出産

最大な赤ちゃん

1955年にイタリアで生まれた男の赤ちゃんの体重が10.2キロで登録されている。1879年には米国で10.8キロの男の子が誕生したが、11時間後に死亡。

最小な赤ちゃん

昨年10月に体重265グラムで生まれた女の赤ちゃんが、同日退院したと発表した。無事退院した赤ちゃんとしては、出生時の体重が国内で最も軽く、世界でも2番目の記録だという。

「世界最小」は2004年に米イリノイ州で生まれた260グラムの女の赤ちゃん。

八つ子

ディア・スールマンさん
離婚経験があるシングルマザーで前夫との間に子供はなく、友人男性から精子の提供を受けた

一人が生んだ最高記録

世界記録を作ったのは、ロシアで農民をしているフェオドール・ヴァッシュリーブの妻、バレンティナ・ヴァッシュリーブ。産んだ子どもの数、なんと69人。たった一人で69人もの子どもを産むとは信じられないような数字。

1725年から1765年にかけて27回の出産で双子16組、三つ子7組、四つ子4組の計69人を産んだ記録がある(うち2人が早逝)。1人の女性が産んだ最多の記録と同時に四つ子及び双子の最多出産回数の記録保持者としてギネスブックに掲載されている。

世界最高齢出産

自然分娩

アメリカのルース・キスラーさんは、57歳で自然妊娠し出産したことがギネスブックに記録されています。 他に、イギリスのドーン・ブルックさんは59歳で自然妊娠し、帝王切開で出産したと言われています

ただブルックさんは出産以来10年間、高齢での出産を周囲に隠し続けていたそうで、ギネスブックには記録されていません。

体外受精

2006年、マリア・デル・カルメン・ボウサダが、米ロサンゼルスの病院で、自分の年齢を55歳と偽り体外受精を実施。12月にスペイン・バルセロナの病院で双子の男の子を出産した。出産時、ボウサダは66歳358日。新たな「世界最高齢の母」となった。

未確認

インドで70歳の女性が体外受精による出産に成功したということです。 彼女の名前はオムカリ・パンワーさん。パンワーさんは70歳になって体外受精を行い、無事に男の子と女の子の双子を出産しました。

しかしパンワーさんの生年月日がはっきりとしていないために、ギネス・ブックに認定されるかどうかは微妙にゆらいでいるようです。

世界最年少出産

史上最年少で出産したのは、ペルーの5歳の女の子。リナ・メディナちゃんだ。彼女がちょうど5歳7ヶ月21日の日、2.7キログラムの男の子を出産した。

5歳の時に腹が大きくなったために両親に病院に連れてこられた。当初は腫瘍を疑われたが、診断の結果妊娠7か月であることが判明した。

子供の父親は何者で、どのようにして妊娠したのかは、リナは一切語らなかった。2002年にロイターにインタビューを申し込まれるが、拒否している。

リナの妊娠が明らかになった直後にリナの父親が疑われて逮捕されたが、証拠不十分で釈放されている。世界初の体外受精による妊娠・出産は1978年であり、この時代にその技術があったとも考えにくい。

リナ・ メディナさんは現在78歳で健在です。一方、ジェラルドと名づけられた彼女の息子は骨髄疾病を患い、1979年に40歳で亡くなりました。

出生届をずっと出さなければどうなるの?

出生届とは

まず始めに、ここまで「出生届」を「しゅっせいとどけ」と読んでいるからが多いのではないでしょうか。正しくは「しゅっしょうとどけ」です。そんなことはどうでもいいことですので、期限の話を始めましょう。

出生届は赤ちゃんを出産した日を1日目とし、14日以内に届け出を出さなくてはいけません。14日目が役所の定休日の場合は、翌日まで延長されます。朝方に生まれようが、昼間に生まれようが、23時59分に生まれようが、その日が1日目とカウントされます。

期日を過ぎた際の罰則

期日内にどうしても名前が決まらない場合、正当な理由がある場合に限り、名前欄を空欄で出すことが認められています。当然ですが、「忘れていた」、「面倒だった」などといった不適切な理由では延期は認められません。そして、名前が決まり次第、速やかに「追完届」を提出しなければなりません。

不当な理由で期日が守られなかった場合、戸籍法第135条により、5万円以下の過料(罰金)を受ける場合があります。この場合の「過」とは「過ぎる(すぎる)」という意味ではなく「過ち(あやまち)」の意味の「過」になります。

それでもさらに名前が決められない場合、通常3ヶ月以上遅延した場合には、「戸籍届出期間経過通知書」に理由を書き提出する必要があります。この「戸籍届出期間経過通知書」は、簡易裁判所に通知され、場合によっては裁判所から5万円以下の過料通知が発行されます。

このように、最悪の場合は裁判所が絡んでくるややこしい事態になってしまいますので、名前は生まれてくる前にじっくりと考えておきましょう。

宇宙で出産した場合、国籍はどこになる?

「生地主義」と「血統主義」

国籍を語るには「生地主義」と「血統主義」という言葉を知る必要があります。生地主義とは、出生地によって国籍を決められる方法です。対して血統主義とは、両親の国籍によって子どもの国籍が決められる方法です。

各国によってどちらかの主義がとられており、その国のルールに従う必要があります。詳しくみていきましょう。

生地主義

アメリカやカナダなどの国々では、生地主義がとられています。例えば日本人の夫婦がアメリカで出産した場合、日本国籍を取るか、アメリカ国籍を取るか、その子ども自身が決める権利が与えられます。

血統主義

日本をはじめとし、中国や韓国などの国々では血統主義がとられています。例えばアメリカ人の夫婦が日本で出産をしたとしても、日本の国籍を得ることは出来ません。

宇宙で出産した場合は?

それではどこの国にも属さない宇宙空間で出産を迎えた場合はどうなるのでしょうか?これには面白いルールがあり、「その宇宙船がどこの国の宇宙船であるか」という所がポイントになります。

つまりアメリカの宇宙船であれば「生地主義」が、日本の宇宙船であれば「血統主義」が適用されるというワケです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました