5月25日

5月25日(ごがつにじゅうごにち)はグレゴリオ暦で年始から145日目(閏年では146日目)にあたる。年末まで220日ある。誕生花はアスパラガス。

記念日・年中行事

納本制度の日

1948年のこの日から国会図書館において納本の受付が始まったことにちなみ、2008年に60周年を記念して国会図書館が定めた。

主婦休みの日

主婦休みの日はサンケイリビング新聞社が2009年から提唱する日本の記念日。

年3回、1月25日、5月25日、9月25日であるとする。

家事や育児に頑張る主婦がリフレッシュできる日。
家族が元気になってニッポンも元気になる日。
夫や子どもが家事にチャレンジする日&パパと子どもが一緒に行動する日。
としている。

ターミネーターの日

アーノルド・シュワルツェネッガー主演の映画『ターミネーター』シリーズの第1作が1985年5月25日に公開されたことを記念して、2015年に日本記念日協会によって認定された。

プリンの日

オハヨー乳業株式会社が制定。日付は25を「プリンを食べると思わずニッコリ」の「ニッコリ」と読む語呂合わせから。

みやざきマンゴーの日

みやざきマンゴーの日(5月25日 記念日) JA宮崎経済連の宮崎県果樹振興協議会亜熱帯果樹部会が2014年(平成26年)に制定。 日付は「マンゴー(05)ニッコリ(25)」と読む語呂合わせと、この頃に宮崎県産マンゴーの出荷が最盛期にあたることから。

とんがりコーンの日

東京都千代田区紀尾井町に本社を置き、「とんがりコーン」などのスナック菓子やその他食品を製造・販売するハウス食品株式会社が制定。

日付は「とんがりコーン」が東京地区で新発売となった1978年(昭和53年)5月25日にちなんで。2018年(平成30年)に発売から40周年になる「とんがりコーン」の美味しさ・楽しさをさらに多くの人に知ってもらうことが目的。

広辞苑販売記念日

1955年 – 岩波書店から『広辞苑』初版が刊行される。

昭和初期に出版された『辞苑』(じえん)(博文館刊)の改訂作業を引継ぎ、第二次世界大戦後新たに発行元を岩波書店に変え、書名を『広辞苑』と改めて出版された。中型国語辞典としては三省堂の『大辞林』と並ぶ両雄で、携帯機器に電子辞書の形で収録されることも多い。収録語数は、第七版で約25万語。

広辞苑の厚さが8cm

広辞苑は1955年に創刊され、20万語が収録されていた。それから改訂される度に言葉は増え続け、最新の第6版には24万語となっている。そんな広辞苑の厚さは8cmと決められている。林修はこの雑学を知らなかったと話し、「中身を理解していれば8cmだろうが10cmだろうがどうでも良い」とコメントした。
辞書編集部の平木靖成さんによると、広辞苑の厚さが8cmである理由は、大量生産だとこの厚みが製本機械の限界だから。

2008年1月11日に発行された第六版は24万余語が収録される。製本の際に薄くて丈夫な新しい紙を作るために、紙にはチタンが入っている。また、チタンを入れることで薄くても透けない効果がある。第五版よりページ数が約60ページ増え、厚さでは僅かに薄くなったが、チタン入りのため重くなった。

歴史

1961年 – アポロ計画: アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディが「10年以内に人間を月に到達させる」と声明。

アポロ計画(アポロけいかく、Apollo program)は、アメリカ航空宇宙局(NASA)による人類初の月への有人宇宙飛行計画である。1961年から1972年にかけて実施され、全6回の有人月面着陸に成功した。

アポロ計画(特に月面着陸)は、人類が初めて有人宇宙船により地球以外の天体に到達した事業である。これは宇宙開発史において画期的な出来事であっただけではなく、人類史における科学技術の偉大な業績としてもしばしば引用される。

宇宙の雑学

月に宇宙飛行士が再び降り立つ費用は3兆3000億円に?

NASAが計画する月への帰還計画には、次の5年で300億ドル(約3兆3000億円)もの費用がかかるかもしれない。今週行われたインタビューの中で、同機関の管理者ジム・ブリデンスティン(Jim Bridenstine)氏がそう示唆した。もちろん、これはあくまでも概算に過ぎない。とはいえこれは私たちが初めて目にした包括的な数字であり、莫大な費用ではあるものの、予想されていたものよりは安いものである。

ブリデンスティン氏はCNNとのインタビューの中で、NASAが月面に再び降り立つために必要な費用は、200億ドル(約2兆2000億円)から300億ドル(約3兆3000億円)の間になるだろうと示唆した。さらに月軌道プラットフォームゲートウェイ(Lunar Gateway)を充実させたり、恒久的な構造物を残したりといったことを行う場合には、追加のコストが発生する。

この数字を広い視野から眺めてみた場合、NASAの年間予算は約200億ドル(約2兆2000億円)であり、これは連邦政府の他の多くの政府機関や予算項目と比較してごくわずかなものだ。予想される追加費用は年間平均4〜60億ドル(約4400億円から6600億円)になると思われるが、支出はそれほど一貫してはいないだろう。例えば、NASAが来年に向けての追加予算として要求したのは16億ドル(約1700億円)だけだ。

宇宙で生命が生まれる確率は?

・バラバラ分解した時計の部品を25mプール(50m説も有)に入れ、 プールの水をかき回し、水の流れだけで時計が組み上がる確率と同じ。

・有名な例えですよね。これ、実は正確性はなく「まずありえない確立」という表現なんです。

・宇宙で生命が誕生する確立を数値で表すと
0.0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000001%
です。

紙を42回折り畳むと月に到達できる

本当です。
平均的な紙の厚さは0.1mm程度。1回折り畳むと厚さは2倍になります。
2回折り畳むと最初の4倍の厚さになります。
3回折り畳むと大体爪と同じくらいの厚さになります。
7回→128ページあるノートと同じ厚さに。
10回→手の幅と同じくらいの厚さ。
23回→厚さはなんと1kmに。
30回→厚さ100km。宇宙に到達できる高さです。
42回→月に到達、51回折り畳むと太陽に届きます。

※ちなみに人間の技術ではどんなに薄い紙でも8回折りが限界です。

地球の寿命は?

・年齢:46億年
・寿命:残り50億年(太陽次第)
※太陽が寿命を迎える前に膨張して地球を飲み込む説による。

まめ知識
人類が地球上で生きていけるのは、長くてあと32億5千万年。最短では17億5千万年。
・理由は、
太陽の膨張前に、地球は太陽系の居住可能地帯を外れホットゾーンに突入するため。ホットゾーンに入るとにわかに暑くなり、人間が生きていくことはできない。

宇宙飛行士の平均年収・給料

日本人が宇宙飛行士になるには、JAXA(宇宙航空研究開発機構)が実施する宇宙飛行士選抜試験を受けて、JAXAに採用されることが現状唯一の方法です。

宇宙飛行士の給料は、JAXAの職員給与規定が適用されますので、平均的なサラリーマンよりはかなり高いものの、ほかの職業と比べて飛びぬけて高給というわけではありません。

宇宙飛行士というと、選ばれし人だけが就くことのできる憧れの職業ということもあって、何千万円ももらえると想像する人もいるかもしれませんが、経済面については一般的な水準といえます。

宇宙飛行士の平均年収・月収・ボーナス

JAXAは、組織形態としては国が運営する独立行政法人であるため、常勤職員の給料は、原則として内閣府などの公務員の給料に準じる形となります。

JAXA発表の資料によると、常勤職員の給料は864万円となっています。(平成30年)

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構の役職員の報酬・給与等について

宇宙飛行士は、JAXA常勤職員のなかの研究職に該当し、研究職の平均年収は869万円となっています。

なお、元宇宙飛行士の山崎直子さんは、ご自身の著書のなかで年収800万円、毛利衛さんも同じく年収1000万円ほどと記されていました。

やはり宇宙飛行士であっても、給与体系はほかの職員とほぼ同じであるようです。

誕生日

江川卓

江川 卓(えがわ すぐる、1955年5月25日 – )は、福島県いわき市出身[1]の元プロ野球選手(投手、右投右打)、野球解説者、タレント。

高校時代は公式戦でノーヒットノーラン9回、完全試合2回、36イニング連続無安打無失点、県予選合計被安打2での夏の甲子園出場、選抜高等学校野球大会における一大会通算最多奪三振60個および8者連続奪三振、春夏通じた甲子園における奪三振率14.0、東京六大学リーグ時代の17完封など、今なお破られていない数々の記録を作り、「怪物」と呼ばれた[† 1]。

また、日本プロ野球史上6人目の投手5冠[2]に輝くなどの実績を残し、1980年代の日本プロ野球、セ・リーグを代表するエースとして活躍した。

キーワード

  • 福島県出身
  • 鉱山技師であった父親の仕事の関係で少年時代を静岡県浜松市天竜区佐久間で過ごす
  • 小学生時代、父の真似をして天竜川で対岸に向かって石を投げたところ、大人の飛距離に遜色なかった。以来、江川は天竜川で石を遠投することを日課とし、これにより地肩が鍛えられることとなった。
  • 東京六大学野球の早慶戦に出る夢もあり進学コースのある作新学院に入学
  • 「エガワる」(周囲をかえりみず強引に自分の意見を押し通すこと)
  • 極度の高所恐怖症
  • わざと遊び球を投げて時間調整をしていた

ドラフト会議では、巨人の抜け駆け契約に抗議する意味で南海、近鉄、ロッテ、阪神の4球団が江川を1位指名し、抽選の結果、阪神が江川との交渉権を獲得した[† 14]。巨人は「全12球団が出席していないドラフト会議は無効である」と主張して、江川に対する阪神の交渉権を認めなかった。この問題はこじれにこじれたが、最終的に金子鋭コミッショナーの「強い要望」により、1979年1月31日、江川は交渉権を持つ阪神と契約を結び、一旦阪神に入団した上で、同日中に小林繁を相手とする交換トレードによって巨人に移籍することになった。この一件により、江川に対する世間の風当たりは強くなり、一気に悪役に仕立て上げられる。マスコミは大挙して江川を批判すると同時に、小林を悲劇のヒーローとして報道した。この経緯から、「エガワる」(周囲をかえりみず強引に自分の意見を押し通すこと)という造語が流行語にまでなった。また、1960年代に子供が好きだった物を並べた「巨人・大鵬・卵焼き」をもじって、嫌いな物として「江川・ピーマン・北の湖」という呼び方が揶揄的になされた。

幼い頃に父に背負われて散歩に出かけた際、背負われたまま崖の下を覗かされたことが原因で、極度の高所恐怖症となった。そのため妻が元客室乗務員でありながら飛行機嫌いであり、国内の移動はどんなに時間がかかってもいつも鉄道などを用いている(妻との馴れ初めは、江川が米国開催の日米大学野球選手権大会に出場するため、やむを得ず飛行機に乗っていて青くなっているところを、客室乗務員だった妻が親切にしてくれたことである)。かつて巨人の北海道遠征の取材で東京→盛岡→青森→函館→札幌と一日かけて陸路を乗り継ぎながら出かけたほか、宮崎キャンプの取材でも東京→博多→新八代→鹿児島中央と乗り継ぎ、車で宮崎入りするなど、時間がかかっても陸路移動にこだわっている。現役時はまだ青函トンネルが開通しておらず、チームの北海道遠征時は登板がある場合のみ飛行機を利用したが、自らの登板予定がないときはチームに帯同せず東京に残った(江川が引退した翌年、1988年に青函トンネル開通)。

大学時代、現在の夫人と交際していたときにデートと東京六大学の試合の登板予定が重なると、待ち合わせ時間として「試合開始から何時間後」というように時間を指定していたという。夫人によれば、指定した待ち合わせ時間に遅れることはほとんどなく、逆に試合の進行が早すぎると、わざと遊び球を投げて時間調整をしていたほどであった[52]。

コメント

タイトルとURLをコピーしました