11月23日

誕生日

白井義男

白井 義男(しらい よしお、1923年11月23日 – 2003年12月26日)は、日本の元プロボクサー。東京市(現東京都)荒川区出身。元世界フライ級王者である。日本人として初めての世界王者となり、平成世代の現在とは違い、当時は世界王座までの距離が比べ物にならないほど遠かった時代のチャンピオンとしても高い評価を得ている[1]。右のアウトボクサー。

キーワード

  • 小学6年生時の夜祭りの余興で行ったカンガルーとのボクシングに負けて以来ボクシングにのめりこむ
  • プロデビューは戦時下の1943年。
  • 8戦全勝の成績を残すが招集されて海軍に従軍し、整備士として終戦を迎える。

所属ジムについて
白井義男は、日本の生んだ世界王者の中で唯一、正式にジムに所属せず欧米式のマネジメント制度のもとでチャンピオンになった人物である。 戦後所属していた王子拳道会(現・帝拳)から、カーン博士がマネジメント等諸権利を買い取ってからは、自宅兼プライベートジム(通称:シラカーンジム)で練習を行った。
日本式ジム制度に固執する協会からは猛反発を受けたものの、日本人初の世界チャンピオンで当時の英雄であった白井の前では最終的に妥協し、白井のみを日本式ジム制度の例外とし、以後は一切例外を認めないこととした。
よく世界王者一覧の表に載っている白井義男の所属ジムとなっている『シライ』とは、現在でも日本式ジム制度以外を認めない協会が、協会外で活動していた白井の所属をフリーと記述するわけにはいけない事情から、白井の自宅兼プライベートジムをシライジムとして記述したもので、実態を伴ったものではない。

たこ八郎

たこ 八郎(たこ はちろう、1940年〈昭和15年〉11月23日 – 1985年〈昭和60年〉7月24日)は、日本のプロボクサー・コメディアン・俳優。別名:太古 八郎。プロボクサーとして日本フライ級王座を獲得している。ボクサー現役時の愛称は河童の清作。コメディアンや俳優転向してからの愛称はたこちゃん。座右の銘は「迷惑かけてありがとう」。

本名:斎藤 清作(さいとう せいさく)。宮城県仙台市宮城野区新田出身。

キーワード

  • 昭和15年11月23日 – 昭和60年7月24日
  • 仙台市内の農家に8人兄弟の次男として生まれる。
  • 本名:斎藤 清作(さいとう せいさく)。
  • 少年時代に友達とどろんこの投げ合い遊びをしていて、泥が左眼に当たったことが原因で左眼の視力をほとんど失う
  • 彼の素朴で温厚な人柄で毎晩のように飲み屋で過ごしていたが、請求が来ることはなかったという。
  • 左目の障害を隠し、視力表を丸暗記してプロテストに合格、プロボクサーとしてデビューした。
  • 「ボクシングでチャンピオンになったら弟子にする」
  • 宮城県出身ということでコメディアンの由利徹に弟子入り
  • 髪型を河童のように刈り込んだことから『河童の清作』と呼ばれた。
  • 昭和37年、第13代日本フライ級チャンピオンとなった。
  • あき竹城は、飲酒が多いことを心配し、「(お酒ばかり飲んでないで)ちゃんとご飯を食べなきゃダメだよ」などと、彼の世話を良く焼いていた。そのため、「たこの恋人」と言われたこともあった
  • 芸名の由来は、自宅近くの行き付けの居酒屋「たこきゅう」
  • 「たっこでーす」という決まりの台詞

プロボクサー時代が想像しにくいが、映画『幸福の黄色いハンカチ』での高倉健との喧嘩シーンでは切れのある動きでかつての片鱗を見せた。同映画で共演した武田鉄矢はラジオで「撮影の合間に数人のチンピラに絡まれたことがあるが、たこさんがヌーッと出てきてフッと動いた次の瞬間、チンピラ全員が地面に倒れていた」というエピソードを披露したことがある。

人気絶頂期の1985年7月24日午前10時20分頃、たこは神奈川県足柄下郡真鶴町の岩海水浴場で飲酒した後に海水浴をし、心臓マヒにより急死した(たこは死の直前、その姿を週刊誌に写真を撮られていた。また、その頃にはパンチドランカー症状はかなり改善していたともいわれている。)。この訃報は、たこが当時レギュラー出演していた『笑っていいとも!』の放送中、タモリによって全国に伝えられた。

たこから「もし、俺が死んだら葬儀委員長をやってほしい」と冗談交じりに話をした漫画家の赤塚不二夫が務めた。新聞には「たこ、海で溺死」、弔問に訪れたタモリも「たこが海で死んだ。何にも悲しいことはない」と、たこの死を悼んだ[1]。

「タコ八郎」の画像検索結果

田中邦衛

田中 邦衛(たなか くにえ、昭和7年11月23日 – )

キーワード

  • 岐阜県土岐郡土岐津町出身
  • 岐阜で中学の代用教員(助教諭)
  • 俳優座養成所の同期に井川比佐志・露口茂・山本學・藤岡重慶・中町由子・水野久美
  • 昭和32年、今井正が監督した映画『純愛物語』に初出演
  • 昭和36年の東宝映画『大学の若大将』では、若大将のライバル・青大将役で出演
  • 昭和63年から平成7年まで出演した大正製薬「大正漢方胃腸薬」の年末のテレビCMでは歌って踊るエンターテイナーぶりを披露
  • 平成22年公開の映画『最後の忠臣蔵』へ出演、以降俳優としては表舞台から遠ざかる。
  • 連続ドラマとして「金曜劇場」枠で昭和56年10月9日から昭和57年3月26日まで毎週金曜日22:00 – 22:54に放送
  • ドラマスペシャルとしてシリーズ化され、8編のドラマスペシャルが1983年から2002年まで放送された。
  • 北海道の雄大な自然の中で田中演じる主人公・黒板五郎と2人の子どもの成長を21年間にわたって描く。

北の国からの作品評価
美しい自然や祭りなど、富良野市は日本中に知られるようになり、過疎の村だった麓郷地区には第1作放送直後から、休日になると数百人の観光客が見物に訪れることとなった。最終作が放送された2002年度には249万人が訪れている。富良野は北海道の観光名所となり、ドラマに使われた丸太小屋が再現された他、富良野市農業協同組合駅前4号倉庫を改造した「北の国から資料館」が設けられた。連続ドラマ第1話、黒板親子が降り立った布部駅の入口脇には、倉本の筆による「北の国 此処に始る」と書かれた碑が建てられるなどした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました