全国学校給食週間(1月24日~1月30日/12月24日)

我が国における学校給食は、明治22年に始まって以来、各地に広がっていきましたが、戦争の影響などによって中断されました。
戦後、食糧難による児童の栄養状態の悪化を背景に学校給食の再開を求める国民の声が高まるようになり、昭和21年6月に米国のLARA(Licensed Agencies for Relief in Asia:アジア救済公認団体)から、給食用物資の寄贈を受けて、昭和22年1月から学校給食が再開(「学校給食実施の普及奨励について」昭和21年12月11日文部、厚生、農林三省次官通達)されました。
同年12月24日に、東京都内の小学校でLARAからの給食用物資の贈呈式が行われ、 それ以来、この日を学校給食感謝の日と定めました。昭和25年度から、学校給食による教育効果を促進する観点から、冬季休業と重ならない1月24日から1月30日までの1週間を「学校給食週間」としました。
子供たちの食生活を取り巻く環境が大きく変化し、偏った栄養摂取、肥満傾向など、健康状態について懸念される点が多く見られる今日、学校給食は子供たちが食に関する正しい知識と望ましい食習慣を身に付けるために重要な役割を果たしています。
学校給食週間においては、このような学校給食の意義や役割について、児童生徒や教職員、保護者や地域住民の理解を深め関心を高めるため、全国で様々な行事が行われます。

学校給食の始まり

国家が学校給食に補助金を出すようになったのは1932年(昭和7年)に入ってからのことです。1923年(大正12年)の関東大震災や1929年(昭和4年)の世界恐慌を経て、日本経済は大変なダメージを受けます。不況の拡大に伴い「児童の貧困」が深刻な問題として浮かび上がったのです。

当時施行された訓令が「学校給食臨時施設方法」というもので、国庫から給食補助のために67万円が支出されました。67万円と聞くと少なく感じられますが、現代の貨幣価値に置き換えるとおおよそ16億円以上となります。

ただ、これでも全児童をカバーするのは到底不可能で、学校給食を受けられた児童は数%程度だったとされます。

汐文社から出版されている「ビジュアル版 学校の歴史1 学校生活編」によりますと『当時は給食を実施している学校は貧乏学校だといううわさも流され、学校給食は日陰の存在でした』(引用:同著47p)とのことで、まだまだ学校給食の普及にはほど遠い現状だったようです。

学校給食の献立はどのように決められているの?

日本の学校給食はいつから実施されているの?

学校給食の「安心・安全」はどのように守られているの?

学校給食年代別献立

給食雑学

給食でカレーが食べられるきっかけ

カレーライスが学校給食のメニューに登場したきっかけは、食糧事情の悪かった終戦直後の1948年(昭和23年)、連合国中では日本の友好国だったインドから大量にスパイスの提供を受けたことが関係している

食器に割れやすい陶磁器の利用が増えてきた理由

学校給食の食器が変わったのは犬食いが原因

昭和60年ころまでは軽くて丈夫だという事で、銀色のアルマイト食器が全国の学校で重宝されてきた。しかし、この食器がある社会問題を引き起こした

それが児童の犬食い問題

実はアルマイトは熱が伝わりやすく、汁物を入れると熱すぎて持てなくなるという弱点があった

その為、食器を机に置いたまま、前かがみになって食べる犬食いが全国で大発生

現在ではアルマイト食器を使っている小学校は全体の12%程度まで減少

代わって現在33%の学校が使っているのが陶磁器

陶磁器は落とせば割れてしまうが、これによって“物を大切に扱うこと”を学ぶのに役立っている

給食一食にかかるコストは約900円

学校給食の費用について文部科学省が調査を行ったところ、1食あたり約230〜270円、人件費や維持費を含めると1食あたり約900円にものぼることが分かった 。

新生銀行が全国2000人のサラリーマンを対象に’12年行ったアンケートによると、昼食にかける平均額は510円だったという。

コメント

タイトルとURLをコピーしました