験担ぎ

験を担ぐ(げんをかつぐ)は、ある物事に対して、以前に良い結果が出た行為を繰り返し行うことで吉兆を推し量ること。 また、良い前兆であるとか悪い前兆であるとかを気にする、すなわち、縁起を気にすることや、縁起を気にして物事の成功を願った行動を行うこと。 験担ぎ(げんかつぎ)、ゲン担ぎとも言う。

語源・由来

本来は「縁起を担ぐ」であったが、江戸時代に流行った逆さ言葉で縁起を「ぎえん」と言うようになり、それが徐々に「げん」に変化したとする説が一般的である。

「験」には「仏教の修行を積んだ効果」や「効き目」などの意味がある。

験担ぎの内容
験担ぎに何をするかは人それぞれであるから、実に多種多様である。他人から見れば何の効果もなさそうに思える行為でも、当人が「これは験担ぎだ」と思って行っている行為ならば、それは験担ぎであると言える。

言霊との関連

日本では「言霊」といって、声に出した言葉には霊的な力が宿ると信じられ、良い言葉を口にすれば良い事が、悪い言葉を口にすれば悪い事が起こるとされた。験担ぎが多く行われるのは大学や高校などの入学試験受験である。受験生に「すべる」や「落ちる」などの、受験に失敗することを連想させる言葉を言う、もしくは受験生の周辺で口にすることは「縁起が悪い」とされる。さらには受験生の不安を煽ったり、気力を削いだりしてしまう恐れもあるので注意が必要である。

受験合格など成功・勝利を祈る験担ぎでよくあるのは、食材などとの語呂合わせである。カツ丼(カツ=勝つ)や鯛(めで「たい」)、昆布(よろ「こぶ」)、タコ(オクト「パス」)形に切ったウィンナー(ウィナー=勝利者)を食べる[1]、五角形(五角≒合格)の鉛筆を使うなどである。語呂合わせ以外でも「なんでも右足から」(靴を履く時や建物に入る時など)で験を担ぐ人もおり、昔から様々ある。

語呂合わせで験担ぎ商品を売り出す企業もある。キットカット伊予柑風味(「きっと勝つ」「いい予感」)、ばかうけ(受かる)、青森県五所川原市にある立佞武多の館内展望ラウンジの揚げた鯛焼き入り蕎麦(合格させて「あげたい」)などである。

縁起が良さそうな地名や鉄道駅名が験担ぎの対象になることもある。北海道の愛国駅と幸福駅は廃駅であるが、記念品や土産物として人気があった愛国駅→幸福駅の切符は「愛の国から幸せになる」を連想させるため、駅としての廃止後も販売されている。

日本における験担ぎの例

試験前に爪を切らない
朝起きたらすぐにラジオ体操をする
塩を盛る
お茶を飲まない

ゲン担ぎの反対「ジンクス」

ジンクス(英語: jinx)とは、縁起の悪い言い伝え。さまざまなものがあり、生活に密着した教訓・習慣・法則の一つ。科学的根拠に基づかず、経験に基づき唱えられる場合が多いため、前後即因果の誤謬に陥っているものが少なくないが、近世になってから裏付けがとれたものもあり、全てが迷信とは言いきれるわけではない。また、縁起担ぎに関するものでは類感呪術的な発想も多い。

語源は不鮮明だが、ギリシア語のイユンクス(Iynx, アリスイ。キツツキの一種)に起因するという説がある。アリスイは、自らの首を180度回転させ真後ろを向けられるため、不吉とされてきた背景があり、しばしば魔法と占いに用いられた。

語義は「縁起が悪い」「運が悪い」など悪い意味であり、日本においては良い縁起という意味でも使われる事があるがこれは本来は誤りである。

生活のジンクス

  • 三代目が家を潰す。特に商家や同族経営の会社に対して。「売家を 唐様で書く 三代目」という川柳が江戸時代からある。
  • 4は「死」、9は「苦」に通じることから、縁起が悪いとしてホテルや病院の部屋番号や階層、鉄道車両の番号等で使用を避けることがある(「3」も「惨」に通じることから、使用を控えた会社があった)。また旧海軍において、潜水艦の艦番号に「3」もしくは3の倍数の数字がつく艦は不吉というジンクスが存在し、有名な「伊33」などがある。自動車のナンバープレートでは、末尾「42」と「49」を飛ばして付番されており、車種を示す平仮名も『し』は『死』を、『へ』は『屁』を連想させるため使われていない。また駐車場でも、4と9のつく番号を飛ばしているところは少なくない。しかし、葬儀業者の電話番号は『1142(いい死に)』『4142(よい死に)』『4242(死に死に)』などとしているところが多い。日本プロ野球でもこれらの番号はよく思われないことが多かった。ただ42はメジャー史上最初の黒人選手ジャッキー・ロビンソンの背番号と同じ番号のため黒人選手にはむしろ好まれる番号でもある。またメジャーリーグ全球団共通の永久欠番であることから、助っ人外国人選手がこの番号を希望することがある。
  • 近年では、ほとんどの日本人選手もこの迷信が通用しないため、この番号を希望することもある。キリスト教圏では、イエス・キリストの最後の晩餐に出席した人数が13人であったことから「13」を不吉な番号として、また「666」を悪魔の番号であるとして使用を控えることがある。
  • 国鉄の機関車において、54形を名乗る機関車は、構造欠陥や整備難で早期廃車されてしまう(ED54形電気機関車(1926年)・C54形蒸気機関車(1931年)・DD54形ディーゼル機関車(1966年)・EF54形電気機関車(1932年))。

政治のジンクス

  • 知事経験者は他の都道府県の知事選に出馬しても勝てない – 1947年に知事が公選制となり普通選挙で選出されるようになって以降、複数の都道府県で知事を歴任した人物はいない。
  • プロ野球で中日ドラゴンズが優勝すると政変が起きる(1954年日本一時の造船疑獄による吉田内閣退陣、1974年優勝時の田中金脈問題による田中内閣退陣、1982年優勝時の鈴木内閣退陣、1988年優勝時のリクルート事件(翌年竹下内閣退陣、昭和天皇崩御)、1999年の(中日が優勝を決めた日に)東海村JCO臨界事故、2004年の新潟県中越地震、2011年の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)(2010年と2011年にリーグ優勝し連覇)など古くからささやかれており、メディアで言及されるケースも多い。)
  • 選挙の月には宿泊施設の客が減る – ホテル・旅館業界の政治に絡むジンクス
  • FIFAワールドカップ直後の国政選挙は与党が敗れる。
  • 酉年には政変が起こる – 1921年には原敬暗殺事件、1933年には日本が国際連盟を脱退、1945年には第二次世界大戦が終結、1993年には自民党が初めて下野し政権喪失(細川内閣成立)、2005年には小泉郵政選挙など、酉年には政治で異変が起こる。

指輪のジンクス

何気なくつけている指輪ですが、指輪をつける10本の指それぞれに意味・ジンクスがあります。左手薬指は、マリッジリングとして有名ですが、その他の指にも意味やジンクスがあります。以下で紹介していきましょう。

親指
左手
・信念、意思を貫く
・目標を達成する
・行動力を高める

右手
・リーダーシップを発揮する
・自分の影響力を高める
・困難を乗り越える

人差し指
左手
・積極性を向上させる
・精神的に前向きになる
・願望を実現へ導く

右手
・集中力を向上させる
・行動力を向上させる
・コミュニケーション能力を向上させる

中指
左手
・直観力、インスピレーションを高める
・クリエイティビティを発揮する
・人間関係を円滑にする
・「好き」という意思表示になる

右手
・直観力、インスピレーションを高める
・邪気から自分の身を守る
・「恋人募集中」の意思表示

薬指
左手
・男女の愛の証
・愛のきずなを深める
・「婚約、結婚しているという意思表示」

右手
・恋愛を成就させる
・心を安定させる
・創造性を向上させる

小指
左手
・願いをかなえる
・チャンスや幸運を引き寄せる
・恋を成就させる
・素敵な出会いを引き寄せる
・愛情深い人間になる

右手
・表現力を豊かにする
・自分の魅力を高める
・好感度をアップさせる
・金運をアップさせる
・自分の身を守る

戦国時代

大昔の日本、戦国時代はその名のとおり、日本国中の大名が自分の領土を増やそうと奮闘し、戦を行なっていた時代であることは、皆様もご存知のはず。

戦国時代が小説に映画やドラマ・ゲーム化までされるのは、戦国武将たちの生き様に、ドラマ性があるといった魅力を感じる人が多いからであろう。

特に戦となれば、敵と味方の駆け引きが勝敗を左右する、熱い戦いが繰り広げられていた…と、想像するのではないだろうか?

実は戦国時代の戦は、ただ敵を倒そうと戦っていたわけではなく、しっかりとルールや作法があったらしい。しかも我々が想像している戦と現実の戦はかなり違うとか…。

戦が始まったら突撃~!…ではなく悪口!?

実際に戦を始めるとして、いくら殺したいほどにムカつく相手であっても、いきなり大量の兵士を連れて城へ攻め込む…などということはしない。しっかりと事前に準備をしてから戦に出るのである。

準備というのは戦をするための出陣する日にちや、武具や兵士の調達、出陣のための儀式といった段階を踏んでしっかりと下準備をするのである。ただ下準備をするだけではなく、日本人の“さが”であろうか、縁起の良さを特に重要視していたのだ。

さて、準備が終わればいざ戦場へ! 陣形を組んで敵と向かい合ったら突撃ー! 敵の大将の首を取れー! ………じゃないんだなこれが。なんと最初に行うのは悪口合戦だというのだ!

「鬨(とき)の声」という味方の士気を上げる掛け声を行なった後に、まずは敵の悪口を言うのである。まさか「バーカバーカ!」ではないと思うが、恐らくはお互いの総大将の悪口を言っていたものと思われる。…小学生かよ!

悪口合戦で味方のテンションがアップしたところでやっと戦が始まる。戦が始まる際は、まず鏑矢(かぶらや)という放つと音がなる矢を合図に、敵陣に向けて一斉に弓矢を放つ「矢合わせ」というものを行う。

矢合わせには、事前に敵の兵士の数を一気に減らすという目的があった。矢を放った後は、お互いに槍を持って歩み寄り、槍で叩き合うのだ。この最中にどんどん陣形にほころびが出てくるので、騎馬隊などを導入し、どんどん状況に合わせて戦法を変えていったということらしい。

ちなみにドラマでの戦などでは、戦国武将が馬にまたがり格好良く戦場を走り回っているが、実際の戦では最初は馬から降りて戦っていたのだ! 馬にまたがりっぱなしで戦うことは皆無だったらしい。

そして最終局面に至っては大体取っ組み合いのケンカになって脇差で刺していたという…。結構恐いかもしれないなそれ。敵の大将を討ち取るか、降伏の宣言などがあればそこで戦は終わりである。後は味方の武功をホメたり、敵の処罰へと続く。

これが戦の大まかな流れだ。思ってたものとなんか違うな…と、お思いの方もいるかもしれないが実際の武将がサラブレッドじゃなくてポニーに乗ってたとかそういう話もあるわけで、やはり我々が知っている戦国時代は少々美化しすぎているのかもしれない。

ゲン担ぎは大事!

①出陣の日取り

まず日取りですが、これは「往亡日」という陰陽道に基づく悪日があるそうです。しかも季節ごとに異なるので、軍師の人はそれぞれ覚えなくてはなりません。

②方角

次に方角です。これはもう今でもある程度よく知られているかもしれないですが、「北」は凶となります。一方で「東」と「南」が吉です。出陣式の際は式を執り行う方角から具足の向き、出陣前の前祝の席もとにかく東か南に向けます。

さらに、出陣するときの方角も北を避けます。したがって、自軍が布陣した場所から見て北に敵陣がある場合は一旦東か南に出陣してから、敵陣の方に向かいます。

③出陣式をする場所

これはもう神社の前でできれば言うことはありません。
城中でやる場合は、まず刃物を床に置きます。そしてそれを踏み越えます。そうすると「刃を踏み越える⇒勝利(刃物を縁起の悪いものと見立てる)」ということになるそうです。また「刃で防ぐ」という縁起のいいことにも早替わりするそうで…。便利な解釈だな…。

④縁起かつぎの食べ物

打鮑、勝栗、昆布が「打ち、勝ち、喜ぶ」となって縁起がいいので、出陣前にはこれらを喰うそうです。しかもこの順番に喰うのが絶対条件。だから、順番も覚えないといけません。さらに、それぞれの喰い方にも細かい決まりがあったそうです。しかもその細かい決まりも全部縁起かつぎ。

でも、この3つの食べ物、いずれも消化がよくないそうです。
関ヶ原の合戦で石田三成は腹を下し気味だったそうですが、もしや縁起かつぎでこの3つを喰いすぎたのでは…とか疑ってしまいます。

⑤左右吉凶

最後は左右吉凶。
基本的になんでも左なら吉、右なら凶です。例えば乗った馬がどちらの足から踏み出すかとか、動物が目の前を横切る時に、どっちからどっちへ横切ったかとか…。落馬したとしても左からなら吉です。

もうここまで来ると、あらゆる事柄が占いの材料になってますなあ。でも、犬は左から右へ行ったけど、鼠は右から左へ行ったとしたらどうするんだろう。やっぱりいい方優先なんだろうか。

実はこのほかにも出陣前の縁起かつぎはあります。多くの武将が共通でやっていたのが、今回挙げたようなものというだけで、各人「これは縁起がいい」という行動は毎回取っていたようです。

まあそれにしても、軍師はこういうことに通じてないといけないんだから大変だなあ。そういえば、三国志の諸葛孔明とかは星空を見て、「破軍の星」とか「将星が堕ちた」とかなんとか言ってたなあ。
…まあとにかく頭がよくないと縁起かつぎはできないということでしょうか。

武田信玄

験担ぎをことのほか熱心に行なっていたのが、甲斐の戦国武将・武田信玄だ。必要なときにすぐに手に入れられるよう、領国内に勝栗専用の蔵まで設けられていたというから驚きだ。ちなみに、現在の山梨名物に「アワビの煮貝」があるが、これも一説には武田信玄が験担ぎのために取り寄せた鮑がその発祥だという。

戦の天才と呼ばれた武田信玄だが、それだけに「時の運」がどれほど重要かを知り尽くしていたはずだ。実力がある人ほど、験担ぎもおろそかにしないのだろう。

「小さな習慣」にこだわった世界的映画監督

『七人の侍』『生きる』など、数々の名作を残し、日本のみならず世界的な名声を誇る映画監督、黒澤明。「撮影の邪魔だと民家の2階を撤去させた」「撮影では開けることのない引き出しの中にモノが入っていないと激怒した」……等々、その「伝説」は数知れない。

そんな監督が休日に必ず行なっていた験担ぎがある。それは「爪を磨き上げる」ことだったという。その意図は不明だが、爪を徹底的に磨き上げることで、映画における細部へのこだわりに対する感性を磨いていたのかもしれない。

ちなみに、「爪」に関する験担ぎやジンクスは多い。「人の爪の垢を煎じて飲む」というよく知られたことわざがあるし、「爪に白い点が現われると幸運のしるし」という俗説もある。経営者の中にも、爪をきれいに保つことは欠かさないという人は多い。そこには外見を清潔にするという以上の意味がありそうだ。
爪の手入れという「小さな習慣」でも、それをどれだけ真剣に続けられるか。それが成功者とそれ以外の人間とを分けるのかもしれない。

政治家

政治家に「験を担ぐ」人が多いことはよく知られており、少し前には安倍首相が選挙前に食べる「3,500円のカツカレー」が話題になったこともあった。近年、その功績と破天荒なキャラクターやカリスマ性で人気が復活している田中角栄元首相もまた、数々の験担ぎを実践していたという。

その一つが「酒を飲む際は『オールドパー』を」というもの。なぜ彼はオールドパーを好んだのか。その秘密はボトルにある。実はオールドパーのボトルは斜めに傾けてもそのままの状態で立ち続けて「倒れない」構造になっている。だからこそ、不屈の精神の象徴として政治家に好まれていたのだ。あの吉田茂元首相も、同じ理由でオールドパーを好んでいたという。

考えてみれば、「開運」「福来」など、お酒の名前には験担ぎを意識したものが多い。穀物や果物から作られるお酒は、まさに豊かさの象徴だからだろうか。だから、せっかく飲むのなら「幸運」につながる飲み方を心がけたいものだ。人の悪口を言うより、良いところを称える。愚痴を言うより、未来の夢を語る……そんなお酒の飲み方をできる人には、きっと幸運もやってくるはずだ。

「馬の置物」をコレクションする世界一の富豪

験担ぎをするのは日本人に限らない。たとえば西洋人にとって馬は「幸運を呼ぶ」存在とされており、数々の験担ぎに用いられている。
なかでも、「馬の蹄鉄」は古来よりヨーロッパにおいて「幸運をもたらすアイテム」として知られており、多くの家の玄関に飾られていたとか。「馬が幸運を運んでくる」、あるいは「蹄鉄のU字型の部分に幸運が入ってくる」という意味合いがあるという。

現代においてその「馬」にこだわっているのが、マイクロソフト創業者であるビル・ゲイツ氏。自宅にて馬の置物を数多く収集しているという。
また、ゲイツ氏は自ら乗馬も嗜んでおり、なんとフロリダに馬術練習場を購入してしまったというからすごい。もっともこれは馬術選手でもある娘のジェニファー・ゲイツのためでもあるという。さすがは世界一のお金持ち、験担ぎと自らの趣味と娘の実利を一気に満たすお金の使い方といえる。こうしたスケールが大きいことを考えられるから、運も味方するのかもしれない。

実は験担ぎの多い野球の世界。あの伝説の選手も実践していた

運に左右されることの多いスポーツの世界では、験担ぎをする人が多い。とりわけ野球界にはその傾向があり、よく知られているものだけでも、「スパイクを必ず左から履く」(イチロー)、「勝った日と同じ色のパンツをはき続ける」(野村克也)など、たくさんある。

なかでも、大リーグのロサンゼルス・ドジャースで活躍する前田健太投手はその「験担ぎ」の多さで知られている。あるテレビ番組で験担ぎのルーティンについて聞かれたところ、「前の日の晩に唐揚げを食べる」「風呂を掃除する」「真ん中のブルペンで投げる」「ラインは左足でまたぐ」など、なんと20以上もの験担ぎを実践しているのだという。

ちなみにこの「験担ぎ効果」を上手に使ったのが、かの「野球の神様」ベーブ・ルース。大リーグには「試合前に空樽を見るとヒットが打てる」というジンクスがあったそうだが、ベーブ・ルースは監督時代、自分でお金を出し、空樽を積んだトラックをわざと選手の前で走らせた。すると実際、チームは絶好調になったという。

メンタルが成績に大きな影響を与えるスポーツの世界では、「験担ぎ」によって精神が安定し、それが「やる気」を呼び、いい結果につながるということなのでは。

「お笑いの大御所」の意外な験担ぎとは?

お笑いの世界でもとくに破天荒なイメージがあるビートたけし氏。そんな彼がやっている験担ぎの習慣が「トイレ掃除」と聞いたら、きっと意外に思うのでは。自宅はもちろん、ときにはロケ先のトイレや公園のトイレ、さらには隣の家のトイレまで掃除をしたこともあるというから驚きだ。

若い頃に、師匠から受けたアドバイスがきっかけだったというが、それを30年以上継続しているというところに、彼のすごみがある、ともいえる。

実はこの「トイレ掃除」は、数多くの著名人やお金持ちが実践している、ある意味代表的な「験担ぎ」だ。イエローハット創業者の鍵山秀三郎氏は、海外まで出かけてトイレ掃除をしているというし、松下幸之助や本田宗一郎といった名経営者もトイレ掃除にこだわっていたという。身の回りをきちんと整える人に運は味方する、ということだろうか。本気でトイレ掃除に取り組む著名人が決して少なくないことを考えると、幸運を呼び込む効果的な方法は実は身近にあるのかも、と気づかされる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました