プリンの日(5月25日/毎月25日)

5月25日はプリンの日だが、正確にいうと5月に限らず、毎月25日はプリンの日なのだ。25日をプリンの日と決めたのは乳製品で有名な「オハヨー乳業株式会社」。プリンを食べてにこっと笑顔になって欲しいという願いから、「ニッコリ=25」という語呂合わせで、25日をプリンの日として日本記念日協会に申請して認定された。

プリンの日が制定されたのは2010年なので、決まったのは比較的最近。この日をプリンの日としたのは、自社製品のアピールやプリンの普及促進という目的からだ。しかし、経緯はどうあれ折角の記念日。25日になったら自分へのご褒美に美味しいプリンを買うのも一興だ。

プリンの歴史

プリンの記念日が決まったのはそう昔のことではないが、プリン自体の歴史は古い。プリンが生まれたのは16世紀のイギリス。最初に作られたのは船の中だった。

当時、大航海時代に遅れて名乗りを上げたイギリスは、諸外国に後れをとるまいと世界中の海へ進出していた。その航海において食料の調達は最大の関心事だった。

一度海に出ると、次の上陸までは食料を手に入れることはできない。航海中は僅かな食料でも無駄にすることはできず、そこで船乗りが考案したのがプディング=プリンだ。

日本ではプリンと言えば、なめらかなカスタードプリンが主流だが、もともとのプディングは余った食材を寄せ集めたものに過ぎない。溶いた卵に、捨てるはずだった肉や野菜の余りなどを入れ、一緒に蒸して固めて作ったのがプディングだ。

それは船の上から陸にも伝わり、卵液にパンやフルーツ、ナッツを入れるなど、バリエーションも広がっていった。そのうちに何も入れずに卵液だけでプリンを作るようになり、18世紀以降にフランスでカスタードプリンが誕生した。これが現在私たちが日ごろ食べているプリンの前身である。

プリンが日本に伝わったのはいつ?

イギリスで生まれたプリンが海を越えて日本に伝わったのは、江戸時代から明治時代にかけて。19世紀後半の文献でプリンが伝わっていたことが確認されている。文明開化とともにプリンはレストランで出されるようになり、一般家庭に普及をしたのは戦後になってからだ。

各国のプリン

日本ではプリンと言えばもっぱらカスタードプリンが主流だ。プリンはバリエーションも豊富で、クレームブリュレ、かぼちゃプリン、マンゴープリン、牛乳プリンなど、趣向を凝らしたプリンが続々登場している。

ヨーロッパやアメリカでは、カスタードベースのムース状のものがプリンとして販売されていることが多い。また現在のイギリスではスポンジケーキにカスタードソースをかけたものがプリンとして食べられている。まさに所変われば品変わるで、プリンと聞いて連想するものは、国によって大きく異なる。
海外に行った際には、ぜひご当地のプリンも味わってみてはいかがだろうか。きっと新しいプリンの魅力に出会えるはずだ。

雑学

売上世界一のプリンとは

「プッチンプリン」が世界一売れているプリンとして、ギネスの世界記録に認定されたと発表した。1972年の販売開始からのシリーズ累計販売個数は51億個を突破

スーパーで売っているカッププリン!底にカラメルがありますよね!実は味に関係ない目的が実はあります。それはなんでしょうか?

開けた時、飛び散らないように。

カラメルが上にあると、輸送時にカラメルが掻き回され、お客さんが開けた時に飛び散ってしまう恐れがあるそうです。
ちなみに、工場で作るときは、プリンから先に容器に入れているんですよ!
カラメルは後から入れるそうですが、比重の関係で、勝手に下の方に溜まるそうです。ふしぎ!

プリンはどうして3つで1セット

日本で初めて3連パックのプリンが登場したのは1976年のこと。森永乳業が販売を開始した森永プリンが、その元祖であるといいます。

当時はまだデザートの文化があまり浸透しておらず、家族全員で食べるということを想定していませんでした。そこで、子ども二人と母親の合計三人で食べるのに丁度いいからという理由から、3連パックが売られ続けているのです。

ヨーグルトは4つ?

現在は一人っ子や子どもなしの家庭が多いようですが、当時は四人家族の割り合いが最も多かったのです。そのため、なぜか父親だけが犠牲になるという結果になっていたのです。

べることを想定して4つパックが生まれた。プリンの方は「おやつ」扱いだったので「男性が食べるというイメージがなかった」ためお父さんの分がカウントされず3つパックとなった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました