夫婦の日(毎月22日)

年 / 月 / 日 / 曜日

1月22日・今日は何の日?

●黙阿弥忌
近松門左衛門、鶴屋南北とともに、三大歌舞伎作者のひとりといわれる河竹黙阿弥の命日。

●カレーの日
1982年、全国学校栄養士協議会が学校給食開始35周年を記念して1月22日の給食のメニューをカレーにすることに決められ、この日、全国の小中学校で一斉にカレー給食が出された。

●ジャズの日
東京都内の老舗ジャズクラブのオーナーらによる「JAZZ DAY実行委員会」が2001年から実施。JAZZの”JA”がJanuary(1月)の先頭2文字であり、”ZZ”が”22″に似ていることから。

●飛行船の日
1916年1月22日に、初の国産飛行船である陸軍の「雄飛号」が所沢~大阪間で実験飛行を行ったことに由来。

1月22日・過去の出来事

2003年1月22日、太陽系外へ向け飛行中の宇宙探査機「パイオニア10号」との通信が、この日の信号を最後に途絶。
1986年1月22日、渡辺美里「My Revolution」リリース。
1981年1月22日、佐賀替え玉保険金殺人事件。
1970年1月22日、ボーイング747「ジャンボジェット」がパンアメリカン航空のニューヨーク-ロンドン線で初就航。
1916年1月22日、初の国産飛行船である陸軍の「雄飛(ゆうひ)号」が所沢~大阪間で実験飛行。

1月22日生まれの有名人

1977年、中田英寿 元サッカー選手
1948年、たかの友梨 エステティシャン、美容研究家
1947年、星野仙一 プロ野球選手、プロ野球監督
1941年、りんたろう アニメーション監督
1561年、フランシス・ベーコン 哲学者(+ 1626年)

りん たろうは、日本のアニメーション監督である。東京都出身。マッドハウス所属。日本映画監督協会会員。京都精華大学マンガ学部客員教授。「りん・たろう」と中点付きでクレジットされることもある。 日本アニメ黎明期から関わる。代表作は『銀河鉄道999』『メトロポリス』など。長弟はアニメーター、アニメーション演出家の林政行。

フランシス・ベーコンは、アイルランド生まれのイギリス人画家。抽象絵画が全盛となった第二次世界大戦後の美術界において、具象絵画にこだわり続けた。20世紀最も重要な画家の一人とされ、現代美術に多大な影響を与えた。

夫婦の日

「毎月22日以外にも、夫婦にまつわる記念日ってあるの?」と思ったあなた。

そのとおり、実は22日「夫婦の日」以外にも、夫婦に関係したゴロ合わせの日がいくつかあるんです。

4月22日:よい夫婦の日

1994年に国連が発表した「国際家族年」をきっかけに、講談社が4月22日を「よい夫婦の日」として提唱した記念日です。

ひなまつり(3月3日)・こどもの日(5月5日)・母の日(5月第2日曜)・父の日(6月第2日曜)のちょうど間にくるので、一年の中にまんべんなくメモリアルデーを作りたい人にもおすすめ。

11月23日:いい夫妻の日

11月23日は勤労感謝の日ですが、そのゴロ合わせから「いい夫妻の日」でもあります。

毎年確実に休日なので、記念日はお休みがいい!という人におすすめです。

2月2日:夫婦の日

ふう(2)ふ(2)というゴロ合わせから、1987年に2月2日が「夫婦の日」と制定されました。制定者は、株式会社OS司会センターの末広幸子さん。

「こどもの日」や「敬老の日」はあるのに、どうして「夫婦の日」はないの?という声がきっかけで誕生したそうですよ。

1月31日:愛妻の日

1月31日は、1をアルファベットの「I(アイ)」と読んで、「愛妻の日」とされています。

「妻を大切にする人が増えれば世界はもっと豊かになるのでは」という想いから、日本愛妻家協会によって制定されました。

結婚記念日に人気の語呂合わせ日

1月8日:一番ハッピーの日

1月8日は「一番ハッピー」というゴロ合わせということで、まさに幸せいっぱいのふたりにピッタリ! 

「いつもハッピー」とも読めます。

1月23日:ワン・ツー・スリーの日

123で「ワンツースリー」と読むゴロ合わせ。

リズミカルに新しい生活へとジャンプしていける、幸先の良いイメージです。

2月9日:福の日

「ふ(2)く(9)」というゴロ合わせから、「福の日」である2月9日。

同様に「服の日」でもあるので、毎年洋服を贈り合うというアイデアもおすすめです。また、「に(2)く(9)の日」ということで、おいしいお肉をディナーで食べに行く、という過ごし方も楽しいかもしれませんよ。

2月11日:ふたり一緒に生きていこうの日

少し長いゴロ合わせですが、「ふたり(2)いっしょに(1)生きていこう(1)」という、プロポーズのセリフにもピッタリの日。

建国記念日として祝日なので、毎年記念日を休日として過ごせるメリットもあります。

3月3日:結納の日

3月3日は、「三三九度(主に神前式で行われる儀式)」の音から、全国結納品組合連合会によって「結納の日」と制定されました。

桃の節句でもあるので、将来子どもが生まれたら一緒にお祝いできますね。

3月9日:感謝の日

3月9日は「サン(3)キュー(9):Thank you」のゴロ合わせから、「感謝の日」とされています。

普段恥ずかしくて伝えられない感謝の気持ちをパートナーに伝える、良いきっかけになりそうです。

4月29日:至福の日

「し(4)ふく(29)」で「至福の日」という、なんとも幸せなゴロ合わせの日。「昭和の日」として祝日でもあります。

5月23日:キスの日・ラブレターの日

5月23日は、日本で初めてキスシーンが登場する映画が公開されたことから、「キスの日」に制定されています。

また、「こい(5)ぶ(2)み(3)」というゴロ合わせと、映画「ラブ・レター」の公開初日だったことから、「ラブレターの日」としても知られています。

5月29日:幸福の日

「こう(5)ふ(2)く(9)」というゴロ合わせから、グリーティングカードなどを販売する株式会社ヒューモニーが「幸福の日」と制定した記念日です。

8月8日:ハハ!(笑い)の日

「は(8)は(8)」という笑い声のゴロ合わせによって、日本不老協会が中心となって発足した「笑いの日を作る会」が制定した記念日。

この日を入籍日にすれば、笑いの絶えない家庭が築けるかも!

8月9日:ハグの日

「は(8)ぐ(9)」のゴロ合わせから、広島市の「ハグの会」が制定した記念日。

大切な人をぎゅっと抱きしめたくなる日です。

8月10日:ハートの日

「はー(8)と(10)」というゴロ合わせから、日本心臓財団と厚生労働省が制定した記念日。

本来は「健康面」を重視する意味合いがありますが、「ハート」は女性が大好きなマークであり、パートナーに愛情を伝える印となる日と言えるでしょう。

9月2日:靴の日

「く(9)つ(2)」のゴロ合わせから、婦人靴専門店「ダイアナ」が「靴の日」と制定しました。

「靴=ふたり一緒に歩いていこう」という意味合いがあります。

また、タレントのつるの剛士さん夫妻の結婚記念日としても知られていて、つるのさんご夫妻は、毎年この日にお互いの欲しい靴を贈り合っているそうですよ。

10月8日:永遠の日

「と(10)わ(8)」で10月8日は「永遠(とわ)の日」です。

永遠の愛を誓い合うのにピッタリに日ですね。

12月3日:ワン・ツー・スリーの日

12月3日は、1月23日と同様に「123」で「ワンツースリーの日」

また、凸版印刷が1995年に制定した、1年の最後の月である12月に1年間の労をねぎらって妻に感謝する(サンキュー:39)「妻の日」でもあります。

12月12日:ダズンローズデー

「ダズンローズ(12本の薔薇)」とは、男性が想いを寄せる女性に12の誓い(情熱・永遠・真実・栄光・誠実・感謝・努力・希望・尊敬・幸福・信頼・愛情)を込めて花束をプレゼントしたという伝説です。

結婚式のセレモニーとして取り入れたという人もいるのではないでしょうか?

その伝説になぞらえて、12月12日を「12本の薔薇を愛情の証としてパートナーに贈る日(=ダズンローズデー)」として、ブライダルファッションの第一人者・桂由美さんと内田和子さんによって提唱されました。

結婚式を盛り上げる!「ダズンローズ」演出法ってなに?

皆さんは「ダズンローズ」という言葉を聞いたことがありますか?ダズンローズとは最近の結婚式で増えつつある、12本のバラを贈る演出方法のことです。花嫁に贈られる12本のバラには、ひとつひとつ違った意味があり、それぞれ「感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠」という意味が込められているのだそうです。ダズンローズは「これらの全てをまとめて恋人に誓います」という意味を持つ、素敵な演出方法となっているのです。

ダズンローズの歴史

ダズンローズの歴史はかなり古く、中世ヨーロッパにまで遡ります。ある男性が恋人の家に向かう途中に咲いている花を使って花束を作りました。そして恋人の家にたどり着くと、その花束を渡してプロポーズをしたのです。すると女性は受け取った花束から一輪だけ花を抜き取り、男性の胸元に挿してプロポーズを承諾したといいます。ダズンローズという演出には、こんな素朴でロマンティックな由来があるといわれているのです。バラは「愛を表現する花」として今までに多くのカップルの縁を結んできました。そんな愛の象徴であるバラにあやかって、ダズンローズで幸せな結婚式を演出してみてはどうでしょうか。

ダズンローズの演出方法

ダズンローズを行う際は、参列してくれる出席者に事前にバラの花を1本ずつ持ってもらいます。そして新郎が入場するときに、出席者から1本ずつバラを受け取ってそれを花束にしていくのです。そのときに、それぞれの出席者に合ったバラを持ってもらえば、彼らにも挙式を楽しんでもらうことができますね。たとえば両親や恩師には「尊敬」や「感謝」のバラを、上司や同僚には「栄光」「努力」などバラを持ってもらいます。友人には「信頼」「希望」「情熱」「誠実」などのバラ、そして兄弟などには「真実」「幸福」「愛情」「永遠」のバラを持ってもらうと良いでしょう。そして12本集まったバラは壇上で新婦に手渡されます。新婦は受け取った12の言葉の中から、最も2人の関係性にふさわしい言葉を選び、抜き取ったバラを新郎の胸元に挿すのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました