カニカマの日(毎月22日/6月以外)

年 / 月 / 日 / 曜日

数字の「22」を漢数字にすると「二二」。
この形がかにのハサミの形状に似ていることから、6月を除く毎月22日を「カニカマの日」としました。

少し違和感を感じませんか? なぜ「6月を除く」のか、と。
実は6月22日は「かにの日」。元祖カニカマメーカーである当社は、本物のかに味の再現を目指しつつも、本物のかににしかない味があることも知っています。6月を除いたのは、本物のかにへの敬意が込められているのです。

「カニカマ」の発明

かにかまとは、かにかまぼこ(蟹蒲鉾)の略で、風味・食感・形・色などを蟹の身に似せて作られた蒲鉾である。日本語では表記上の都合で「カニカマ」と片仮名で記されることも多い。かにぼこ(蟹鉾)という別名も見られる。インターネット上にはかに棒(かにぼう、蟹棒)という別名も散見されるが、これは本物の「蟹棒(蟹脚の流通名の一つ)」と区別できず、問題がある。

1970年代前半の日本で開発され、比較的早期から欧米諸国にも普及している。

石川説

石川県七尾市の水産加工メーカーであるスギヨは、1972年(昭和47年)に、着色・着香した蒲鉾を細く裁断した商品である「珍味かまぼこ・かにあし」を発売したのが最初と主張している[3]。

スギヨの三代目社長杉野芳人が、コンブから取れるアルギン酸で人工クラゲを作ろうとしていたところ、その失敗作がカニの食感に似ていることに気づき、人工カニ肉の製作を思いつく(アルギン酸ナトリウムの溶液はカルシウム溶液に入れると凝固する性質があり、人造イクラも同じ製法で作られている)。試行錯誤の末、「珍味かまぼこ・かにあし」を開発し発売したものの、「インチキじゃないか!」などとスギヨに苦情が寄せられた。しかし、杉野はこの消費者の声を逆手にとり「カニのようでカニでない」とのキャッチコピーで、あくまでも「アイディア商品」として全国に広告宣伝活動と販売を行った。

このカニカマ誕生の話は、2007年(平成19年)日本テレビ系列のテレビ番組「未来創造堂」の中でも紹介された。ちなみに、「珍味かまぼこ・かにあし」は、取り出されたカニの身のような蒲鉾が、プラスチックパックの中に入れられていた。

広島説

現在の広島県広島市西区の漁師町である草津の蒲鉾屋を発祥とする大崎水産が「カニカマの元祖」とする文献もある。大崎水産も自社が「カニカマの元祖」としている。

大崎水産の創業者・大崎信一から家業を継いだ息子の大崎勝一は、珍味蒲鉾を数多く開発したが、その一つにかに肉を詰めたきゅうりをノズルから出した魚肉で巻く「かに胡瓜」という製品があった。この「かに胡瓜」の製造工程で魚肉にカニの汁が混ざり、これがカニにそっくりの味がし、これをソバ状にしてそれを束ねて締め付ければ、カニ足肉のように、筋目のついたものができるのではないかと考案。

1974年(昭和49年)に商品化し、棒状のカニ風味カマボコ「カニスチック」を発売した。これが今日もっとも一般的な形状である「カニカマ」である。

2013年(平成25年)に大崎誠一は、農林水産省後援、日本食糧新聞社主催の「食品産業功労賞」を「カニカマ」発明普及貢献・「世界食」海外開拓の貢献者として受賞している。

「カニスチック」を発売直後に公正取引委員会から「カニがほとんど入っていないのに、カニを名乗るのはまかりならん。カニの絵もダメ」とお叱りを受け、「フィッシュスチック」という商品名に変更した。発売と同時に「魚肉製品の製造方法及び同装置」という特許出願をしている。最初は手作業であったが、各人の手の強弱も違うので製品が不揃いだった。そこで機械の開発を進めたが、なかなか上手くいかず。ソバ状の魚肉を自動的に結束する機械の完成は1976年(昭和51年)だった。他社のフレーク状のカニ肉もどきは、この頃から売れ始めたが、大崎水産の「フィッシュスチック」は売り上げが伸びず、1976年の売り上げは5億円だった。しかし1978年(昭和53年)から、売り上げが異常に伸び、この年が売り上げ10億円。1982年(昭和58年)の売り上げは40億円に達した。それにつれて、同業他社も、このスチック状のカニ風味カマボコ製品にワッと飛びつき、1983年(昭和58年)には50社を越える業者がカニカマを生産するようになった。カニカマはカマボコメーカーにとっても救世主的な商品だった。

1981年(昭和56年)9月に、先の大崎水産の出願が特許公報で公告され、特許が降りる見通しが強まってから、業界内がギクシャクし始め、業者や機械メーカーから数件の異議申し立てが特許庁に出され、特許が降りなかった。カマボコ業界の集まりである全国蒲鉾水産加工協同組合連合会(通称・全カマ)は、1982年(昭和57年)6月に「カニ足蒲鉾特許問題協議会」を発足させ大崎水産と交渉を重ねた。大崎水産を始め、多くの業者が早くから海外市場にもカニカマの売り込みを図り、1983年(昭和58年)の海外輸出は1万5000トン以上を記録した。「カニ足蒲鉾特許問題協議会」は「カマボコが大量に輸出されたなんて、神武以来の快挙なんです。外国でもカマボコになじみができたのは、今後の業界にとっても大きな財産です。もとを作った大崎さんの功績を讃えるのは当然です」と話した。

マルハ説

水産業界の中でも気を吐いたのは最大手の大洋漁業(現マルハニチロ)で、同社は1973年(昭和48年)にアンゴラ沖で大量に捕れた小型のズワイガニに、スケトウダラのすり身を混ぜ、80%カニ肉で製造し発売した『カニ棒』が「カニカマ」の先祖と主張している。大洋漁業は1977年(昭和52年)から、スケトウダラ100%のカニカマを生産し、アメリカで売り込みを図ったが、芳しくなく、その後1979年(昭和54年)にアラスカのタラバガニが壊滅状態になり、アメリカの国内景気の悪化で、本物のカニが口に入りにくくなって売れ始めた。加えて、アメリカ西海岸に寿司屋が林立するほどの日本食ブームになって1981年(昭和56年)6月頃から、爆発的に売れ始め、その後ヨーロッパでも売れ始めた。

カニカマはタンパク質豊富で本物のカニを越えた最強の健康食材

9月25日放送の「林修の今でしょ! 講座」(テレビ朝日系)では、「元気で長生きするための最強食材」としてカニかまを特集。近畿大学の谷本道哉先生は、カニかまは筋肉をつけるのにとても効果的な食材だと明かしています。

栄養がなさそうなイメージのあるカニかまですが、実はスケトウダラのすり身と卵白をかけ合わせて作られるたんぱく質たっぷりの健康食材。そのため運動した後30分以内にカニかまを食べると、たんぱく質が素早く吸収されて筋肉が作られやすくなるそう。

カニカマは手軽に最高のタンパク質が摂れる原材料とは

カニのように赤くプリプリして見えるカニカマ、繊維状に割け調理しなくてもそのまま食べても、また繊維状に割いてサラダにトッピングしたりしても美味しいですよね。

そもそもカニカマはどのようにして作られているのかお分りですか?

それは、魚肉と卵白です。

魚肉は冷凍すり身で「スケトウダラ」のすり身を使っています。スケトウダラは傷むのが早いため、昔から蒲鉾の練り物の原料として使われてきました。

船の中で皮や骨を全部取り除き、水さらしをしてそれを細かく練り合わせて冷凍したものがすり身になります。塩分などが入った調味料に、卵白と魚肉(冷凍すり身)を混ぜ合わせカニカマの生地にしていきます。

タンパク質が豊富だったら肉や魚でもいいのではと思いますが、カニカマは調理する必要が無く、どこでも直ぐに食べられるというおススメの食材の一つです。

運動後30分以内にたんぱく質を摂ると筋肉が増強される

筋肉を付けるためにはタンパク質だけではなく運動も大事ですが、タンパク質を摂るのは運動後30分以内が良いとされています。特に筋トレ運動をするのであれば、運動後1~2時間は体に筋肉をつくる合正反応が進みます。

消化吸収時間を考えると、運動後30分以内にタンパク質を摂った方が良いのです。高齢者でも筋トレやウォーキングする人が増えていますが、そこから暫く何も食べないと十分な効果が得られません。

筋肉を付けるために重要なタンパク質が豊富なカニカマは、手軽に食べれるという利点から運動後30分以内に間食として食べましょう。

カニカマは本物のカニに似せる事で消化に良い

年齢を重ねるにつれ、焼肉などコッテリとした油で胃もたれをおこし、沢山の量は食べられなくなってしまいます。肉や魚を食べられなくなるとタンパク質を十分に摂れず、筋肉がどんどん落ちて行ってしまいます。

「長生きしたければ肉を食え!」と言うほど高齢者はタンパク質を十分に摂らなければいけません。カニカマはタンパク質が豊富なのに加え、消化にも良いのです。

カニカマはタンパク質豊富で本物のカニを越えた

はんぺんなど練り物は牛肉や卵と比較しても消化率がとても良いのですが、カニカマはさらに消化率がアップします。

調味料+卵白+魚肉(冷凍すり身)を混ぜ合わせ=カニカマの生地(練り物)が出来るのですが、カニカマだけの秘密の工程があります。

それはカニの柔らかな触感に近づける為に1mm以下の網目を通し、魚の軟骨や黒皮を取ると言う裏ごしを3回繰り返すことで消化がよくなることに繋がっていたのです。

更に、カニの身に近づけるために、シート状にしたものをシュレッダー状に切り刻み、繊維状の形にすることが、カニそっくりの見た目にも消化にも良いのです。

これは、通常の蒲鉾とカニカマを比較すると、カニカマを繊維状にすることで表面積が増え、胃の中で消化がよくなるということでお腹に優しい食べ物です。これによってカニカマは高齢者向けの食材として最高の食べ物なのです。

カニカマは無脂肪で、ダイエット中の方におススメ

カニカマの原料でもあるスケトウダラは鮮度を保つために船内で内臓を取り出し、水にさらしてから運ばれています。この水にさらし脱脂することによって魚の脂肪がほぼ0になり、カニカマや蒲鉾は無脂肪になります。

ですので、カニカマはしっかりタンパク質は摂れてカロリーは抑えられるというメリットがあるのです。カニカマは消化に良く脂肪がほとんど無い為、胃もたれせず沢山タンパク質が摂れる食品でダイエット中の方にはおススメです。

カニカマには「でんぷん×タンパク質」で筋肉を作るパワーが倍増される

カニカマにはカニの食感と身の白さを忠実に再現するためにでんぷんを入れています。本来タンパク質単体だけでも筋肉を作る作用は高まりますが、でんぷんは糖質であり、糖質は筋肉を作る時のエネルギー源になるのです。

また、糖質は筋肉を高めるホルモン(インスリン)の分泌を促進するので、タンパク質と糖質を掛け合わせた方が作られる筋肉の量が2倍ほど増えるという実験結果があります。

本物のカニには、殆どが水とタンパク質で糖質は入っていません。その点カニカマは魚のすり身をカニっぽくするために糖質を混ぜ込んでいます。

当初、カニカマは栄養の事は考えず作られていましたが、後に偶然にも完成したのがカニカマだったため、筋肉に一番良いのは本物のカニよりもカニカマの方が勝利ということになるのです。

カニカマは1日どれくらい食べたらいいのか

糖質制限で体には良くないイメージがあるのですが、基本的に糖質は一番重要なエネルギー源になっており糖質の摂りすぎは肥満にも繋がります。

カニカマを1日に食べる目安として、約10㎝位の大きいサイズのカニカマであれば、タンパク質約10g・糖質約10g位で1日1本。小さいサイズであれば、5~6本程度が丁度良いようです。くれぐれも食べ過ぎには注意しましょう。

カニカマの赤い着色料は体に良い!?その秘密とは

赤い着色料は体に悪いというイメージが強いと思いますが、今と昔は違います。昔は石炭から取れるタールで作られた合成の物で発がん性があるものでした。

しかし現在は国によって違いはありますが、そのような着色料は使用できないようになっています。

現在のカニそっくりの赤い着色料は、天然素材であるトマトとパプリカから抽出した抗酸化作用の強い色素を使用し、色を付けています。その上、直接着色するのではなく、フィルムに包むように着色しているので表面がまばらに赤くなり、よりカニカマそっくりに作ることができるのです。

カニカマはタンパク質豊富で本物のカニを越えた

商品の裏には製造元や使用している原料が書いてありますが、そこにはトマト色素・パプリカ色素などと記載されています。トマトと言えば「リコピン」ですが、これは強い抗酸化作用があるファイトケミカルの一種で血管・肌など老化予防の効果が期待できるものです。

しかしカニカマは表面にちょっと塗ってあるだけなので、良い物が入っていると認識して頂ければいいと思います。赤い着色料は体に悪いどころか、体に良い物を使っていたのです。

カニカマは良いことばかりだがデメリットの点は

先ず、塩分が多いということです。

大きいサイズのカニカマであれば、1日1本食す位にしておいてください。

見た目や味など、本物のカニを美味しく凝縮し追求することにより、味にも筋肉にもそしてダイエットにも良い結果として本物のカニを越えた最強の健康食材。
運動をしなくとも筋肉が付く。運動したら30分以内に食べる。

手軽にどこでもすぐ食べられる食材ですので、冷蔵庫に常備し、高齢者たちにもこれからどんどん食し、筋肉をつけて長生きしてもらいたいものですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました