聖バレンタインデー(2月14日)

年 / 月 / 日 / 曜日

西暦269年のこの日、兵士の自由結婚禁止政策に反対したバレンタイン司教が、時のローマ皇帝の迫害により処刑された。それから、この日がバレンタイン司教の記念日としてキリスト教の行事に加えられ、恋人たちの愛の誓いの日になった。

ヨーロッパでは、この日を「愛の日」として花やケーキ、カード等を贈る風習がある。

女性が男性にチョコレートを贈る習慣は日本独自のもので、1958(昭和33)年にメリーチョコレートカムパニーが行った新宿・伊勢丹でのチョコレートセールが始りである。1年目は3日間で3枚、170円しか売れなかったが、現在ではチョコレートの年間消費量の4分の1がこの日に消費されると言われるほどの国民的行事となった。

一箇月後の「ホワイトデー」に返礼のプレゼントをする。

他の2月14日の記念日

チョコレートの日

バレンタインデーの相乗り。

日本チョコレート・ココア協会が制定したが、現在では何も実施していない。

ネクタイの日

バレンタインデーの相乗り。

ふんどしの日

日本ふんどし協会が2011年に制定。「ふん(2)ど(十)し(4)」の語呂合せ。

なぜ2.14が『ふんどしの日』なのか?

1(ひぃ)2(ふぅ)3(みぃ)、、、10(とぉう)4(しぃ)、、、と語呂合わせで読めることから、2(ふん)月14(どし)日を『ふんどしの日』と決定しました。

たまたまバレンタインデーと同じ日になりました。(※「ふんどしの奇跡」と呼んでいます。)

世間一般的には、2.14は「愛する男性にチョコレートを渡す日」ですが、日本ふんどし協会は【愛する人にふんどしを渡す日】を浸透させたいと考えています。

ふんどしについて

「ふんどし」は、日本の伝統的な下着である。同様のものは世界各地に見られる。「ふんどし」の漢字「褌」は「衣」偏に「軍」と書くように、戦闘服に由来する。

昔は布が高価であったことから、戦国時代では戦死者の身分は褌の有無で見分けを行っていた。当時は麻が主流であったが、江戸時代に入り木綿に代わり、武士の他に一般庶民にも普及するようになった。

第二次世界大戦までは日本人成人男性の主な下着となっていたが、第二次世界大戦後、洋装化が進んだことや、ブリーフ、トランクスなどの新しい下着が出現したことで、急速に廃れてしまった。

「褌」を使った慣用句として、「十分に気持ちを引き締めて事に当たる」という意味の「褌を締めてかかる」、「他人の物を利用して自分の事に役立てる」という意味の「人の褌で相撲を取る」などがある。

煮干の日

全国煮干協会が1994(平成6)年5月に制定。

「に(2)ぼ(1=棒)し(4)」の語呂合せ。

当初は制定しただけで広報やイベントなどは何もしていなかったが、2004(平成16)年にあるラジオ番組で紹介されたことで反響を呼んだ。

そんな栄養価の高いおいしい煮干しのための煮干しの日ですが、どうもネット上を色々調べていくとアンチバレンタイン派に支持されている記念日になっているようです。甘いチョコより実直な煮干し。

多様化するバレンタイン

「本命チョコ」「義理チョコ」は今年も定番
 まずは皆さんご存知の「本命チョコ」。女性が想いを寄せる男性に愛の告白として贈るチョコレートのことで、バレンタインチョコの定番中の定番です。恋人ではない、普通の友人男性へのプレゼントとして贈られる「義理チョコ」に比べると、「本命チョコ」は高級なブランド品だったり、手作りだったりする事が多いようですね。今年も気になる男性のハートを掴む為、数多くの女性が「本命チョコ」を贈るに違いありません。

今や主流(?)の「友チョコ」も、女性にとっては楽じゃない
 最近では「本命チョコ」より需要が多いとも言われるのが、同性同士(主に女性間)で贈り合う「友チョコ」。もっとも、用意しなければならないチョコの数がとんでもなく増える上に、友人同士の女子力の競い合いになったりして「ちょっと面倒くさい習慣」と思っている女性も多いのだとか。

 その他、男性が好きな女性への気持ちの告白として贈るのチョコレートを「逆チョコ」、家族に贈るチョコレートを「ファミチョコ」と呼ぶのだそうです。

折角だから自分も食べたい!「マイチョコ」「俺チョコ」派も増加中
 自分で自分の為に買うチョコレートが「マイチョコ」。「自己チョコ」「自分チョコ」とも呼ばれ、普段食べられないようなブランドのチョコを自分で楽しむ方も多いようです。男性が自分の為に買う場合は「俺チョコ」と呼ばれています。

 今や、様々な愛の形が認められるようになりつつある時代。同性への愛情の証や告白に贈るチョコは、女性から女性に贈るものを「百合チョコ」、男性から男性に贈るものを「ホモチョコ」と呼ぶそうです。

この他にも、会社の男性に贈る「社交チョコ」(シャコチョコ)、お世話になっている人に贈る「世話チョコ」、「芸能人」にファンが贈る「ファンチョコ」などなど、現代はバレンタインチョコと言っても実に様々なものがあり、今後も更に種類が増えていくものと思われます。

愛の日は他にもある

  • ホワイトデー 3月14日
  • オレンジデー 4月14日
  • メイストームデー(5月の嵐の日) 5月13日
  • 恋人の日 6月12日
  • サマーバレンタイン 7月7日
  • セプテンバーバレンタイン・メンズバレンタイン 9月14日
  • 恋人達の日(くつしたの日) 11月11日
  • ダズンローズデー 12月12日
  • 遠距離恋愛の日 12月21日

ホワイトデー 3月14日

2月14日のバレンタインデーにチョコレートを贈られた男性が、返礼のプレゼントをする日。バレンタインデーのチョコレートに対しキャンデーやマシュマロをお返しするのが一般的になっている。

日本でバレンタインデーが定着するにしたがって、若い世代の間でそれにお返しをしようという風潮が生まれた。これを受けたお菓子業界では昭和50年代に入ってから、個々に独自の日を定めて、マシュマロやクッキー、キャンデー等を「お返しの贈り物」として宣伝販売するようになった。

この動きをキャンデーの販売促進に結びつけ、全国飴菓子工業協同組合(全飴協)関東地区部会が「ホワイトデー」として催事化した。そして1978(昭和53)年、全飴協の総会で「キャンデーを贈る日」として制定され、2年の準備期間を経て1980(昭和55)年に第1回のホワイトデーが開催された。

ホワイトデーを3月14日に定めたのは、269年2月14日、兵士の自由結婚禁止政策にそむいて結婚しようとした男女を救う為、バレンタイン司教が殉教し、その一箇月後の3月14日に、その2人は改めて二人の永遠の愛を誓い合ったと言われていることに由来する。

オレンジデー 4月14日

愛媛県の柑橘類生産農家が1994年に制定。

2月14日の「バレンタインデー」で愛を告白し、3月14日の「ホワイトデー」でその返礼をした後で、その二人の愛情を確かなものとする日。オレンジ(またはオレンジ色のプレゼント)を持って相手を訪問する。

欧米では、オレンジが多産であることから繁栄のシンボルとされ、花嫁がオレンジの花を飾る風習があり、オレンジは結婚と関係の深いものとなっている。

メイストームデー(5月の嵐の日) 5月13日

「バレンタインデー」から88日目、「八十八夜の別れ霜」ということで、別れ話を切り出すのに最適とされる日。

2月14日の「バレンタインデー」、3月14日の「ホワイトデー」、4月14日の「オレンジデー」と、14日あたりは恋人に関連した記念日が続く。これを乗り切れば、6月12日には「恋人の日」が待っている。

恋人の日 6月12日

全国額縁組合連合会が1988年から実施。

ブラジル・サンパウロ地方では、縁結びの聖人アントニウスが歿した前日の6月12日を「恋人の日」として、恋人同士が写真立てに写真を入れ交換しあう風習があることから。

サマーバレンタイン 7月7日

昭和61年にサマーバレンタイン実行委員会が「制定」し、メリーチョコレートカムパニーが2010年から、7月7日を「サマーバレンタインデー」として、日本記念日協会に申請し、平成22年3月に登録された。同年に20回を迎えた西日本食品産業創造展では、3回目となるサマーバレンタインフェスタが開かれ、東日本大震災のあった平成23年には、兵庫県三田市のサマーバレンタイデーに合わせて行われた洋菓子のイラストコンテストで、被災地復興を願ったケーキが受賞し販売されるなどしている。

また、チョコレート・洋菓子以外にも、7月初旬から8月中旬にかけてさまざまな製品が販売され、福岡市の百貨店では七夕にちなんだ太巻きが販売されたり、生花業界ではサマーバレンタインのプレゼントにヒマワリを提案したりしている。

セプテンバーバレンタイン・メンズバレンタイン 9月14日

メンズバレンタインデー

日本ボディファッション協会が1991年に制定。
男性から女性に下着を送って愛を告白する日。
同協会では現在は特に行事などを実施していない。

セプテンバーバレンタイン

3月14日のホワイトデーから半年目で、女性から別れを切り出す日。

TBSラジオの深夜番組「パック・イン・ミュージック」が発祥で、紫色の物を身に附け、白いマニキュアを塗り、緑のインクで書いた別れの手紙を直接手渡すという。

恋人達の日(くつしたの日) 11月11日

日本靴下協会が1993(平成5)年に制定。

靴下を2足並べた時の形が11 11に見えることから。

1年で1度同じ数字のペアが重なる日であることから、恋人同士で靴下を贈り合おうと呼びかけている。

ダズンローズデー 12月12日

ブライダルファッションの第一人者である桂由美さんと内田和子さんが提唱。

12本の薔薇を愛情の印として恋人に贈る日。

ダズンローズとは、12本のバラを贈る演出方法のことです。 12本のバラには、ひとつひとつ違った意味があり、それぞれ「感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠」という意味が込められているのだそうです。

遠距離恋愛の日 12月21日

FM長野の大岩堅一アナウンサーが提唱。
「1221」の両側の1が1人を、中の2が近附いた2人を表す。
遠距離恋愛中の恋人同士が、クリスマス前に会ってお互いの愛を確かめあう日。

コメント

タイトルとURLをコピーしました