5/4緊急事態宣言延長・学校再開は?

春、暖かくなって桜が咲くと、思わずイメージしてしまうのは入学式や新学期。「春」といえば、私たち日本人にとっては新生活の始まるドキドキ・ワクワクの季節だ。だが、この「4月が新学期」という習慣は世界の中ではかなり珍しいものだということ、皆さんはご存知だろうか?

欧米をはじめ、海外の多くの国は「9月が新学期」。秋に新学期がスタートするのが世界のスタンダードなのだ。

9月入学「賛成」54%…読売世論調査

読売新聞社が8~10日に実施した全国世論調査で、新型コロナウイルスの感染拡大による学校休校の長期化を受け、政府が検討している9月入学・始業に「賛成」は54%と半数を超えた。「反対」は34%だった。

 感染対策を重点的に行う東京や大阪など13の特定警戒都道府県に限ると、平均は「賛成」59%、「反対」32%。それ以外の34県の平均は「賛成」47%、「反対」37%と差がみられた。

 学校の休校長期化で、児童や生徒の学力が低下する不安を「感じる」と答えた人は全体で81%に達した。

かつての日本は9月に新学期が始まっていた

今でこそ日本では当たり前の「4月に新学期」だが、初めからそうだったわけではないという。

江戸時代には、学ぶ場所として、寺子屋・藩校・私塾などがあったが、「春に入学しなければいけない」などという縛りはなく、いつでも好きなときに入学することができた。

たしかに、当時は子どもたちも大切な働き手だった時代だ。いっせいに新学期というのはなかなか難しかったのかもしれない。

明治維新で西洋の文化が入ってくるようになると、教育にも西洋の制度が導入されて「9月に新学期」が始まるようになった。だがこの「9月に新学期」は長くは続かず、明治19年にはすぐに変更されてしまうことになるのだ。

新学期が4月からなのは徴兵に生徒を取られないため

日本の学校制度が始まったのは明治初期の1872年だ。実は、当時は欧米に合わせて9月を年度初めとしていた。

9月入学の制度が見直されたのは徴兵令の改正がきっかけ。1986年12月から、徴兵対象者の届け出期日が9月1日から4月1日に変更となったのだ。

徴兵が前倒しになったことで、優秀な人材が徴兵にとられてしまうことを危惧した学校側は、入学時期を4月に早めることを決定した。

まず、教員養成機関である高等師範学校が1986年にはじめて4月入学制を採用した。すると他の小学校や帝国大学など多くの学校がそれに続き、4月入学が主流となっていった。

なぜ4月に新学期が始まるようになった?

なぜ入学時期を4月に変更したのか?
さて、ここでひとつ疑問が生じる。「なぜ4月にしたのか?」だ。徴兵に学生をとられないために入学時期を早めたのは分かるが、それなら1月や3月など、もっと早めたほうがいいのでないかと。

これには国の会計年度が大きく関係している。学制がはじまった時を同じくして、国の会計年度の変更が行われた。それまでは7月~翌年の6月までを区切りとしていたが、4月~翌年3月に切り替わったのだ。

その後、高校や大学など他の学校もだんだん「4月に新学期」を取り入れるようになり、徐々にそれが一般的になっていった。

教育に1番いいからと新学期の時期が決まったのではなく、法律で会計年度が決まったから新学期の時期も都合のいいように変えられてしまったのか…。

5/4緊急事態宣言延長・学校再開は?

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う学校休校を受け、「9月入学・新学期」への制度移行を求める議論が熱を帯び始め、さらにそれに伴い新型コロナウイルス感染拡大による休校長期化を受け、「9月入学」の実現に向け具体的な検討作業に入った。休校に伴う学習の遅れや教育格差の解消に加え、秋入学が主流の海外にあわせることで留学をしやすくするなどの効果もあります。
9月入学でどのようになるのか、まとめてみました。

各国の公的教育機関の学校年度

  • 1月 シンガポール、マレーシア、バングラデシュ、南アフリカ
  • 2月 オーストラリア、ニュージーランド、ブラジル
  • 3月 韓国、アフガニスタン、アルゼンチン、ペルー、チリ
  • 4月 日本、インド、パキスタン
  • 5月 タイ
  • 6月 フィリピン、ミャンマー
  • 7月 米国
  • 8月 スイス、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランド、台湾、ヨルダン
  • 9月 英国、アイルランド、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ポルトガル、オランダ、ベルギー、ギリシア、ロシア、カナダ、メキシコ、キューバ、中国、インドネシア、ベトナム、イラン、トルコ、サウジアラビア、エチオピア、ナイジェリア
  • 10月 エジプト、カンボジア

アメリカ合衆国
州により違いはありますが、3学期制を採用し夏休みが約3ヶ月あるのが特徴。

中華人民共和国
2学期制を採用しており、冬休み1ヶ月、夏休み2ヶ月弱となっている。

9月入学のメリット

  • 9月入学・新年度案学習遅れ解消もメリットやデメリット(5/1更新)
  • 新型コロナウイルスの影響を夏休み終了まで伸ばせる。
  • 新型コロナウイルスで休校になった分の遅れを取り戻す必要がない。
  • 海外との入学、卒業タイミングが合わせやすくなり、学生の人材交流をさらに促せる。
  • 入試時期が4月から7月頃にでき、大雪といった気象条件やインフルエンザといった病気に左右されづらくなる。

メリットを上げてみると、新型コロナウイルスの影響を最小限に抑えることが一番大きそうです。

9月入学にすることで、休校になった分の時間をしっかりとれることや、夏休みまで休校にできることで学習の遅れから無理に学校を再開する必要もありません。

9月入学のデメリット

  • 9月入学・新年度案学習遅れ解消もメリットやデメリット(5/1更新)
  • 現在学童や学生の支払う学費は半年分増える
  • 学年分けが変わる
  • 入試、就職活動、就職の時期が変わる
  • 移行期間に1学年で4月2日から翌年9月1日までの17ヶ月分の間に生まれた子供が同学年になる
  • 法律の改正や手続きに時間がかかる
  • etc.

実際に9月入学に変更するためには制度の見直し、改正が必要になります。これをスピード感持ってやれるのかが大きな問題です。

社会的にインパクトも大きい問題なため、学校や社会のシステムをどう変えるかは議論が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました