おにぎり

食べ物 / 飲食店

おにぎりの歴史

おにぎりにのりが巻かれ、現在のような形になったのが江戸時代中期と言われています。当時、おにぎりは携行食として重宝され主に先巻きのしっとり派のおにぎりが主流でした。1970年代にコンビニエンスストアが日本にでき、後巻きのパリッと派が根付きました。当時のおにぎりはご飯をフィルムに入れたのりで巻いており、パリッとした食感を楽しめる反面で食べるまでの作業が煩雑でした。しかし1970年代後半、長野県のお惣菜屋さんが手軽にのりを巻ける画期的なパッケージを考案。このパッケージに目をつけた問屋が実用化し、大人気を博しました。このヒットを受け1980年代にはコンビニ各社がパッケージを開発し、現在の形式になりました。またこのパッケージは家庭用にも普及し「家庭で作るおにぎり=しっとりのり」というこれまでの常識を覆し、しっとり派とパリッと派を分ける一助になったと考えられます。

おにぎりの起源

おにぎりの起源は、平安時代の「頓食」(とんじき)という食べ物と考えられています。現在のようにおにぎりにのりが巻かれ始めたのが、加工された四角い板のりが「浅草海苔」などの名称で一般に普及した江戸時代中期、元禄の頃です。
のりは、栄養が豊富でかつ、手にご飯がつかないという便利さも相まって、おにぎりにのりを巻く習慣が根付きました。江戸時代は、携行食として重宝されていました。
現在では、携行食という概念がほとんどなく、日常的に食す一般食として普及しています。

おにぎりとおむすびの呼び名の違い

おにぎりとおむすびの呼び名の違いは諸説あります。日本の大部分で「おにぎり」と呼ぶのに対して、関東~東海道にかけては「おむすび」と呼ばれています。しかし、東京都と神奈川県では「おにぎり」と呼ぶケースが多いです。また、「おにぎり」と呼ぶコンビニ(ローソンなど)もあれば、セブンイレブンのように「おむすび」と呼ぶコンビニもあります。また、神の力を授かるために米を、山型(神の形)にかたどって食べたものが「おむすび」。「おにぎり」は「にぎりめし」の転じたものと言われています。つまり「おむすび」は三角形でないといけなくて、「おにぎり」はどんな形でも良いというの説が濃厚です。おにぎり協会では、ご自身にあった呼びやすい呼び名で呼ぶことをおすすめします。

神話まで遡る深イイ話

物理的に残されている最古の「おにぎり」は、なんと弥生時代のもの。約2000年前の「おにぎりの化石」として、石川県の「杉谷チャノバタケ遺跡」の竪穴式住居跡で発掘されています。黒く炭化してはいますが、人間の手で握った跡がしっかり認められるそうです。もっとも、弥生人がおにぎりを何と呼んでいたのかはナゾのままです。平安時代になって、ようやく文献にも「おにぎり」が登場します。屯食(とんじき)というもち米を蒸して固めた食べ物で、貴族の旅行や宴会の際に用いられていました。
 「おにぎり」・「おむすび」はいずれも「にぎりめし」を丁寧にした言葉だと言われています。

 「おにぎり」は、もとは女性や子供の言葉であった「にぎり飯(いい)」から「にぎりめし」に変化し、「おにぎり」はその言葉をさらに丁寧に言い換えたものだとされています。

 一方、「おむすび」は貴族に仕える「女房」の言葉が由来、とする説と、日本神話が由来、とする説などがあります。

 古事記にも、“天地創造にかかわった「カミムスビノカミ」が、スサノオに殺されたオオゲツヒメの両目から稲種を取り出した”ことが記され、ムスビという言葉とコメとの縁の深さを読み取ることができます。そして「おにぎり」のスタンダードともいえる、三角の形についても意味があるといいます。古代の日本人は、森や美しい三角形をした山のことを、神の住む聖域として 「神奈備(カンナビ)」と呼び、三角を神秘的な形としてとらえていました。米を三角形に握ることで、神の力を授かろうとした、古代人の想いにロマンを感じますね。

関東と関西の違い

関東では焼き海苔、関西では味付け海苔

苔の好みを東西別にみた場合面白い現象が目を引きます。どちらかというと関東では焼海苔、関西では味付海苔を好む傾向にあるのです。たとえば海苔をごはんにのせる場合、焼くことから生じる香ばしい香りを通してごはんを味わうのが関東であり、海苔の香りと混じりあった独特な甘みを通してごはんを味わうのが関西というわけです。
海苔は東西のごはん文化の違いの一端を垣間見ることのできる食品といえる

コンビニのおにぎりは、「安い米を塩水で炊いて、保存料代わりに表面に油塗ってる」

このあたりのことは食品表示に書かれていないことなので、知らない人はまったく知りません。
だからおにぎりのオコメはああいう一風変わった味がするんですな。

コンビニおにぎりは腐らない

購入したコンビニおにぎり(シーチキンマヨネーズ)が冷蔵保存でいつまで持つか、という実験をされました。そしたら95日経っても、中のシーチキンが腐っていないという衝撃の事実!

防腐剤をはじめとする添加物を使っているのは周知の事実ですが、ここまでとは正直、驚きでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました