ぜんざい

食べ物 / 飲食店

地域によって「ぜんざい」「おしるこ」の定義は違う

関西と関東のぜんざいの違いは?

関西のぜんざい

関西における「ぜんざい」とは、粒あんで作られた温かい汁物のことをいい、その中には餅や白玉が入っている。そう、私の思っていた通り、寒い時にフーフー言いながら食べて温まりたい大好きなやつである。

関東のぜんざい

関東における「ぜんざい」とは、餅や白玉に汁気のないあんこが添えられているものである。関西人の私からするとなんだか意外だが、関東の人からすれば、これが小さいころから当たり前なのだろう。

ちなみに関西にも「亀山」という、関東のぜんざいのような物があるのだが、やはり関西人の私にとってはぜんざいとおしるこは仲間。亀山は別のデザート。という気がしてしまう…。

北海道のぜんざい

北海道ではぜんざいとおしるこははっきりとは区別されていない。ただ、関西や関東と違うのは一部地域で餅の代わりにカボチャを入れたものがあるということだ。

米の収穫が難しいときに代用したのが始まりらしいが、なるほどこれはなかなか美味しそうである。

沖縄のぜんざい

これは知っている人もいるかもしれない「沖縄ぜんざい」だ。まず使っている豆が小豆ではなく金時豆なのだ。

そして何より違うのが沖縄で「ぜんざい」とはかき氷のことを言っているのである!さすが南国。そりゃあ暑い中、温かいぜんざいを食べようっていう気にはなかなかならないだろう。

ちなみに温かいぜんざいもあるにはあるらしく、なんとその名も「ホットぜんざい」と呼ばれている。

関西のおしるこ

ではちなみに、おしるこの場合はどうなのだろうか?関西では、こしあんで作った温かい汁物に餅や白玉を入れたものを「おしるこ」と呼んでいる。

粒あんなら「ぜんざい」。こしあんなら「おしるこ」。つまり関西では、粒あんなのか、こしあんなのかで「ぜんざい」なのか「おしるこ」なのか決まるというわけだ。

関東のおしるこ

では、関東ではどうだろうか?関東では、粒あんでもこしあんでも、汁気の多いあんこの中に餅が入っているものはすべておしること呼ばれている。

では粒あん・こしあんの区別が全くないのかというと、粒あんを「田舎汁粉」こしあんを「御前汁粉」と呼ぶというのだ。

ぜんざいの名付け親は一休さん!?

ぜんざい(善哉)とは元々「善きかな、素晴らしい」など、仏様が弟子たちをほめる時に使う言葉だったのだが、ある時に「餅の入った小豆の汁」を振る舞われた一休さんが、そのあまりの美味しさに感動して「善哉」と言ったのが始まりだそう。

もう一説には、出雲地方の神事で振る舞われた「神在餅(じんざいもち)」を由来とする説もあり、これは「じんざい」が「ぜんざい」に訛っていったらしい。どちらにしても神様仏様に関わっているのだから、これから「ぜんざい」を食べるときは、ありがたがって食べなければなるまい。

語源

「おしるこ」の語源

そもそもおしるこは、小豆あんを水でのばして砂糖を加えて煮て、その中に餅や団子を加えた料理です。特にこしあんを使う場合には、さらしあんを使ったようです。さらしあんとは、生のこしあんを加熱乾燥させて粉末状にしたものです。その“粉のあん”を使ったことから「汁粉」と呼ばれるようになったようです。

「ぜんざい」の語源

ぜんざいの語源には2つの説があります。

まず、ひとつめは「善哉(ぜんざい)」説。これは仏教用語である「善哉」を由来とする説です。「善哉」は「よきかな」とも読み、元々「すばらしい」を意味する言葉です。これを食べた僧侶が、あまりのおいしさに「善哉」と叫んだことからそう呼ばれるようになった、という説です。

次は出雲神社の「神在餅」説。出雲神社の神事において振る舞われた「神在餅(じんざいもち)」を由来とする説です。「神在餅」の「じんざい」がなまって「ぜんざい」へと変化したと考えられています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました