日本の変な地名

地域 / 国 / 外国

兵庫県淡路島、ここに南あわじ市市市という地名が存在する。これは誤字などではなく「南あわじ市市市」というれっきとした地名である。

読み方は「みなみあわじしいちいち」。最後の2つの“市”は「いちいち」と読み、南あわじ市の市市という地名を表している。

南あわじ市市市(みなみあわじしいちいち)の誕生には4つの町の合併が由来している

南あわじ市市市の誕生

現在のように市が3つ並ぶようになったのは、平成17年の市町村合併に由来している。その当時、南あわじ市は三原町・緑町・西淡町・南淡町の4つの町で構成されていたが、いわゆる平成の大合併の流れに乗る形で合併し、南あわじ市という地名になった。

かつての三原町周辺の地域にはもともと“市(いち)”という字がつく地名が多く、市新・市青木・市福永などなど、“市”がつく地名は10も存在している。その中の一つが「市市」であった。

つまり、合併する前は「三原町市市」だったのだが、合併したことにより「南あわじ市市市」と、“市”が3つ並ぶようになってしまったのである。

大町町大町上大町(おおまちまちおおまちかみおおまち)

なんだかひどく慌てているような地名だが、これは佐賀県杵島郡(きしまぐん)に実在する地名である。この地域もかつては村であった「大町村大町上大町」が町へと昇格したことからこの地名となっている。村から町になったことで珍地名の存在感がぐっと増している。

志布志市志布志町志布志(しぶしししぶしちょうしぶし)

こちらはもう呪文のような字面だが、これも実在する地名のひとつ。鹿児島県にある志布志市も、もとは志布志町であったものが平成の大合併により市へ変わり、志布志市となったことでさらに珍名度を増した。

このように合併によって村から町へ、町から市へ変貌を遂げたことで珍名度を上げた地域は多数存在し、合併による副産物となっている。

しかし、こういった字が重なるような地名のほかにもシンプルに珍しい地名も存在する。

東京には”とうきょう”以外の呼び方があった。

これは、「東京」の場合も同じである。かつて、実際に呼ばれていた「東京」のもうひとつの読み方を答えよと言われたら、あなたは解答できるだろうか。

現在は「とうきょう」という呼び方が当たり前になっているが、明治20年代までは、じつは「東京」にはもうひとつの読み方があったのだ。この記事では、明治20年代まで実際に呼ばれていた「東京」の読み方を雑学としてご紹介する。

「東京」には2通りの読み方があった

現在では、当たり前のように広がっている「とうきょう」。じつは、明治20年代までは「東京」には、「とうきょう」のほかに、別の読み方が存在していた。

それは、「とうけい」という読み方である。

「東京」という語句は、読んで字のごとく、「東にある都」と書く。この語句は、古代・中国の首都を指す言葉に用いられた点にルーツをもっている。

たとえば、語句の後ろに付く「京」には、「きょう」のほかに「けい」という読み方がある。「けい」とは、中国・唐の時代の長安という地方で用いられた発音とされる「漢音」読みである。

この読み方は、中国へ渡った遣唐使や留学生などによって奈良時代・平安初期に日本に入ってきたとされており、おもに朝廷や学者に用いられることが多かったという。

いっぽう「きょう」は、「呉音(ごおん)」と呼ばれる読み方とされており、遣唐使によって「漢音」がもたらされる以前から、日本に伝わったとされる古代中国の南部「呉」地方を発祥とする。「呉音」は僧侶によって多く用いられたという。

「女の都」

長崎県長崎市には「女の都」という地名がある。さて、この地名は何と読むかお分かりだろうか。そのまま「おんなのみやこ」と読んでしまいたくなるが、もちろんこれは不正解。おんなのみやこと読むのではない。

正解は「めのと」

「女の都」は、長崎市北部に位置する、丘陵地を切り開いて造成された新興住宅地で、集合住宅や一軒家などが密集している地域だという。

なおこの地名は、平家の血をひく女性が落ち延びた地だったことに由来があるとされる。初めてこの地を訪れた人にとっては、大変にインパクトがある地名であることには間違いない。

浮気町

滋賀県守山市の南東部と栗東市にはさまれた地域に「浮気町」という町がある。さて、この町名を何と読むか。

正解は「ふけちょう」である。

浮気町はJR守山駅に近く、近年は高層住宅が林立し、急成長している町として知られている。また、野洲川の伏流水が湧き出す土地であり、ゲンジボタルの生息地としても有名だ。

決して「うわき町」と読むのではない。地名の由来は、湿地帯で水が多く、そのため空気中に含まれる水分が多いことから名付けられた地名とされる。またこの地は、北条氏の家臣である浮気氏の本城「浮気城」があったところでもある。

難読!シンプルに珍しい地名

歴史背景などから北海道や沖縄など、外国の干渉があった地域には珍しい読みの地名が多く、また、方言などが発達している地域にも読み方が特殊な地名が多い。

重蘭窮(ちぷらんけうし)

北海道釧路市にある地名。思った通りこの周辺にはアイヌ語を由来とした地名が多く、当て字のようになっていて、地元の人でなければ読めないようなものばかり。

於尋麻布(おたずねまっぷ)

こちらも北海道羅臼町にある地名。同じくアイヌ語を由来とした秘密道具のような地名だ。

凸清水(でこしみず)

愛知県阿久比町にある地名なのだが、凸が地名として使われていることには驚きだ。そもそも凸が漢字であることを知っている人はどれだけいるのだろうか。

凹清水(へこしみず)

やはりというべきなのか、凸があれば凹もあるということで、この珍地名をピックアップ。

熊野(いや)

和歌山県御坊市にある地名。どっからどう読んでも“くまの”だが。どう読めというのか…

凹原(ひっこんぱら)

再び登場の凹。もしかして、結構あるのか? 調べたところ、凹清水・凹原を含めて9つもの凹地名が存在した。結構あった。ちなみに凸の方も調べたが、こちらは前述の凸清水以外は存在せず、凸凹は1セットではないようだ。

城辺保良(ぐずくべぼら)

怪獣のような地名は沖縄県宮古島市の地名。シンプルに読めない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました