中国

中国初の「コストコ」

「コストコ(Costco、正式名称:Costco Wholesale Corporation)」が中国における第1号店を開店したのだった。

この上海市に開設されたコストコの中国第1号店を以下「上海コストコ」と呼ぶ。コストコの中国語名称は正式には“開市客”と言うが、別称の“好市多”と呼ぶこともあり、どちらかと言うと“好市多”の方が一般的で使用頻度が高いように感じられる。

コストコの会員になると、「2大保証」を享受することができる。コストコの紹介文には2大保証として次のような記載がある。

商品保証 :万一ご満足いただけない場合、商品と引き換えに、代金を全額返金します。(但し、家電製品だけは返品期限は90日間)
年会費保証:コストコのシステムやサービス内容にご満足いただけない場合、有効期限内であれば解約し年会費を全額返金します。(但し、退会から1年間は再入会不可)

コストコの主会員は会員カードを提示すれば非会員を2名まで同伴できるし、主会員と同じ住所に住む18歳以上の家族には家族会員として家族カードが1枚発行されるが、家族カードも非会員を2名まで同伴できるので、会員カードと家族カードを提示すれば主会員と家族会員を含めて最大6名が商品売場へ入場できる。

なお、会員カードは世界共通で、世界に782カ所(2019年9月2日時点)あるコストコの倉庫店へ入場可能であるが、世界中の会員数は約9580万人(2018年12月14日時点)である。

以上が上海コストコの概要であり、コストコの基礎知識だが、メディアが報じた上海コストコ騒動はこんな感じだ。

(1)上海コストコが開店する8月27日より以前に、コストコへ年会費を納入して会員となった人数は数万人を突破していたという。開店日の8月27日は火曜日で平日であり、開店は午前9時からであるにもかかわらず、上海コストコの周囲には朝早くから長蛇の列が出来ていて、その先頭は商品売場への入場口にある電動シャッター前で今か今かと開店の時を待っていた。この日、コストコは通常9時からの開店時間を30分早めたので、時刻が8時30分になり、電動シャッターが巻き上げを開始すると、列の先頭にいた人々は我先にとシャッターとフロアーの隙間に潜り込んで商品売場へ走り込み、多くの人達がそれに続いた。

(2)8時半の開店から40分後の9時10分頃に上海コストコへ車で到着した人によれば、その時すでに駐車場は満杯で、11時前には商品売場は人で溢れる状態となり、各所に配置された保安係は客の入場制限を行う必要性に迫られた。また、上海コストコの外側では係員が「駐車場はすでに満杯で、3時間待ちが必要です(The parking lot is full. It takes three hours to wait)」と書かれたプラカードを掲げて駐車待ちの自動車に注意を促していた。なお、当日、コストコ周辺における車の渋滞は延々3キロメートルにも及んでいたという。

(3)開店当日に入場口の電動シャッターが動き始めると、我先にと商品売場へ走り込んだ人々の中には酒類売場へ直行した人たちがいた。上海コストコが事前に目玉商品の公告を出していたからかと思われるが、そうした人たちは1498元(約2万3000円)という市場価格の半値で売られていた飛天印のマオタイ酒(貴州省の焼酎)の争奪戦を演じ、当該マオタイ酒は開店からわずか20分間で売り切れとなった。後日、あるネットユーザーがネットに書き込んだところによれば、彼は家族6人で4時間を費やして初日に開店と同時に入場し、マオタイ酒を12本、1人1本の制限が付いていた「五糧液(四川省の焼酎)」を6本購入し、その他に雑多な食品を購入したという。彼は同日夜にマオタイ酒6本と五糧液4本を転売して合計1万3800元(約20万7000円)の利益を上げ、コストコの年会費、駐車料金、食品代金を差し引いて1万2000元(約18万円)をわずか半日で稼ぐことに成功したという。

(4)上述した酒類以外では、米国のKitchen Aid社のスタンドミキサー(Stand Mixer)7580型を例に取ると、コストコの価格は4999元(約7万5000円)であるのに対して、ネット価格は7499元(約11万2500円)であり、たとえ販売促進価格でさえも6499元(約9万7500円)なので、その差は1500元(約2万2500円)もある。東芝のスチームオーブンレンジA7-320D型は、コストコでは3599元(約5万4000円)だが、ネットショップでは5399元(約8万1000円)であり、家電量販店の蘇寧電器が販売キャンペーンを行う時の価格でも4399元(約6万6000円)である。フィリップスの75インチテレビはコストコでは1万1999元(約18万円)だが、ネットショッピングの“京東商城”が誇る主力店では1万3999元(約21万円)で、2000元(約3万円)もの差がある。

(5)開店の午前8時30分から2時間が過ぎた頃には商品売場は客であふれて立錐の余地もない状態に陥り、買い物を終えて会計を待つ客がレジの前に延々と並び、その横にはレジに並ぶ客を誘導する係員が「レジの行列は2時間待ちです」と書かれたプラカードを掲げて客に忍耐を求めていた。しかし、商品売場の混乱に危険を感じたコストコは急きょ午後の営業を停止することを決断し、次のような通告を掲示して商品売場の外で入場を待つ人々に理解を求めた。すなわち、「尊敬する会員の皆さん、今日は。売場の通行が人の波で滞っているので、さらに良い買い物環境を提供するために、本日8月27日の午後は商品売場の営業を見合わせます。何卒入場をご遠慮ください」という内容の掲示だった。

(6)突然の営業見合わせの通告を受けて、炎天下で長時間にわたり入場を待っていた人々の中には強引に入場しようとして保安係と衝突した人も複数いたが、コストコは午後の営業休止を強行した。商品売場が収容能力を超えた客数で危険な状態に陥っていたことが午後営業休止の理由ではあるが、それとは別にコストコ側が予想だしなかったことが発生していたことも理由の1つであった。

押し寄せる不道徳行為

・食品売場にはプラスチックの容器に入った寿司の詰め合わせや菓子のマフィンが売られていたが、悪質な客は寿司を数個つまみ食いしたり、マフィンを1口食べたりした後に、その容器を元の商品棚へ戻して知らん顔で立ち去っていた。

・牛乳や冷凍の鶏肉といった生鮮食品がその売場から離れた場所に多数放置されていることが判明した。購入しようと当該商品を商品棚から持ち出したが、その後に購入を止めて、近くの商品棚や床に放置していったものと考えられる。冷凍鶏肉はパッケージが破れて肉汁が流れ出ていた。生鮮食品でなければどこに放置しても大した問題にはならないが、生鮮食品である以上は品質上の問題が発生しないように客も協力すべきだが、そうした意識は全般的に低いように思えてならない。

・商品売場内で子供が尿意を催した親の一部は混雑している状況下でトイレへ行くことは困難と判断し、売場の各所に設置されている金属製ごみ箱の上に子供を持ち上げて小便をさせたのだった。公共の場所で子供に小便をさせることは、今なお中国国内でよく目にする光景だが、コストコの様な会員制チェーンストア内でも平然と小便をさせるという非常識さは驚きである。これは小便だったから良かったのであり、困ったことにそれが大便になる可能性も否定できないのである。

こうした不道徳な行為はネット上に証拠写真が掲載されているので、否定できない事実だが、これらの行為が上海コストコにとっては想定外の事で面食らったであろうことは想像に難くない。

性格

日本

礼儀正しく、繊細で真面目な国民性。
日本は「わびさび」を古くから大切にし、人に対して配慮や気配りをする、まさに「おもてなし」を大切にしています。

中国

明るくおおらか(大雑把)、情熱的でオープンな国民性。
欧米の様なオープンではなく、特に恋愛は別です。
中国人の情熱的な部分は良く言えば「情に厚い」ところです。
また、大雑把なところがあるので、日本人からすると「配慮が足りない」、「マナーが悪い」などと捉えられる事もあるかもしれませんね。

交通ルール

日本

基本的に人が優先で車が譲るのが一般的なルール。

中国

車優先です。
青信号であったとしても、曲がる車が日本の様に譲ってくれたりはしませんので、
中国で道を渡る時は十分に気をつけましょう。

接客態度

日本

「おもてなし」の精神があり、
ホスピタリティが非常に高いのが日本の接客業・サービス業だと思います。

中国

中国のスーパーやコンビニに行ってみると分かりますが、基本的にそっけないです。
日本人からしたら「え?機嫌悪いの?」や「態度悪い」と思ってしまう人も少なくないでしょう。
しかし、中国ではそれが普通です。

「並ぶ」という認識

日本

「譲り合いの精神」が日本では一般的で、誰でも一度は並んだ事ありますよね?
例えばラーメン屋さんや銀行、駅のお手洗いなど。
並ぶ事が当たり前で、常識であるとほとんどの日本人は思っています。

中国

「早いもの勝ち」という精神からなのか、中国人はあまり「並ぶ」という意識がありません。
人口が多いからなのかもしれませんね。
「われ先に」という風に日本人の目には写っているかもしれません。

謝る

日本

自分に非があったら過ちを認め、きちんと謝罪することが美徳と捉えますよね。
謝ることで相手に許しを頂き、事が解決すると思う人も多いはず。

中国

すぐには謝りません。
それは、謝ったところで解決しない事の方が多いからです。
逆に、簡単に謝ってしまうと責任を取らされることだってあります。
責任を取りたくないからと聞くと、欠点のようにも聞こえますが、これはビジネス上のスキルとも言えるのではないでしょうか。
謝っても起きてしまったことが元に戻る事はありません。
であれば、謝る事よりも解決することの方が重要と中国人は捉えます。
あなたもただ謝られるよりも無事にビジネスが成功する事の方が嬉しくありませんか?
「結果オーライ」という言葉がありますが、中国人の考え方に少し近いのかもしれませんね。

物事の伝え方(言い方)

日本

「遠回しに言う」や「オブラートに包む」など、
日本では一般的にはっきりと皆まで言わない事が多いですよね?
また、よほど親しい人でない限り、個人的な事を根掘り葉ほり聞いたりもしません。

中国

中国人は基本的に思った事を率直に言いますし、気になった事は質問します。
「遠回しに言う」という文化がなく、率直に物事を言う事は悪い事とは思っていません。
時として、正直に言ってくれた方が良いと思う時もあります。
また、親しくなりたいから隠し事をせずなんでも質問してしまう一面もありますが、
日本人にとっては「デリカシーがない」と思ってしまう人もいるかもしれません。

空気を読む

日本

「親しき中にも礼儀あり」、「空気を読む」
一度は聞いた事がある言葉ですよね?
日本では、たとえ親しい人でも、遠慮したり相手に対して気遣いをします。
また、「空気を読む」は海外ではあまりなく、日本独特の文化の様な気がします。

中国

中国人にとっての親しい友人は家族と同レベルに考えられているため、
良い意味でまったく遠慮はしません。
その代わり困った時は必ず手を差し伸べるので、
見方を変えれば「情に厚い」という事になるのではないでしょうか。
また、「空気を読む」という言葉は中国語にはありません。
先ほども言いましたが、中国人はストレートに物事を言う性質ですので、
「空気を読み遠慮する」という概念がそもそも中国では一般的に考えられていないのです。

食事のマナー

お箸の置き方が違う

日本はお箸を横にして一番手前に置くのに対して、中国はお箸を縦にして一番右側に置くのが一般的。

また、形状の部分でも、日本のお箸は、先が細く、細かな作業がしやすいですが、中国は太く長いものが好まれます。

これも、食文化として焼き魚の身をほぐしやすい日本の箸と、おかずをとりやすい中国の箸ということですね。

中国に「いただきます」がない?!

日本では、作ってくれた人、いただく命に感謝して「いただきます」というのが当たりまえです。

でも、中国にはそもそも「いただきます」という言葉自体がありません。

実は「いただきます」という言葉がない国は中国以外にもたくさんあります。

日本特有の文化といえますね。

その代わりに、中国では「箸をつけるのは目上の人から」というマナーが存在します。

日本でも、一番偉いお父さんが箸をつけるまで、家族は食べてはいけない時代がありましたね。

立場、年齢を重んじ、相手を尊重する。

新しい料理は必ず目上の人が箸をつけてから!

とにかく中国では面子を大事にする文化があるため、もし中国の方と食事する機会がある場合は、そういった点に注意してあげるといいと思います。

食べ残しこそ美学

中国は面子を大事にするというお話がちょこっとでましたが、おもてなしの部分でもその文化は重要になってきます。

「お残しは許しまへんでー!」とばかりに、日本では食べ残すことはマナー違反ですが、中国ではその逆。

食べ残すことは満腹のサインでもあるので、残さず食べる=足りないという図式になってしまいます。

つまり、残すのは失礼だからと日本人が必死に食べれば食べるほど、中国の方は「足りないんだ!大変だ!」と一生懸命に料理を作ってくれる……。

ある意味、相手を思う気持ちが綺麗にすれ違っていますね。

中国では「いただきます」と同様に「ごちそうさま」という言葉もないので、ご招待されて、お食事でおもてなしされた際は「ちょこっと残す」ことで終わりの意思を示しましょう。

お皿は持たない!

日本は「お皿を持ちなさい!」と教えられますが、中国ではお皿を持つことはNGです。

もっとも日本と同様にお茶碗は持ってもいいとのこと。

大皿は持たないにしても、お取り皿なんかはついつい持ってしまいたくなりますが、中国の方と食事をする時は気を付けたいですね。

ただ、どうしてもお皿を置いたままだと姿勢が悪くなってしまいがちなので、そこは配慮しつつ、美しく食べましょう。

食事は誘った人が奢りましょう

本でも賛否分かれるところですが、中国では原則食事に誘ったほうが奢ります。

食事に誘う、誘った人が奢る、すると奢られたほうがまたお礼に食事に誘う、奢り返す……。

そういう形で人の輪が広がっていきます。

日本では上司から奢られることはあっても、友人同士、同僚同士で奢りあうことはあまり馴染みがないですよね。

年齢差も特にない関係で、誘うたびに「今日は自分が誘ったんだから奢るよ」なんて言う人は、よっぽど気前がいい人です。

奢るのも、奢られるのも、割り勘も、別に本人たちがしたいようにすればいいとは思うのですが、中国の方を食事に誘った際、当然のように代金を割り勘にしてしまうと驚かれてしまうこともあるでしょう。

相手の文化を理解したうえで、誘う際にはっきりさせておくといいかもしれません。

乾杯のルール

飲み物は来た順に飲み始めても構わないです。
中国では「乾杯」の概念が日本と違います。
乾杯は盛り上がって来たらします。
また、日本の乾杯とは違い「飲み干す」のが一般的です。

持ち込みとゴミの片付け

お店は持ち込みOKなところが多く、特にファースドフード店などに多いです。
他店の食品を持ち込んでも怒られません。また、数人で行った場合、全員が何か注文する必要はなく、
何人かはそのお店で何も注文しなくてもマナー違反にならなかったりします。
さらに、そのお店内で出たゴミはそこに置いたまま帰ります。
ファーストフード店も、日本のようにセルフで片付けたりしません。
これは「片付けは店員さんの仕事」という認識があるからです。
もちろん、高級店などダメなところも多くありますので、ご注意を。

誕生日

「誕生日の人」がお金を払います!
「祝ってくれてありがとう」という気持ちです。これは日本とまったく逆ですね。
中国でお誕生日を祝ってもらう時は気をつけましょう。
人数を呼びすぎると大変な事になります。(笑)

年齢の数え方

中国では生まれたその日から1歳になります。

つまり0歳や生後〜ヶ月というものがありません。

そして、1月1日に国民全員が1歳年をとります。

つまり、12月31日に生まれた赤ちゃんは、生まれた日に1歳になり、翌1月1日には2歳になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました