麦茶

麦茶の原料となる大麦は、いつ頃日本にきたのですか?

大麦と人類のかかわりは大変古く、今からおよそ1万3千年前に、イラン、イラク、チグリスユーフラテス、インダス川流域の古代文明発祥地で、栽培されていたことが知られています。日本には、縄文期の末期、今から2500年ほど前に、栽培植物として伝播し、広く全国に広がったと考えられています。

日本で大麦が麦茶として飲まれるようになったのは、いつ頃からですか?

わが国では、はやくから大麦を炒って飲料にする習慣がありました。緑茶の普及するはるか以前で、戦国の武将たちも好んで愛飲していたと伝えられています。江戸時代末期になると、麦茶は、町人衆の気軽な飲み物、お茶がわりとして商品化され今でいう喫茶店のような「麦湯店」なるものが出て、大いに繁盛したようです。人々は縁台に座って麦茶を楽しみ、話に花を咲かせたことでしょう。明治になってからも、上野・浅草・両国などの下町では、夕方から夜中まで「むぎゆ」と書いた行燈が通りに立ちならび庶民の憩いの場となっていました。

以来、親から子へ、子から孫へと親しまれ、私たちの暮らしの中にしっかりと定着しました。

麦茶が夏場によく飲まれるのはなぜですか?

夏の季語として読まれる麦茶は、まさに夏の風物詩的な趣をもつ飲み物です。香ばしさとさっぱりしたのどごしが好まれていますが、他の清涼飲料水と違い、保存料、甘味料等の添加物が一切含まれていない他、カフェインやタンニンなども含まれていません。
夏場は、身体の新陳代謝が活発になり水分を多くとりますが、水のかわりに麦茶を飲むことによって水分を補給することができ、「さっぱりとして美味しい」、安心して飲める自然飲料として多くの人に親しまれているからです。

麦茶には、どんな種類のものがありますか?

麦茶の原料は、国産の小粒大麦、大粒大麦、はだか麦です。最近では外国産(オーストラリア・カナダ)の大麦も使用しております。なお、商品としては、丸粒麦茶(いわゆる棒麦茶)ティーバックの麦茶があり、手間のかからないお手軽タイプのティーバックが圧倒的に多くなっています。

ティーバック形式の麦茶は、煮だすタイプと冷水に直接入れるタイプに分かれます。さらに、好きな時に飲める紙パックや缶入りの麦茶もあり、麦茶の形態もバラエティーに富んできました。

麦茶の効能

胃を守り成人病の予防にもつながる。

麦茶の抽出物をテストしたところ、胃の粘膜を保護する作用や糖尿病の合併症を防ぐ効果、炎症を抑える作用など、優れた機能性があることがわかりました。

麦茶を愛飲してきた私たちの祖先の知恵には、科学的な根拠があったと言えるでしょう。

「抗酸化成分」が含まれていることが発見されました。

「抗酸化作用」を持つため、「ガン」「脳卒中」「心筋梗塞」「糖尿病」等の予防効果が期待されています。また、麦茶の原料である大麦は食物繊維が豊富で鉄分に富み、他方、「カフェイン」や「タンニン」を含まないので眠れなくなることもありません。栄養価の高い麦からできた麦茶、夏に限らず、一年中飲むと良いですね。

また、麦茶の有効成分を効果的にとるには、丸粒麦茶かティーバッグ麦茶を5分以上ヤカンなどで煮出したものが良いようです。

体が温まるお茶・冷えるお茶

お茶には大きく分けて、
体を温める効果を持つものと、冷やす効果を持つものがあります。

簡単に分けると、

発酵している=体を温める
発酵してない=体を冷やす

となります。

例えばお茶。

緑茶=発酵無し
ウーロン茶=弱発酵
紅茶=完全発酵

体が温まるお茶 冷えるお茶

発酵とは、お茶に含まれる酵素によりカテキン(タンニン)が酸化し、
別のものになることを意味します。

体を温める効果のあるものは、発酵しているお茶ですが、
実は科学的には解明されてはいない?ようです。

紅茶やプーアル茶、ほうじ茶やルイボスティーは、
発酵度の高い茶葉を使っているお茶なので、
飲むことで代謝が促進され体が温まります。
特に紅茶は完全発酵茶なので、特に体を温める効果が高いと言われています。

緑茶は寒い冬などに温かい状態で飲む事も多い飲み物ですが、
発酵していないお茶なので体を冷やす飲み物となり、逆効果です。

不発酵茶と言われるお茶

「チャの葉」から作られるお茶には「煎茶」「深蒸し煎茶」「玉露」「抹茶」「番茶」「ほうじ茶」「玄米茶」「プーアル茶」「烏龍茶」「紅茶」などがあります。

お茶にまつわることわざ

お茶の子さいさい

「こんなこと、オチャノコよ!」と威勢いせいよく啖呵たんかをきる人がいます。「オチャノコ」というのは、「お茶ちゃの子こさいさい」の短縮形たんしゅくけいで、つまり、「こんなことカンタンよ、すぐできちゃう。」という意味いみなのです。しかしながら、「お茶の子」「さいさい」とは、いったいどんな意味を持つのでしょうか?

「お茶の子」とは、お茶受けに出されるお菓子かしのことだとか、彼岸ひがんに仏前ぶつぜんに供そなえるお萩餅はぎもちのことなどといわれています。どちらにしても、「カンタンに食べることができ、お腹なかにたまらないもの」というもので、そこから転じて、「ものごとをカンタンにこなすことができること」の意味を持ったようです。

それに民謡みんようなどの囃子はやしである「さいさい」がついて、より軽快けいかいに「物事ものごとをこなす」イメ-ジとなった模様もようです。

「お茶の子さいさい」という威勢の良い言葉を発したのはいいけれども、どうにも上手うまくいかない」というあなた、原点げんてんに戻もどって、お茶とお菓子でカンタンな腹ごしらえをしてみてはいかがですか?

茶柱が立つ

「茶柱ちゃばしらが立ったから縁起えんぎがいいよ」とホクホク顔で喜んでいるお父さんやお母さんをみたことありませんか?
「茶柱」というのは、お茶の茎くきや葉の軸じくのことで、一般的に「葉を蒸むらして」飲む日本茶では使われない部分のことです。従って、「お茶の茎や葉の軸」が「茶葉」に混入こんにゅうすることも珍めずらしければ、更さらにそれが急須きゅうすの口から出てきて、縦に浮かんでしまうことも珍しいことなのです。

そういった理由から「確率が低く、とても珍しい」現象として捉とらえられ、縁起かつぎにつながっていったと考えられています。

現在では、「自動茶摘機」が導入されたことや番茶の普及ふきゅうもあり、「茶柱が立つ」現象は、昔よりも多くなったと思われますが、それでも、「茶柱が立つ」という考え方は失われていません。それだけ、日本人の生活の中には歴史的に「お茶」が溶け込んでいるといえるのではないでしょうか。

お茶を着る

「お茶は飲むもの」との認識にんしきがされている近年、一時期「食べるお茶」というものがブ-ムになったことがありました。それだけ「お茶」は人間の生活に根付いており、健康増進けんこうぞうしんにも影響力えいきょうりょくを持つと考えられているわけです。

そして、ここにきて「お茶を着る」という現象まで現れてきました。

これは、緑茶を使って染めた布地の服を着用する、ということなのですが、これが現代の健康法&エチケットになっていくと思われているのです。つまり、「緑茶パワ-」といわれる抗菌こうきん・消臭効果しょうしゅうこうかを利用して、敏感肌対策びんかんはだたいさくや不快臭ふかいしゅうの抑制よくせいを図り、快適な生活を送っていく一助いちじょとしようという研究が日々進められているのです。

様々な敏感肌対策用品や消臭効果剤が存在しますが、自然の力を役立てることのできる「緑茶パワ-」こそ、新しい時代に求められているものなのかもしれません。

茶化す

「お茶にしない?」・・・仕事や作業に疲れた時に、よく使う文句ですね。字面じづらの通り、「お茶を飲んで一服いっぷくする」という意味から「休憩きゅうけいしよう」という意味でも使われます。言葉が示す通り、お茶は昔からリラックスを代弁だいべんするものだったのですが、一方でもう1つ別の意味が存在します。それは、「ふざける」「はぐらかす」というネガティブなものです。何故なぜ、もう1つの意味で使われるようになったのでしょうか?
それには、お茶の役割やくわりが深く関っています。元々、お茶は高級なものであったことより、人をもてなす時の飲み物でした。即すなわち「お茶で接待される」ことは、大事に扱ってもらっている証拠しょうこだったのです。そういう意味が込められているので、「お茶さえ出しておけば、大丈夫」と誤魔化ごまかす輩やからが出てきて、「お茶」にダ-クな意味合いが発生してしまったのだと言われています。
このような経緯けいいより、「茶化す」という言葉も“茶”の動詞形として、「ひやかす」「からかう」という意味になったということです。
人間の生活に合わせてさまざまな意味をもたされるのは、長いお茶の歴史が為なせる技わざといったところでしょうか。

お茶を濁す

自分の知らないことや、詳くわしくないことで意見を求められてアタフタした思い出はありませんか?そんなとき、口からでまかせを言ったり、ちょっとしたウソをついたりして、その場しのぎをしてしまうことがありますよね。これを「お茶を濁にごす」といいます。
このことわざは、茶道さどうの作法さほうに関係があります。茶道さどうは、鎌倉時代に抹茶まっちゃが入ってきたことと、お茶が当時の座禅修行ざぜんしゅぎょうの中で眠気覚ねむけざましの特別飲料として扱われたことより始まったと言われています。このことから、寺院じいんでの生活の規範きはんの中に「茶の喫きっし方」もきちんと決められ、「作法に従って飲むこと」が義務付ぎむづけられるようになったのです。もちろん作法は、形式だけのものではなく、「人をもてなす」という意味において様々な趣向しゅこうがこらされて、「茶の湯」として発展していったのです。
この「茶の湯」の作法がよく解らないのでいい加減かげんに形だけ取り繕つくろってお茶をたて、その場を誤魔化ごまかすことを「濁にごす」という言葉に例えたようです。
「誤魔化ごまかす」という意味のことわざではありますが、その奥には深い茶道さどうの歴史が隠かくれているのです。

おちゃっぴい。

“おちゃっぴいな女の子”というと、「元気でかわいらしい少女」のイメ-ジを想像そうぞうしませんか?事実、「おちゃっぴい」という意味は、「女の子の、おしゃべりで活発かっぱつな様子」を指します。ちなみに、この言葉は、「お茶を挽ひく」ということわざから転じたものだそうです。このことわざの意味は、「開店休業状態かいてんきゅうぎょうじょうたい」「商売が暇ひま」というものですが、語源は江戸時代まで遡さかのぼります。

遊郭ゆうかくが発展した江戸時代、お客がない遊女ゆうじょのことを「お茶挽ひき」と呼んでいました。それは、他に仕事もないので、お客に出す茶を茶臼ちゃうすで挽ひいて粉にする作業をしていたことより、「あだ名」の様に使われる様になったようです。遊女ゆうじょたちは、ぺちゃくちゃとおしゃべりをして気を紛らわせながら、その単調な作業をやりすごしていたのでしょう、そのカシマしい状態を「お茶挽ひき」の形容詞として「おちゃっぴい」と呼ぶようになったといわれています。
女性の話好きなことを「井戸端会議いどばたかいぎ」などと揶揄やゆしますが、大昔からそれは変わってないようですね。

お茶で健康に

朝にお茶を飲むことは・・・

朝起きたら、あなたは何をしますか?歯を磨みがく、シャワ-を浴びる、とりあえず朝のワイドショ-をチェックする…etc.1日を始めるに当たって、その人なりのル-ルをもっているのではないでしょうか?昔の人たちは、「朝にお茶を飲む」ことで縁起えんぎを担かついでいました。 それは、「朝茶はその日の難逃なんのがれ」、「朝茶は福が増す」「朝茶に別れるな」「朝茶は三里さんり帰っても飲め」といった「朝茶」に関する言い伝えが全て、縁起の良いものであることからも解るでしょう。
実際、お茶には様々な成分が含まれており、身体に良いといわれています。

例えば、お茶に含まれるカフェインが起きたばかりのアタマをすっきりとさせ、1日のスタ-トを気持ちよくきれる様な働きをすること、ビタミンCが含まれることで風邪(かぜ)などの対策たいさくに良いこと…etc.があげられます。その他にも様々な成分が含まれており、経験的に“身体によいこと”を知っていた先人達が「朝茶」の習慣しゅうかんを言い伝えとして残したと考えられます。
明日の朝から、お茶を飲む工夫をしてみませんか?その日のラッキ-カラ-やラッキ-ナンバ-と同様に、その日のツキを呼び込むかもしれませんよ。

お茶でエステ?

お茶が美容に良いというのは、含まれる成分が身体にとって良いものが多いからでしょう。緑茶だと、ビタミンCによる美肌対策、紅茶だと、タンニンによる老化対策ろうかたいさく..と他にも様々な成分があげられるでしょう。
実は、インドには、お茶の力を借りた日常に根付く健康法があります。これは、インドに昔から伝わる“ア-ユルベ-タ”の一種で、身体や心の状態に合わせて、お茶チャイにハ-ブやスパイスを混ぜて飲むものです。ア-ユルベ-タといえば、日本ではエステティックの1つの方法として有名ですが、実は健康法の1種なのです。
毎日飲むチャイに簡単な工夫を凝らす、しかも、個人の好みに合わせて作ることができるインド式チャイは、リラックス効果が高いそうで、一家の母親やお婆さんが家族のために作るのが日課だそうです。

ここは日本で、インドの様にカンタンにはチャイを楽しめない、とお思いでしょう。しかし、そんなことはありません。お茶を使って、簡単にリラックスできる方法もあるのです。幸さいわい、日本では、様々な種類のお茶を飲むことが出来る環境にあります。それを利用して、あなたの身体や心の状態に合わせて飲むお茶を変化させればよいのです。例えば、フレッシュになりたいときは日本の緑茶を、すっきりと爽やかになりたいときは中国の緑茶を、ゆっくりと時間を楽しみたいときは紅茶を…という様に、自分の好みの味と香りをみつけて楽しむことが1つの健康法なのです。お茶でリラックス、これが気軽に出来る心のエステと言えるのではないでしょうか。

世界で最も高価なお茶

4.鉄観音(てっかんのん)約3.7万円/100g

『鉄観音(てっかんのん)』は、前述した3つのお茶に比べると値段が下がりますが、それでも100gで37,000円という価格はやはり規格外といえます。

鉄観音は烏龍茶の一種で、半発酵茶です。さらに発酵させると紅茶になります。
実は、元々緑茶も紅茶もウーロン茶も【チャノキ】という植物の葉からできたもので、発酵具合によって違いが生まれているのです。
現在はそれぞれの発酵に適した品種が生み出されており、多くの人たちを楽しませているのです。

鉄観音という名前は、仏教の観音菩薩に由来します。
非常に高価なお茶ではありますが、7回は風味を損なわずに淹れることができるため、少量で長く楽しめるお茶です。

また、この茶葉が特別とされるのは、五感のすべてを楽しませてくれるところです。明るい緑色の茶葉ときらめく黄金色の液体の対比は、見た目にも楽しいものです。また、茶葉にお湯を注ぐと、涼やかな音色がして耳を楽しませてくれます。
香りはしっかりとした栗のような芳香で、すするとその豊かな香りが口の中にも広がります。

3.熊猫茶(ぱんだちゃ)約60万円/100g

続いてご紹介する『熊猫茶(ぱんだちゃ)』は、パンダの糞を肥料にして育てたお茶です。
元々、書道の先生だった安氏は、パンダ飼育センターからパンダの糞を11トン購入し、それを肥料にして中国南西部四川省の山間部で茶葉を育てています。

安氏は「養分に富むパンダの糞は、化学肥料よりもずっと良いはず。人間は、天や地と環境と調和した関係を築くべきなんだ」という思いから、化学肥料を動物の堆肥に置き換えることを使命として取り組んでいるそうです。
パンダは野生の笹しか食べないのですが、栄養として吸収されるのはその30%ほどで、残りの70%は糞として排出されます。
栄養価の高い糞により、お茶に与える好影響を期待して育成されたこのお茶は、2012年に初めて収穫され、販売されました。

安氏がこのプロジェクトに投資した金額は1000万円以上といわれています。このお茶の価格が高価であるのも、そのコストと珍しさが影響していると考えられますが、どのような味なのか、評価されるのはこれからでしょう。

蟲糞茶(ちゅうふんちゃ)約100万円/100g

次にご紹介する『蟲糞茶(ちゅうふんちゃ)』も大変に高価でありますが、この漢字が示す通り、《コメシマメイガ》や《ヒロオビウスグロアツバ》という蛾の幼虫の糞から作られたお茶です。
そのため、試すには少々勇気がいりそうなお茶ですね。コナシ(バラ科)茶などの葉を食べた幼虫の糞からできたこのお茶は、苗族(ミャオ族)の間で飲まれ始めたものだったのですが、香りや味が良いと評判になり、東南アジアなどに広まっていったそうです。
木桶に葉を入れ、葉を食べた幼虫が排泄した糞を集め、天日干しや釜で乾燥させる手法で作られます。

実際、このお茶はプーアル茶に似た色で、「糞」のような臭みは皆無だそうです。むしろ、茶の香りがしっかりとあり、蜂蜜の甘みを感じられるほどだそうです。
さらに、蛾の幼虫が葉を食べる際に、その酵素によって葉の成分が分解され、リジン(アミノ酸)を生成するため、うま味が増えます。
しかも、消化の過程で善玉菌が多く含まれるので、

健胃作用
整腸作用
止瀉作用
止血作用
などの薬効があるといわれています。
お値段は大変に高価ではありますが、一度は試してみたいものです。

1.大紅袍(だいこうほう) 約1395万円/100g

この『大紅袍(だいこうほう)』というお茶は、岩茶という種類に分類されます。
岩茶とは、岩場で育つお茶のことを指しています。
土の中のように根を張れるようなスペースが十分にある訳ではないため、根は発達していません。
そのため、生存に必要な水分や栄養素を葉から行うのです。そうして発達した葉は肉厚になり、旨みが増すと言われています。

その岩茶の中でも、中国福建省北部の武夷山市(ぶいざん)産が最も貴重であるとされており、その中でも最も高価なものが、この大紅袍です。
この大紅袍は政府が管理しており、年間800グラム程しか採取できません。その希少性から、一般には入手することが困難です。
しかしながら、その原木から接ぎ木によって栽培される茶葉は、一般の方でも買える価格で流通しているのでご安心下さい。

平成30年新茶初取引 史上最高値109万円 2年連続富士宮のお茶

地元富士宮のお茶が2年連続で最高値を付けました。
手摘み手揉み茶で109万円/kgです。

富士宮のお茶が昨年に続き最高値を更新するというのは本当にうれしい限りです。

このお茶、たかはら地区から数百メートル隣の丘陵の地で採れたもので、たかはらと同じ富士山の地下水で育っています。

本日、落札されたお茶が地元富士宮に戻り、手もみ茶師範によって火入れされるということで、その現場に立ち会うことができました。

キメの揃った針状のかたちといい、鼻の奥の方で感じる甘い匂いといい、本当にいいお茶です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました