5月16日

高額納税者公示(長者番付発表)の開始日

(1947年 – 2005年)

高額納税者公示制度(こうがくのうぜいしゃこうじせいど)は、政府が数千万~数億円単位の高額納税者を公示する制度である。公示された高額納税者の名簿を一般的に高額納税者番付(こうがくのうぜいしゃばんづけ)や長者番付(ちょうじゃばんづけ)として用いられる。日本では2006年(2005年度分)から廃止された。

日本の高額納税者公示制度

日本では1947年から2005年まで導入された。当初の制度の目的は「高額所得者の所得金額を公示することにより、第三者のチェックによる脱税牽制効果を狙う」ことであった。初期の頃はこの目的の効果を高める為に、情報提供者に対して報償金を脱税発見額に応じて支払う「第三者通報制度」も導入されていた。しかし、第三者通報制度は、通報の動機が怨恨や報復によるものが多いなどの指摘があって1954年に廃止された。

公示制度では収入額を公示していたが、1983年度からは納税額を公示するようになった。

「税金をたくさん払っている=納税分だけ社会に貢献している」ことを明らかにして顕彰するといった肯定的な面もある。高額納税者の名簿が公示されると、報道機関が総合または職業別に順位をつけ、その高額納税者の一年間の社会的影響力を論評するようになっている。ワイドショーなどのテレビ番組や一部週刊誌でも取り上げられることがあり、とりわけ芸能人については納税額と(公表時点での)露出度のギャップ[1]が話題となることが多かった。

廃止の主な理由

犯罪抑止の観点

高額納税者の名簿はエリアごとに分け、住所・氏名まで掲載する形で市販されており、簡単に入手可能であり、大規模な図書館などでも閲覧可能となっていた。「税金をたくさん払っている=それだけ金を持っている」というサインになるため、高額納税者の名簿に載ったことによって、団体・企業からの寄附の強要や営業攻勢、勧誘などにさらされる、などの指摘があった。名簿では片仮名で氏名が公表されているものの、特に東京都や大阪府といった都市部の住民ではプロ野球選手、大企業の社長、芸能人など容易に「著名人」であることを推測できる名前が多く見受けられた。

高額納税者の名簿とは、すなわち「億万長者のリスト」でもあるため、格好な「誘拐候補者名簿」として納税者とその親族が窃盗・誘拐などの犯罪に巻き込まれる恐れもあり、実際に神戸では資産家家族が暴力団に殺害されたり、名簿に載っている人の多くの自宅に窃盗が入っているという指摘もあり、プライバシーの観点から廃止を求める声があがっていた。

公示逃れ

一方で、公示による前述のリスクを避けるために、緊急避難的にわざと公示逃れをする人もいた。これは、高額納税者の公示対象が「3月31日までに提出された申告書」に限られることから、所得税額が1,000万円を超えない所得で申告しておいて、4月1日以降に本来の税額で修正申告することで公示を逃れようとするものであった。

この方法では過少申告加算税や延滞税など余分な税金が追徴課税されるが、そのような余分な費用や手間をかけてでも「住所を公表されたくない」などの理由で利用することが多くなっていた。

しかし、マスメディアがこの公示逃れの横行を新聞に掲載したのを受けて、税務当局はそれまで自ら容認していたこの公示逃れを「脱税」と認定するようになってしまった。この税務当局の方針転換は、何が本当に問題なのか理解していないと批判された。

税務技術の普及

高額納税者の公示は「個人」(自然人)の「所得税」額を基準に行われていた。よって、当該個人が法人を設立し、オーナーである法人[2]に所得を留保・移転および当該法人を用いて親族に所得を分散することにより、節税や公示逃れを「合法的に」行うことが一般化したため、個人としての高額所得者を公示する意味が形骸化していたこともある。

個人情報保護法の全面施行と制度廃止

当初の目的であった「第三者のチェックによる脱税牽制効果」の意義が薄れているという指摘があることや、日本国政府による犯罪の助長になってしまっていること、2005年(平成17年)4月1日から個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)が全面施行されたことを受け、この制度は2006年(2005年度分)から廃止された。

その後は、関西テレビ「たかじん胸いっぱい」や一部の週刊誌では、過去の納税額をもとに(推定)年収ランキングを普通に行っているが、公的機関の所得納税額が公開されないため、公的資料を基にした年収は不明になった。なお、2009年に民主党政権が誕生し、当時の金融担当大臣亀井静香の意向で内閣府令が改正され、有価証券報告書に「年俸1億円以上を支給している企業役員」の個人名と報酬額の開示を義務づけることが2010年3月期から行われており、企業の役員報酬に限定ながらも、部分的に長者番付が復活している。

日本における長者番付上位一覧

年度1位 2位
1954年井植歳男
(三洋電機社長)
1億1381万円松下幸之助
(松下電器産業社長)
9510万円
1955年松下幸之助1億2056万円石橋正二郎
(ブリヂストン社長)
1億48万円
1956年松下幸之助1億8130万円井植歳男1億5283万円
1957年松下幸之助2億2011万円炭鉱組合代表1億7667万円
1958年松下幸之助2億3991万円藤山愛一郎
(外務大臣・
大日本製糖前会長)
1億3029万円
1959年松下幸之助2億5686万円出光佐三1億7855万円
1960年石橋正二郎3億896万円松下幸之助3億548万円
1961年松下幸之助3億5670万円鹿島守之助2億1490万円
1962年松下幸之助4億4000万円紡績会社首脳親族2億4600万円
1963年松下幸之助4億8434万円農機具メーカー首脳2億5441万円
1964年上原正吉
(大正製薬社長・
参議院議員)
5億4871万円松下幸之助4億9399万円
1965年上原正吉5億1731万円松下幸之助5億1472万円
1966年上原正吉6億9259万円松下幸之助5億2678万円
1967年大塚武三郎6億1315万円松下幸之助5億4369万円
1968年松下幸之助7億3612万円大塚武三郎6億973万円
1969年ゴルフ場開発会社首脳21億8015万円会社役員16億2669万円
1970年電極会社首脳15億3639万円村山長挙
(朝日新聞社社主)
12億1007万円
1971年精麦・不動産会社首脳38億9094万円造園会社首脳30億9494万円
1972年不動産開発業15億8783万円土木建設業14億5048万円
1973年材木会社首脳51億4404万円財団法人役員28億3143万円
1974年材木会社首脳35億299万円産婦人科医14億9325万円
1975年材木会社首脳37億6432万円運送会社首脳33億9585万円
1976年上原正吉16億9047万円着物帯製造8億6631万円
1977年上原正吉21億2365万円ホテル会社首脳12億7532万円
1978年不動産業22億7189万円上原正吉22億1589万円
1979年上原正吉20億970万円たばこ小売店主16億1786万円
1980年会社役員34億493万円上原正吉19億6683万円
1981年酒造業36億4292万円上原正吉20億3650万円
1982年是川銀蔵(相場師)28億9090万円会社役員22億1865万円
以後は納税額の公示
1983年製薬会社首脳55億9618万円是川銀蔵44億3665万円
1984年松下幸之助9億3080万円ホテル会社首脳8億3102万円
1985年金属会社首脳12億6853万円飲料会社元首脳11億3132万円
1986年無職15億8389万円旅館経営15億4003万円
1987年木材会社首脳21億1175万円無職15億1708万円
1988年貿易会社日本代表68億5404万円会社首脳33億5794万円
1989年不動産貸付32億3845万円証券会社首脳27億8041万円
1990年斎藤了英31億2844万円地方公務員27億7128万円
1991年無職41億3145万円不動産貸付33億6783万円
1992年江副浩正
(リクルート前会長)
39億6177万円自動車練習所元首脳23億9080万円
1993年武井保雄
(武富士社長・会長)
43億1847万円無職21億8899万円
1994年タクシー会社首脳48億8745万円ゲーム会社首脳17億7220万円
1995年吉原貞敏
(東京鐵鋼前名誉会長)
15億8481万円農業15億5840万円
1996年消費者金融会社首脳15億4599万円弁護士12億2781万円
1997年健康食品販売業33億2432万円不動産会社幹部13億5902万円
1998年消費者金融会社首脳69億7178万円不動産会社首脳27億7604万円
1999年遊戯会社首脳25億3711万円藤田田
(日本マクドナルド社長)
20億0490万円
2000年大塚正士
(大塚製薬元社長)
41億5829万円IT会社首脳18億8611万円
2001年自販機会社首脳68億4115万円大川功(CSK創業者)39億5368万円
2002年医薬品会社首脳17億0510万円健康食品販売業12億7083万円
2003年健康食品販売業11億4849万円化粧品会社首脳10億1439万円
2004年投資会社社員36億9238万円消費者金融会社元首脳12億0152万円

日本の富豪(2018年)

世界
ランク
日本
ランク
氏名純資産
(USドル)
職業年齢
391孫正義227億ソフトバンク株式会社代表取締役社長、創業者60
552柳井正とその一家195億株式会社ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長、株式会社ユニクロ代表取締役会長兼社長69
683滝崎武光175億株式会社キーエンス代表取締役会長、創業者72
2744森章とその一家63億株式会社森トラスト・ホールディングス代表取締役社長、森トラスト株式会社代表取締役社長81
3215永守重信56億日本電産代表取締役社長、創業者73
3346三木谷浩史55億楽天株式会社代表取締役会長兼社長、創業者52
3887高原慶一朗とその一家50億ユニ・チャーム株式会社代表取締役会長、創業者86
4808似鳥昭雄44億株式会社ニトリホールディングス代表取締役社長、創業者、株式会社ニトリ代表取締役社長74
5279重田康光とその一家41億株式会社光通信代表取締役会長兼CEO、創業者53
57210伊藤雅俊41億株式会社セブン&アイ・ホールディングス名誉会長93
82213前澤友作29億株式会社スタートトゥデイ創業者、代表取締役社長42

世界長者番付

世界長者番付は、アメリカの経済誌『フォーブス』が毎年3月に発表する世界の個人資産番付である。リストに掲載されている個人の純資産は文書化された資産と負債の会計に基づいて算出され、アメリカドルによって表記される。このランキングでは国における権力や支配的な地位によって富を所有している独裁者や王室などは除外されている。

Onebox Newsの報道によると2016年の世界長者番付の上位8人は世界の富のピラミッドの下位36億人と同等の富を保有している。

2018年世界長寿番付

上位20人の純資産合計額は1.2兆ドルを超えリスト全体の13%を占め、ビリオネア(億万長者)内での格差は拡大している。昨年から新たに165人がランクインしビリオネアの人数は2208人となった。ジェフ・ベゾスの純資産はアマゾンの株価の上昇により大幅に引き上げられ1120億ドルでビル・ゲイツを抜き初めて世界長者番付で世界でも最も豊かな人物となった。ベゾスは僅か1年で純資産を350億ドル以上増やし、1987年の統計開始以来最大の上昇幅となると共に史上初めての純資産1000億ドルを超えた人物となった。

ベゾス以前に最も1000億ドルに近づいたのは1999年のビル・ゲイツが記録した900億ドル。

順位氏名資産年齢国籍富の源
ジェフ・ベゾス1120億ドル 54 アメリカ合衆国Amazon.com
ビル・ゲイツ900億ドル 62 アメリカ合衆国マイクロソフト
ウォーレン・バフェット840億ドル 87 アメリカ合衆国バークシャー・ハサウェイ
ベルナール・アルノー720億ドル 69 フランスLVMH
マーク・ザッカーバーグ710億ドル 33 アメリカ合衆国Facebook
アマンシオ・オルテガ700億ドル 81 スペインインディテックス、ザラ
カルロス・スリム・ヘル671億ドル 78 メキシコアメリカ・モービル、カルソ・グループ
チャールズ・コーク600億ドル 82 アメリカ合衆国コーク・インダストリーズ
デイビッド・コーク600億ドル 77 アメリカ合衆国コーク・インダストリーズ
10 ラリー・エリソン585億ドル 73 アメリカ合衆国オラクル

芸能人ランキング

タレントの年収ランキング3位:タモリさん

/推定年収:9億9,000万円

さすが『お笑いBIG3』

さすが『お笑いBIG3』

タモリさんも、テレビ番組出演のギャラ単価が200~300万円、さらに、CM出演料は1本1億円といわれ、ビートたけしさんや明石家さんまさんと同じように、芸能人では最高ランクです。

メイン司会者として出演していたフジテレビの長寿番組『笑っていいとも!』が2014年に終了しましたが、それでもこの年収って凄いです。

ビートたけしさんや明石家さんまさんと並んで、『お笑いBIG3』といわれるゆえんですね。

出典:http://明日の話題速報.com

タレントの年収ランキング2位:明石家さんまさん

/推定年収:11億5,000万円

CM出演料は1本1億円!?

CM出演料は1本1億円!?

『お笑い怪獣』と称される明石家さんまさんですが、テレビ番組出演のギャラ単価が200~300万円、さらに、CM出演料は1本1億円といわれ、ビートたけしさんと同じように芸能人では最高ランクです。

よしもとクリエイティブエージェンシー所属の明石家さんまさんですが、節税のため「オフィス事務所」という個人事務所を設立しています。仕事の受注や出演料の管理などはこの個人事務所でおこなっているとのこと。

これだけ稼いでいると、大竹しのぶさんと離婚したときの慰謝料はいくら払ったのか、金額が気になりますね。

タレントの年収ランキング1位:ビートたけしさん

/推定年収:15億8,000万円

芸能人では最高ランクのギャラ

芸能人では最高ランクのギャラ

お笑いタレントとしての活動だけではなく、映画監督や構成作家としても活動しているビートたけしさん。

テレビ番組出演のギャラ単価が、200~300万円といわれていて、芸能人では最高ランクといわれています。

さらに、CM出演料は1本1億円といわれ、こちらも芸能人では最高ランクです。それに加えて、映画関係のギャラや印税が入りますので、ついこれくらいの金額になるかな?って思ってしまいますね。

ビートたけし

たけし軍団の誰かが引っ越しするとき
「引っ越し祝いは何がいい?」
とたけしに聞かれて
「洗濯機が欲しいです!」と言ったら、後日引っ越し先にタライと洗濯板が届いた
「これはたけしさんにやられたなw」と思いつつタライの裏を見たら百万円入った封筒が入っていて
「コレでいい洗濯機買え!」と手紙が入っていたそうな

ある朝の生放送のワイドショーで、浅草にある老舗定食屋が紹介された。その店には、浅草で修行をした多くの芸人さんたちが店を訪れた際に書いたサインがたくさん飾られていて、レポーターも「こんな方が来ているんですね~」と、何人かの大御所芸人のサインを紹介。ところが、ぎっしり並ぶサインの中で、一番見やすい場所が、ちょうど色紙1枚分ポッカリ空いていた。レポーターが主人に「どうしてここが空いているんですか?」と聞くと、「ここは、たけちゃんのサインを飾りたくてとってあるんだ」とのこと。浅草出身芸人の代表格でもある、ビートたけしのサインをいつか飾りたいと、ご主人はずっとその場所を空けているのだとか。それから数時間後。生放送が無事に終わり、昼過ぎから、いつも通りの営業をしていた定食屋のドアがガラっと空き、ふらりと入ってきたのがなんとビートたけし。驚く主人にひとこと、「どこにサインを書けばいいの?」と声をかけた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました