健康に良いアイス

日本初のアイスクリーム

アイスクリームの発祥には諸説あるものの、大体16世紀ごろにはそれっぽいものが存在してたそうだ。日本に来たのは1860年ごろのこと。日米修好通商条約の書類を交換するためにアメリカを訪れた徳川幕府の使節団一行が、現地で初めて食べたとされている。

その後日本にアイスクリームのレシピが伝わると、横浜の氷屋が早速販売を始めたそうだ。商品名は「あいすくりん」。氷屋にとってはビジネスチャンス到来といったところか。

アイスクリームの原料は、砂糖・牛乳・卵…と今とさほど変わらない。しかし値段は当時は8,000円もしたそうなのだ!

小さいグラスにパカッとひと盛りしたくらいの量だったというのだから、かなりの高級品! そのため、残念ながら一部の富裕層や外国人にしか売れず、庶民は見ているだけだったそうだ。

こんなにおいしいアイスクリームを見ているだけだなんて可哀想すぎる…! タイムマシンがあるなら現代のアイスクリームを届けてあげたい…。

高級品であったアイスクリームだが、大正時代になると喫茶店やホテルなどで食べられるようになる。またアイスクリームの工業化により大量生産が可能に。また味のフレーバーが増えてきたのもこのころからなんだそうだ。

アイスクリームは、こうしてやっと庶民も口にできるデザートとなったわけである。

戦時中にはアメリカ兵がアイスを持ち込んでいた

戦時中には、アメリカ兵が日本にアイスクリームを持ち込んでいたそうだ。これについてトリビアがあるので紹介しよう。

戦時中、日本兵がアメリカ兵を偵察中に、アメリカ兵がなにやら大きなモノを運び込む姿を目撃したそうだ。もちろん日本兵にとっては初めて見るものであったため、「きっと新しい兵器に違いない!」と大騒ぎに。

引き続き偵察を続けたところ、アメリカ兵がその兵器(?)を使ってアイスクリームを製造し、食べていたのだそうだ。

実はアメリカ兵が運び込んでいたのはアイスクリームメーカーだったのである。

そう、日本兵が食べ物に苦しむ中、アメリカ兵にはアイスクリームメーカーを持ち込んでアイスクリームを楽しむ余裕があったらしい。

これを見た日本兵は「戦争に対する負け」を確信したそうだ。

アイスクリームはもともと健康食品として誕生した

今となっては嗜好品として愛されているアイスクリーム。しかし、アイスクリームが生まれた当初は健康食品の扱いだった。

どのような用途で使っていたのかというと、兵士たちの疲労回復だ。初期のアイスクリームは、今のようにクリーミーなものではなく、天然の氷や雪に蜜や果汁をかけたシャーベットのようなものだった。

アイスクリームを食べて疲労回復を促すという話は、旧約聖書にも記録されている。冷たいアイスクリームは、疲れていても食べやすい。そして甘い。

「疲れた時には甘いものを」とはよく言うが、これは昔の人も同じように思っていたのだろう。


そして、健康食品として食べられていたアイスクリームは、古代ローマ時代になると裕福な人たちの間で嗜好品として食べられるようになった。

そして、シャーベットのようだったアイスクリームは、16世紀から17世紀ごろにはクリーミーなものへと改良されて今に至る。今では大人から子供まで愛されている立派なスイーツだ。

健康食品としてのイメージは薄くなっているが、実はアイスクリームは今でも栄養食である。

実はアイスクリーム100gあたり140mgのカルシウムが含まれている。牛乳は同量でも約100mgのカルシウム。アイスクリームのほうが多い。

このほかに、ビタミン類も含まれている。アイスクリームは、今でも甘いだけのやつではないのだ。特に夏の暑さで食欲がないときに、アイスクリームを食べると少し元気になれるかもしれない。

甘いものを食べると元気が出る”ってホント?

甘いものを食べると元気が出るのは「血糖値が上がるから」

甘いものを食べる、ということは、つまりは糖質を取っているということだ。糖質を摂取すると、当たり前だが血糖値が上がるため、脳に栄養が届き元気になる。甘いものを食べて頭がスッキリしたり、眠気が覚めたように感じたりするのは、これが主な理由だろう。

精神安定の「セロトニン」でリラックスできるが…

セロトニン、という言葉を聞いたことがあるだろうか。これは、人間の脳内で感情を調節する前頭葉にて、精神を安定させる役割を担う物質のこと。

セロトニンという物質は、トリプトファンというアミノ酸を原料として作られており、このトリプトファンを脳内に取り込む働きをしてくれるのが、甘いものに含まれているブドウ糖なのだ。直接的に精神安定に繋がる物質が入っているわけではないが、甘いものが脳をリラックスさせるお手伝いをしてくれている、ということに間違いはないだろう。

これらのことから、甘いものを食べると本当に元気になる。ということがわかる。

好きなものを食べて、心も体も元気になるだなんて幸せすぎる! 甘党で良かった! 甘党最高!!

なーんて思ったそこの君…世の中、そんなに甘くはないのだ。甘いものを食べすぎて元気をもらいすぎると…なんとその分、代償を受けることになるという…。

脳内麻薬!?その名も「シュガーハイ」

シュガーハイとは、名前の通り、糖質でハイになること。

なんと、甘いものを食べて元気になったり頭が冴えたりしているとき、脳内はお酒やドラッグで興奮している時と同じような状態になっているという。これは、鎮痛効果や気分高揚作用のある、βエンドルフィンという有機化合物が糖質を取ることにより分泌されるため。

さわりを聞くだけでも、なんとなくヤバそうな雰囲気がプンプンしてくるシュガーハイ。シュガーハイが危険といえる理由は、主に3つあるという。

  • ・血糖値の急激な上昇を感知すると、インスリンと呼ばれる血糖値を下げる働きを持つ物質が大量に分泌され、同時に脂肪が糖を吸収してしまい、太るため。
  • インスリンの分泌で血糖値が下がり、空腹を感じてまたすぐに糖分を欲してしまい、食べても食べても糖分を求める果てしないループから抜け出せなくなるため。
  • インスリンの分泌で血糖値が下がる=脳が疲労を感じ、すぐに眠くなったり体力が落ちたりするため。

悲しいことに、甘いものには中毒性と、カロリー以上に太る要因があり、さらには、元気を取り戻そうとして糖分を取れば取るほど、一時的な回復と引き換えに、元気や気力を生み出す力がどんどんと失われているということになる。

甘いものは1日どれくらい食べてもいいの?

甘いものの1日の摂取許容量は、だいたい200kcal程度。

それ以下であれば、特段食べても問題ないと言えるだろう。

また、夜間は活動量が少なく脂肪が蓄えられやすいため、食べるなら日中がいいこと、満足感を求めるなら和菓子を選ぶといいこと(これは、和菓子が洋菓子よりも、1g当たりに含まれる脂肪分やカロリーが低いものが多いため)も頭の隅に入れておくといいかもしれない。

ちなみに、先程から私が食べている甘いものの代表格ともいえるチョコレート。これを1日の摂取許容量内におさめようとすると、市販の板チョコ大体半分程度になる。

半分、ということは、食べている途中で我慢をする自制の心が求められるということだ。…なんて、なんて無慈悲なんだ…。というかそれなら、元々200kcalずつ小分けされた板チョコがあっても良さそうだよね。チョコレートメーカー様見てる!?何卒よろしくお願いします。

食べるなら「ダークチョコレート」

ダークチョコレートはシワ予防に役立つ可能性がある

ダークチョコレートに含まれるカカオフラボノイドで、顔のシワが改善したという研究があった。おやつで、シワのないつるつるお肌が手に入るかもしれない。

1日25gのダークチョコレートがシワ予防に効果的

美容大国、韓国で行われた研究がある。このダークチョコレート実験では、43歳~86歳の顔にはっきりとしたシワがある62名の女性を対象に、2つのグループに分けて行われた。

  • 毎日、320mgのカカオフラボノイドが入った飲み物を飲むグループ
  • 毎日、カカオ成分は入っていないチョコレート風味の飲み物を飲むグループ

その結果、24週間後に参加者の肌の状態をチェックしたところ、1.のカカオフラボノイドを飲んだグループは、肌の弾力が3%~9%アップし、シワが1%~6%改善していたのだ。

驚くほど劇的な効果ではないものの、ちゃんと効果はあるようだ。

しかも、おまけとして紫外線に対する抵抗力もアップしたので、日焼けに対しても強くなっていたのである。

そう考えると、夏はダークチョコレートの季節といえるかもしれない。もの凄く溶けやすいけど……。

この研究で研究者は、「トレチノインやレーザー治療、ケミカルピーリングといった直接的な方法に比べれば、カカオフラボノイドの効果は小さい。ただし、若いころから長期間にわたって服用し続ければ、シワ予防としては十分に使えるだろう」といっている。

やはり、シワを改善するよりもシワ予防として、ダークチョコレートを食べる方が効果的ということだろう。

ちなみにシワ予防として食べるなら、カカオ70%以上のダークチョコレートを1日に約25g食べれば良いので、すぐに試せるだろう。ダークチョコレート、いつ食べるの? と聞かれれば、いうまでもないだろう。

ダークチョコレートで心疾患のリスクが下がる?

BMJ(ブリティッシュメディカルジャーナル)に掲載された論文に、ダークチョコレートで心疾患のリスクが下がるのではないかというものがある。

この論文では、過去に発表されたチョコレートに関する研究23件をまとめたメタ分析を行っている。対象者数は405,304人分となり、かなりの大人数を調べたものである。

その分析結果によると、1週間に20gのダークチョコレートを食べると、心疾患のリスクが1.8%減少していた。そして、1週間に45gのダークチョコレートを食べると、心疾患のリスクが11%減少した。

1日平均で約7gくらいだと考えれば、かなり少量で効果が期待できることになる。これは素晴らしい。もちろん、より多く食べれば効果はさらにアップするが、上限もある。

研究者は、「チョコレートの消費量が1週間に100gをオーバーすると、心疾患を防ぐ効果は増加しなくなってしまうそうだ」といっている。

つまり、1週間に200g食べようが、300g食べようが、効果は100g分しかないということか。

美容に興味はないけど、健康には興味があるという人は、1日に約15gのダークチョコレートを食べると良いかもしれない。

他にもあるダークチョコレートの3つの効果

美容にも健康にも良いダークチョコレートだが、他にも効果があるのでまとめて紹介しよう。

① 善玉コレステロールを増やしてくれる
カカオフラボノイドには、善玉コレステロールを増やしてくれる効果もある。この善玉コレステロールは、体内の過剰なコレステロールを回収して肝臓に戻す働きをするので、増えることで、血管を健康に保ってくれる。

② 空腹感を抑えてくれる
さらに、カカオフラボノイドには、空腹感を抑えてくれる効果もあるので、食欲を抑えたいときにひとかけら食べるとよいかもしれない。

③ アルツハイマー病を予防してくれる
ダークチョコレートに含まれているカテキンには、アルツハイマー病の原因となるアミロイドベータを防ぐ助けをしてくれると考えられている。

なんとダークチョコレートは、血管にも脳にも良い食べ物なのである。こんなにもメリットがあるのであれば、毎日のおやつでダークチョコレートを食べない手はない。

うまく使えば、空腹感を抑えることでダイエットにつなげることができるかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました