6月2日

6月2日(ろくがつふつか)は、グレゴリオ暦で年始から153日目(閏年では154日目)にあたり、年末まであと212日ある。誕生花はタイム、シャクナゲ。

歴史

明治34年 – 日本で桂太郎が第11代内閣総理大臣に就任し、第1次桂内閣が発足。

第1次桂内閣(だいいちじ かつらないかく)は、陸軍大将の桂太郎が第11代内閣総理大臣に任命され、1901年(明治34年)6月2日から1906年(明治39年)1月7日まで続いた日本の内閣である。

1903年(明治36年)に西園寺公望が政友会総裁に就任し、元老・山縣有朋に支えられた桂と同じく元老の伊藤博文に支えられた西園寺が交互に首班となって組閣したことから、1913年(大正2年)の大正政変までの時期は桂園時代(けいえんじだい)と呼ばれている。

また、日露戦争が勃発したときの内閣であり、在任期間は1681日で1つの内閣としては日本憲政史上最長である(現在では総選挙が行われるたびに内閣が総辞職するため、衆議院議員の任期である4年(約1460日)を超えるのは不可能である)。

明治42年 – 5月31日に完成した両国国技館で初めて相撲がとられる。

初代国技館
先代は現在の国技館とは異なり、京葉道路沿いの本所回向院の境内にあった。

1906年(明治39年)6月着工、3年後の1909年(明治42年)5月に竣工し、6月2日に開館式が行われ、6月場所より使用された(それまでは小屋掛け(臨時に設備を設けて行なうこと)による「回向院場所」が行なわれていた)。しかし6月場所の番付上は「常設館」とだけあって、まだ国技館の名は無かった。6月場所は本来は5月18日より興業との番付が発表されており、工事の遅延によって場所が延期となって6月開催となったという経緯がある。

設計は日本銀行本店や東京駅、浜寺公園駅の設計者として知られる辰野金吾とその教え子葛西萬司で、「大鉄傘」の愛称は当時のデザインに由来する。工事費用は27万円。枡席約1,000席を含む13,000人が収容可能で、3,000人程度しか収容できなかった小屋掛け時代の3倍以上の収容能力となった。実際の収容人数は20,000人以上ともされていた。建物の内径は62m、中央の高さは25mあった。天候に関係なく興行を打てるようになったことで、優勝制度が自然発生的に生まれたとする見方もある。

昭和58年 – 蔵前国技館でハルク・ホーガンのアックスボンバーを喰らったアントニオ猪木がリング下へ転落して舌を出して失神、救急車で搬送される。

ハルク・ホーガン(Hulk Hogan、本名:Terry Gene Bollea、1953年8月11日 – )は、アメリカ合衆国のプロレスラー。ジョージア州オーガスタ生まれ、フロリダ州タンパ出身。

「アメリカン・プロレス界の顔」的な存在であり、スポーツ・エンターテイメントを体現したプロレスラーとして業界全体に多大な影響を与えた。2m・140kg級の巨体から繰り出すパワーと、観客の心を掴む卓越したパフォーマンスのスキルを活かし、ベビーフェイスとしてもヒールとしても頂点を極めた。

長女は歌手のブルック・ホーガン。甥は元プロレスラーのホーレス・ホーガン(マイク・ボレア)。

アントニオ猪木は一国の大統領と試合する予定だった

アントニオ猪木はプロレス界を代表するレジェンドプレイヤーであり、国会議員も経験している異色の経歴を持つ人物です。その恵まれた体格を活かし、数々の賞を獲得してきました。そんな彼と、当時のウガンダの大統領との戦いが正式に決定していたのです。

猪木vs大統領

とはいえ、大統領といえどもズブの素人というわけではありません。当時の大統領であるイディ・アミン・ダダは、アントニオ猪木に負けず劣らず身長193cmの恵まれた体格で、東アフリカのボクシングヘビー級チャンピオンになった男です。

「人食い大統領」の異名を持つイディ・アミン・ダダに対しアントニオ猪木陣営が戦いを挑み、異種格闘技戦となることが分かっていながらも、イディ・アミン・ダダはその挑戦を受けたのです。

レフェリーにモハメド・アリを招き、開催時期までほぼ決まっていましたが、政治情勢が悪かったこともあり、反体制派クーデターの影響で、この戦いが実現することはありませんでした。

昭和61年 – 衆議院解散(死んだふり解散)

死んだふり解散(しんだふりかいさん)とは、1986年(昭和61年)6月2日の衆議院解散の通称。別名寝たふり解散(ねたふりかいさん)。

昭和64年/平成元年 – 竹下登内閣が総辞職。

竹下改造内閣(たけしたかいぞうないかく)は、竹下登が第74代内閣総理大臣に任命され、1988年(昭和63年)12月27日から1989年(平成元年)6月3日まで続いた日本の内閣である。

内閣総理大臣

在職

記録の名称記録保持者氏名記録の内容
最長在職期間記録安倍晋三3081日(約8年、在職期間記録更新中)
第一次:
2006年
(平成18年)9月26日 – 2007年
(平成19年)9月26日
第二次 – 第四次:
2012年(平成24年)12月26日 – (現職)
最長連続在職期間記録佐藤栄作2798日(約7年8ヶ月)
第一次 – 第三次:1964年
(昭和39年)11月9日 – 1972年(昭和47年)7月7日
最短在職期間記録東久邇宮稔彦王
(ひがしくにのみやなるひこおう)
54日(約2ヶ月)1945年
(昭和20年)8月17日 – 同年10月9日
最年長在任記録大隈重信
(おおくま しげのぶ)
約78歳6ヶ月
(1916年(大正5年)10月9日の退任時)
最年少就任および在任記録伊藤博文約44歳2ヶ月
(1885年(明治18年)12月22日の就任時)
最年長就任記録鈴木貫太郎約77歳2ヶ月
(1945年(昭和20年)4月7日の就任時)
最多回数任命記録吉田茂5回
1回目:1946年(昭和21年)5月22日
2回目:1948年(昭和23年)10月15日
3回目:1949年(昭和24年)2月16日
4回目:1952年(昭和27年)10月30日
5回目:1953年(昭和28年)5月21日

文字を書かない総理大臣

大隈重信(おおくま しげのぶ)が書き残した文書は、17歳頃に書き残した自作の漢詩と、明治天皇にあてた本籍移転を承諾する文書だけです。これ以外の文書は消失したわけではなく、大隈重信は生涯で文字を書かなかったのです。総理大臣という公務、そして教育機関を立ち上げるほどの大変な仕事を、文書やメモすら書くことなくこなすことが可能なのでしょうか。

大隈重信が弘道館という、今でいう学校に通っていた時のこと、とても字が上手な学友がいたそうです。どれだけ努力してもこの人には字の上手さで勝てないと感じた大隈重信は、それならば字を書かなければ負けることはないという意外な発想転換によって、生涯を通じて字を書くことを辞めたのです。勉強は暗記で、文書や著書を書く際は口頭で文章を伝えて他者に書かせる口述筆記で済ませたといいます。

かなりな負けず嫌いの性格が垣間見え、偉人ならではの人とは変わった考え方をすることが分かる面白い逸話です。

在職記録

順位氏名在職日数在職期間元号
1安倍晋三30812006年-2007年、2012年-現在平成-令和
2桂太郎28861901年-1906年、1908年-1911年、1912年-1913年明治、大正
3佐藤栄作27981964年-1972年昭和
4伊藤博文27201885年-1888年、1892年-1896年、1898年、1900年-1901年明治
5吉田茂26161946年-1947年、1948年-1954年昭和
6小泉純一郎19802001年-2006年平成
7中曽根康弘18061982年-1987年昭和
8池田勇人15751960年-1964年昭和
9西園寺公望14001906年-1908年、1911年-1912年明治-大正
10岸信介12411957年-1960年昭和

首相と大統領の違いは

大統領について

大統領とは、共和制国家(共和制…王制ではない国)の国家元首です。
国家元首とは、国を代表する最も偉い人を指します。

大統領がいる国では、国王やその他の国家元首は存在しません。

また、一般的に、大統領は国民投票によって選ばれます。

首相について

首相とは、行政機関のトップの大臣、つまり行政のリーダーを指します。
行政とは、国によって若干立ち位置が変わるのですが、主に三権分立(立法、司法、行政)の内、立法と司法を除いたものを指し、法律に従って政務を行うところです。

首相はあくまで、行政のリーダーを指す言葉なので、国によって首相の呼び名はバラバラです。
日本で言えば、内閣が行政機関にあたるので、内閣総理大臣が首相の正式名称です。

首相は、国民が直接選ぶのではなく、議会が投票した人が選ばれます。
多くは与党の党首が、首相に任命されます。

首相は政府の最高責任者であり、その国のトップではありません。
ですので、首相の権限は国によって様々です。

この両者を並べてみると、違いが少しずつ見えてきますが、一番の違いは「国家元首」であるかどうかです。
そして、その違いはその国に「王制」が存在するかどうかで変わってきます。

例えば日本は、かつてより君主制であるため、「天皇」が国家元首であると言われています。
君主とは世襲によって位につく統治者の事を指します。

つまり、「天皇」が国のトップであり、「首相」が行政のトップであるという事になります。
首脳会談は政府の最高責任者が行う会議の事を指しますので、日本の場合は天皇ではなく首相が首脳会談を行います。

天皇陛下最強論

世界28ヶ国の王家の中では、天皇家が世界一の格上ですか?

「世界の王室が集まった時、天皇が最も上座に座る」と聞いた事が
ありますが、それは天皇家の格によるものでしょうか?
その理由は、この2つです。
・天皇家は世界で最も歴史のある王室である事。
・「King」よりも格上とされる「Emperor」であるから。

根拠は「世界最古の皇室」「Emperorの地位」この2つのようです。

世界的地位のランク

皇帝(Emperor)
法王(Pope)
国王(King)、女王(Queen)
大統領(President)
首相(Premier)
になっています。

日本の天皇陛下は皇帝である、

Emperor(エンペラー)になります。

つまり、天皇陛下は法王や国王よりも地位が高いという事になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました