国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)

年 / 月 / 日 / 曜日

第1条

自由と平和を求めてやまない日本国民は、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、ここに国民こぞって祝い、感謝し、又は記念する日を定め、これを「国民の祝日」と名づける。

第2条

「国民の祝日」を次のように定める。

元日1月1日年のはじめを祝う。
成人の日1月の第2月曜日おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます。
建国記念の日政令で定める日建国をしのび、国を愛する心を養う。
天皇誕生日2月23日天皇の誕生日を祝う。
春分の日春分日自然をたたえ、生物をいつくしむ。
昭和の日4月29日激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。
憲法記念日5月3日日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する。
みどりの日5月4日自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ。
こどもの日5月5日こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。
海の日7月の第3月曜日海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う。
山の日8月11日山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する。
敬老の日9月の第3月曜日多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。
秋分の日秋分日祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。
体育の日10月の第2月曜日スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう。
文化の日11月3日自由と平和を愛し、文化をすすめる。
勤労感謝の日11月23日勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう。

第3条「国民の祝日」は、休日とする。2.「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする。3.その前日及び翌日が「国民の祝日」である日(「国民の祝日」でない日に限る。)は、休日とする。

「スポーツの日」について

令和2年(2020年)以降、「体育の日」は「スポーツの日」になります。

国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律(平成30年法律第57号)が平成30年6月20日に公布され、国民の祝日である「体育の日」の名称が「スポーツの日」に改められ、 その意義は「スポーツを楽しみ、他者を尊重する精神を培うとともに、健康で活力ある社会の実現を願う」とされました。(施行日:令和2年1月1日)

国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)の特例について

令和2年(2020年)に限り、「海の日」は7月23日に、「体育の日(スポーツの日)」は7月24日に、「山の日」は8月10日になります。

平成三十二年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法及び 平成三十一年ラグビーワールドカップ大会特別措置法の一部を改正する法律(平成30年法律第55号)が平成30年6月20日に公布され、 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の円滑な準備及び運営に資するため、同法第一条により、「国民の祝日に関する法律」の特例が設けられました。(施行日:平成30年6月20日)

「天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律」について

天皇の即位の日の令和元年(2019年)5月1日及び即位礼正殿の儀が行われる日の令和元年(2019年)10月22日は、休日となります。また、これらの休日は国民の祝日扱いとなるため、平成31年(2019年)4月30日と令和元年(2019年)5月2日も休日となります

天皇の退位等に関する皇室典範特例法(平成29年法律第63号)を踏まえ、天皇の即位に際し、国民こぞって祝意を表するため、天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律(平成30年法律第99号)が平成30年12月14日に公布され、即位の日及び即位礼正殿の儀が行われる日が休日(祝日の扱い)となりました。 (施行日:平成30年12月14日)

令和元年(2019年)は天皇誕生日がない

平成の時代では、第125代天皇の明仁さま(現在の上皇陛下)の誕生日である12月23日が天皇誕生日でした。

そして令和の時代では、徳仁さま(今上天皇陛下)の誕生日である2月23日が天皇誕生日となります。

天皇の譲位が行われた5月1日の時点で、新天皇である徳仁(なるひと)さまはすでに誕生日を迎えられており、上皇さまは退位したあとに誕生日を迎えられることから、令和元年(2019年)は昭和23年(1948年)の祝日法施行以来初となる天皇誕生日のない年となりました。

天皇誕生日はなくなってしまいましたが、令和元年に限り天皇の即位の日の5月1日と即位礼正殿の儀が行われる10月22日は祝日となるため、今年は例年より祝日が1日多いことになりますね。

12月23日はどうなる?

12月23日は2020年以降どうなるのでしょうか?

これについて政府の発表によると「退位後の12月23日は当面祝日とはせず平日にする検討に入った」とされています。

その理由について、譲位後も12月23日を「上皇誕生日」として祝ってしまうのは新旧の併存による「二重権威」と映りかねないため、当面は平日とするのがふさわしいという見解です。

現代ではあまり考えられませんが、日本の長い歴史の中では天皇家が権力争いをしていた時代もあるので、必要以上の争いは避けるというのは今後のためにも良い選択かもしれませんね。

そのため上皇陛下がご存命のうちは、12月23日が何らかの祝日になる可能性が低いと言えるでしょう。

過去歴代の天皇誕生日

明治天皇

明治天皇の誕生日(11月3日)は現在、文化の日という祝日になっています。

明治天皇が1912年7月30日に崩御されたのち、国民の「明治天皇の功績を後世に残したい」という声によって、1927年に「明治節」という祝日になりました。

なので11月3日は、15年間祝日ではない時期があったんですね。

しかし第二次世界大戦の終戦後にGHQが天皇の「明治節」を廃止してしまいます。

その後、明治天皇の誕生日に日本国憲法を交付して「憲法記念日としよう」という動きがありましたが、これも天皇が権威を持つことを恐れるGHQによって却下されます。

最終的に「憲法記念日じゃなければ」というところで折り合いがつき、1948年から11月3日が「文化の日」となりました。

大正天皇

大正天皇の誕生日は8月31日ですが、この日は祝日になっていません。

日本国憲法制定前は天皇陛下の崩御した日が祝日となっており、大正天皇が崩御された12月25日は昭和2年(1927年)から昭和22年(1947年)までの20年間は祝日となっていました。

しかし、明治天皇のように「大正天皇の誕生日を祝日にしよう」という流れにはならなかったため、大正天皇の誕生日は平日のままとなっています。

昭和天皇

昭和天皇の誕生日4月29日は現在「昭和の日」という祝日になっています。

平成元年(1989年)から18年(2006年)までは「みどりの日」という名前でしたね。

昭和天皇崩御後、天皇誕生日は12月23日に改められましたが、ゴールデンウイークの一角を構成する祝日を廃止する事による国民生活への影響を考え、「みどりの日」として祝日にしました。

その後、平成17年(2005年)の祝日法改正により、4月29日を「昭和の日」に、5月4日の「国民の祝日」を「みどりの日」へと名称を変えています。

昭和の日に関しては、連休を増やすなどの目的だけでなく「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」という趣旨のもと制定されたとしていますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました