身。生家の松崎家は、森永製菓創業家の森永家と繋がりが深い家系である。
  • ラジオのディスクジョッキー、居酒屋の経営

家族構成

  • 曾祖父 森永太一郎(実業家・森永製菓創業者・初代社長)
  • 松崎半三郎(実業家・森永製菓第2代社長)
  • 祖父 森永太平(実業家・森永製菓第3代社長)、松崎一雄(森永製菓相談役)
  • 父 松崎昭雄(実業家・森永製菓第5代社長)
  • 夫 安倍晋三(政治家・内閣総理大臣)
  • 遠縁 池部良(俳優)
  • 遠縁 岡本太郎(芸術家)、岡本かの子(作家)

新型コロナウイルス感染拡大中における不要不急の外出

新型コロナウイルス感染拡大中の2020年3月14日、安倍晋三首相は記者会見を実施し、「自らの身を守る行動を」「現状は依然として警戒を緩めることはできません」「感染拡大の防止が最優先」「全国津々浦々、心を一つに、正にワンチームで現在の苦境を乗り越えていきたい」と国民にコロナウイルス対策の重要性を訴えた。

翌日、昭恵が大分に旅行し、約50人の団体とともに大分県宇佐市の宇佐神宮を参拝したことを週刊文春が報道した。昭恵氏は、同行者に「コロナで予定が全部なくなっちゃったので、どこかへ行こうと思っていたんです」と語っていたという。

2020年4月17日、安倍首相は衆院厚生労働委員会で週刊文春の報道について大筋で事実関係を認めた。また、国民民主党の岡本充功への答弁の中で、昭恵の大分旅行を「事前に聞いていた」とした上で、『3密とならないようしっかり気をつけてもらいたい』と申し上げた」と説明した。

また、政府が国民に対し花見の自粛を要請している最中、手越祐也、藤井リナら総勢13人を引き連れ花見を行なっていた事が発覚した。野党議員からの追及に対し安倍晋三は「国が自粛を要請している公園ではなくレストランの敷地である」と弁明したが、不要不急の外出自体の自粛が求めていられる中で「レストランだからいいのか」と批判を受けた。

記念日・年中行事

ミルクキャラメルの日

1913年に森永製菓が発売する「森永キャラメル」の商品名が「森永ミルクキャラメル」に変更されたことから、ミルクキャラメルを通じ、懐かしい思い出を語り合う日として命名された。

ちょっと雑学

訓読みが長い漢字

ここでいう訓読みが「長い」とは、ひらがなで表記したときの文字数が多い、ということを指す。たとえば常用漢字では「まつりごと」政・「こころざし」志・「うけたまわ(る)」承、の3漢字が5文字で最長である。JIS第一・第二水準内では「せんちめーとる」糎、が7文字で最長である。

一文字で最も長い読みを持つ漢字

一文字で最も長い読みを持つ漢字

この漢字は一体何と読むでしょうか。一見すると画数も多くなく、難しい漢字のようには思えませんが、確かに習った覚えのない漢字ではあります。

答え – ほねとかわとがはがれるおと(骨と皮とが剥がれる音)

怖すぎます。一体いつ使えばいいのか全くわかりません。

一文字で最も長い読みを持つ漢字

左側に「示」のような字、右側は「豆」という字です。小学校で習っていてもおかしくはないくらい簡単な文字です。

答え – まつりのそなえもののかざり(祀りの供え物の飾り)

そもそも祀り(祭り)の供え物の飾りそのもの自体に名前はあるはずです。テレビのリモコンの事を、「テレビを付けたり消したりチャンネルを変えるための遠隔式スイッチ」というのと同じようなことです。この漢字も一体いつ使われるのでしょうか。

牛編に川と書いてなんと読むか・・・「うしのあゆみがおそい」と読みます。は?と思われた方もいると思います(笑) 私も初めて見た時はそうなりました(笑)この意味は文字通りなんですが、「牛の歩みが遅い」なのです。

口へんに只と書いてなんと読むか・・・
「あしをぶらぶらさせてこしかける」と読みます。
意味は読んで字のごとくで、「足をぶらぶらさせて腰掛ける」です。
只の下の2本線が足を表している感じがしますね。

獣へんに虎という漢字。「とらがひとをかもうとするときのうなりごえ」と読みます。虎が人を噛もうとする時の唸り声です。要は「ガルル~」ですね(笑)

門に人という漢字。実はこれ、真打の登場といえる漢字なのです。その理由が読み。

「ものかげからきゅうにとびだしてひとをおどろかせるときにはっするこえ」と読みます。

物陰から急に飛び出して人を驚かせる時に発する声です。漢字を見ると、門の陰で人が隠れて待っているように見えますよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました