人日の節句(1月7日)

年 / 月 / 日 / 曜日

五節句のひとつ。古来中国では、この日に7種類の野菜(七草)を入れた羹(あつもの)を食べる習慣があり、これが日本に伝わって七種粥となった。日本では平安時代から始められ、江戸時代より一般に定着した。

節句(せっく)は、古代中国の陰陽五行説を由来として日本に定着した暦。伝統的な年中行事を行う季節の節目(ふしめ)となる日。節供(せっく)、古くは節日(せちにち)とも。

この日には、日本の宮廷において節会(せちえ)と呼ばれる宴会が開かれた。年間にわたり様々な節句が存在しており、そのうちの5つを江戸時代に幕府が公的な行事・祝日として定めた。それが人日の節句、上巳の節句、端午の節句、七夕の節句、重陽の節句の五節句である。

「御節供」と呼ばれた節句料理はもともと五節句の祝儀料理すべてをいっていたが、のちに最も重要とされる人日の節句の正月料理を指すようになった。そして、今日では「おせち」として、正月三が日もしくは七日にかけての松の内の期間において食べるものを指すようになっている。ただ、今日でも人日の節句の七草粥など「節句料理」として残っているものがある。

節句に飾られる人形(雛人形、五月人形など)は、節句人形(せっくにんぎょう)とも称される。

漢名日付和名節句料理
人日
(じんじつ)
1月7日七草の節句七草粥。
上巳
(じょうし)
3月3日桃の節句・雛祭菱餅や白酒など。
端午
(たんご)
5月5日菖蒲の節句菖蒲酒。菖蒲湯の習俗あり。関東では柏餅、中国や関西ではちまき。
七夕
(しちせき)
7月7日七夕
(たなばた)
裁縫の上達を願い素麺が食される(織姫も参照)。
重陽
(ちょうよう)
9月9日菊の節句菊を浮かべた酒など(菊酒も参照)。

七種,七種粥

春の七種を刻んで入れた七種粥を作って、万病を除くおまじないとして食べる。

七種は、前日の夜、俎(まないた)に乗せ、囃し歌(はやしうた)を歌いながら包丁で叩き、当日の朝に粥に入れる。呪術的(じゅじゅつてき)な意味ばかりでなく、おせち料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能がある。

「春の七種」とは以下の7種類である。

名前現在の名前科名
芹(せり)芹(せり)セリ科
薺(なずな)なずな(別名・ぺんぺん草)アブラナ科
御形(ごぎょう)母子草(ははこぐさ)キク科
繁縷(はこべら)繁縷(はこべ)ナデシコ科
仏の座(ほとけのざ)田平子(たびらこ)(シソ科のホトケノザとは別のもの)キク科
菘(すずな)蕪(かぶ)アブラナ科
蘿蔔(すずしろ)大根(だいこん)アブラナ科

七草粥の漢字PDF

七草粥 の「春の七草」の言葉の意味

せり → 競り勝つ
なずな → 撫でて汚れを除く
ごぎょう → 仏体
はこべら → 繁栄がはびこる
ほとけのざ → 仏の安座
すずな → 神を呼ぶ鈴
すずしろ → 汚れのない清白

七草粥 の「春の七草」の栄養について

芹(せり)……水辺の山菜で香りがよく、食欲が増進。
薺(なずな)……別称はペンペン草。江戸時代にはポピュラーな食材でした。
御形(ごぎょう)……別称は母子草で、草餅の元祖。風邪予防や解熱に効果がある。
繁縷(はこべら)……目によいビタミンAが豊富で、腹痛の薬にもなった。
仏の座(ほとけのざ)……別称はタビラコ。タンポポに似ていて、食物繊維が豊富。
菘(すずな)……蕪(かぶ)のこと。ビタミンが豊富。
蘿蔔(すずしろ)……大根(だいこん)のこと。消化を助け、風邪の予防にもなる。

囃し歌(はやしうた)

七種は、前日の夜にまな板に乗せて囃し歌を歌いながら包丁で叩き、当日の朝に粥に入れる。囃し歌は鳥追い歌に由来するものであり、これは七種がゆの行事と、豊作を祈る行事が結び付いたものと考えられている。歌の歌詞は「七草なずな 唐土(とうど)の鳥が、日本の土地に、渡らぬ先に、合わせて、バタクサバタクサ」など地方により多少の違いがある。

七草ばやし/七草なずな/ わらべうた

元々は?

元々の「七草」は秋の七草を指し、小正月1月15日のものは「七種」と書く。この七種も「ななくさ」と読み、一般には7日正月のものを七草と書くなど、現在では元々の意味がわからなくなり、風習だけが形式として残った。これらの事から、人日の風習と小正月の風習が混ざり、1月7日に「七草粥」が食べられるようになったと考えられる。

平安時代は今とは七草の種類が違っていた

平安時代にも1月7日に粥を食べる慣習があったのですが、これは米(こめ)・粟(あわ)・稗(ひえ)・黍(きび)・胡麻(ごま)・小豆(あずき)・皇子(みのこ・水田雑草の1種のタネ)の7種類の穀物や豆類を粥に炊いて食べたもので、七種粥(ななくさがゆ)と呼ばれていました。発音は同じでも字と中身が違っていたのです。

地方による七草

地域内容
山形県天童市7種類の食材を入れた納豆汁 ゴボウ、ニンジン、こんにゃく、ずいき、油揚げ、豆腐、納豆
東京都品川区大崎七草のうち手に入るものを入れた粥に、白砂糖をかけて食べる
三重県伊賀市柘植町倉部手に入る野菜を入れた粥ダイコン、ニンジン、ゴボウ、ネギ、サトイモ、こんにゃく、ナズナ、ハコベなど
京都府福知山市大江町 手に入る七草を入れた粥 ナズナ、スズシロ、セリ
大阪府河内長野市滝畑七草と青菜と餅入りの赤味噌雑炊
兵庫県宍粟市千種町西河内七草雑炊。餅と野菜を入れた、醤油味の雑炊
沖縄県宮古島7種類の具の雑炊。冬至にも同じものを作る。 粟、米、豚肉、昆布、ニンジン、ネギ、煮干しの粉

コメント

タイトルとURLをコピーしました