ヤブ医者

ヤブ医者の「ヤブ」の由来

「あのヤブ医者め、出された薬飲んでも全然治らねーじゃねーか」体調が悪いときはついイライラして、このような暴言を吐いてしまうものだ。それにしても、ヤブ医者の「ヤブ」とはどこから来ているのだろうか?

ヤブという言葉、ヤブ医者以外ではヤブ蚊くらいにしか使わないイメージがある。ヤブ蚊のヤブは竹藪のことだろうが、ヤブ医者のヤブは一体何なのだろう?

養父の名医説が有力

この説は、江戸時代の俳人で、かの有名な松尾芭蕉の弟子であった森川許六(もりかわきょりく)という人物が1707年に編纂した「風俗文選(ふうぞくもんぜん)」を根拠としている。

「薮医者ノ解」と題された一節には、以下のように綴られている。

「世の中でヤブ医者というと下手な医者を指す意味で使われているが、本来なら名医のことを指す言葉である。いつの時代であったかはわからないが、ある名医が但馬の養父にひっそりと隠れて住んでいて、現地の人に治療をおこなっていた。」

この名医は死にそうな病人の治療を成功させることもあり、その評判は広く各地に伝わり、全国の医師の卵たちが集まり、名医の弟子となった。養父の名医の弟子といえば、病人からの信頼も厚く、治療や薬の効果も高かった」

なるほど、ヤブとは地名の養父のことで、もともとは今のような意味ではなく、名医のことだったのか! 竹藪の「藪」が由来だったとしても、草木が生い茂るような場所に追いやられた医者(=で腕の立たない医者)という感じで、一応意味が通りそうだと考えていたが違うようだ。

しかし、そうなると一つ疑問に感じるのが、どうして下手な医者を指す意味に転じたのか、ということだ。

腕のない弟子が名医のブランドを利用した

実は養父の名医の弟子となった者のなかには、名医のブランドを利用して、大した腕もないのに「自分はあの名医の弟子だぞ」と吹聴する口先だけの医者も現れたのだ。俗にいう「人の看板で飯を食う」というやつである。

こういった腕の立たない医師が蔓延。ヤブの名医の評判はがた落ちし、ついには藪という字が当てられるまで落ちぶれてしまったというわけだ。このような経緯でヤブ医者という言葉がもつ意味も変わってしまったのである。

この説は養父市のホームページにも記載されており、地元も認めた説になっているようだ。

野巫説の可能性も

実はヤブの由来は養父市の名医以外にも存在する。

野巫(やぶ)とは「田舎の巫医(ふい:巫女と医者の役割を兼ねている者)」のことで、呪術を用いて治療を行っている医者のことだ。今でも不老不死の病にかかったときなど、霊媒師や祈祷師の力を借りることがあるそうだが、そのような類だと思われる。

踊ったり呪文を唱えたり、現代の医療ではおおよそ医療とは呼べないような手段で治療することから「いいかげんな医者」、その治療しかできないことから「へたくそな医者」という意味がある。

この説ならストレートで今のヤブ医者の意味と合致するが、語源として正式に採用されてはいない。


医者になる方法は2つ・・・医学部と医大について

ただ単に「子供を医者にしたい」と願っていても、実際にどのようにすれば医者になることができるかを知らなければ行動の起こしようがありません。
ですから、まずは「医者になるためには、どうすればよいのか?」という初歩的なことについて、実際に医者になった私がその方法をご紹介させていただきたいと思います。

医者になるためには、最終的には医師国家試験に合格する必要があります。
医師国家試験に合格したら、その後は免許の更新などは必要なく、永遠に医者として働くことができます。

しかし、誰でも医師国家試験を受験できるわけではありません。
医師国家試験を受けて医者になる方法は2つあり、大学の医学部または、医大を卒業している必要があります。
ここでお話しした、「大学の医学部」と「医大」は同じように見えて、少し違います。

大学の医学部は、「京都大学」や「大阪大学」などの総合大学を意味しています。
これに対して、「医大」というのは、医学部しか存在していない大学であり、「○○○医大」という名前がついています。

なお、私は大阪大学の医学部卒ですから、「医大卒」ではなく、「大阪大学卒業」ということになります。

一般的に医大より大学の医学部の方が圧倒的に難易度が高いです。
医大は、「大学の医学部」よりも難易度は低いですが、学費が相当高いです。
一般的に医師を一人育成するためには、約5000万円の費用が必要であるといわれています。

国公立の大学の医学部の場合は、この教育費が国から出ています。
これに対して、医大は、補助金がないので、全額を親が負担する必要があります。
そのため、卒業までに5000万円~1億円の学費が必要です。
ですから、よほど裕福な家庭であれば別ですが、一般家庭の子供が医者になるためには、大学の医学部に合格する以外、医者になる方法はありません。

なお、医師国家試験の合格率は90%以上ですから、医学部または医大に入学できれば、ほぼ医者になることに成功したといえるでしょう。
ですから、医者になる方法としては、医学部に入学するか、医大に入ることが実質的な目標といえるでしょう。

大阪大学の医学部の場合
「年間50万円の授業料を6年間」が実際に支払った金額です。
これ以外に入学金が20万円ほど、医学書の実費が50万円ほどかかったと思います。高く見積もっても、大学時代の教育費はトータルで400万円くらい

医者になるまでの流れ

  1. 医学科もしくは医大に進学して6年間勉強する。
  2. 医師国家試験の合格して、医師免許を取る。
  3. 2年間の初期研修を受ける。
  4. 初期研修後に専門科を決定して、専門科の医者として働く。

世間一般では大学を卒業して23歳で社会人として働いていきますが、医者の場合はストレートで順調に行っても、医者として働き出すのは最年少で26歳です。そこから2年間の初期研修がありますので、あなたが希望する専門科で仕事を始めるのは最年少で28歳になります。

ただ医学部や医大の受験の際に浪人する人もいますし、大学に進んでも進級できずに留年する人もいますので、実際は30代でようやく好きな診療科で仕事をする人が多いです。

大学浪人を10年する人もいますので、40代になってようやく医者として働く人もいるのでしょう。

少なくとも医者になるまでは、かなり勉強する必要がありますので、30代前半までは勉強漬けだと考えていても良いかもしれません。

もし現在社会人で医者を志す場合は、大学の6年間と初期研修の2年間がありますので、最短でも8年はかかります。

雑学

病院の看板に診療科目が何個もあるのに、お医者さんは一人?

医療法では、看板に診療科目を掲示する場合、全部で21科目を認めています。
だから、多くの診療科目を出していても決して違法ではありません。

しかし、医者が何科の看板を出すかは、厚生大臣に申請すれば、許可されることになっています。
無条件で!

宮内庁病院って、一般人も受診できる?

できない。

宮内庁病院が受け付けるのは、皇族と宮内庁職員、紹介を受けた特別な一般人のみとなり、一般の外来患者は受け付けていません。

収入ランキング

診療科目別 平均年収

順位診療科目平均金額(万円)
1脳神経外科1480.3
2産科・婦人科1466.3
3外科1374.2
4麻酔科1335.2
5整形外科1289.9
6呼吸器科・消化器科・循環器科1267.2
7内科1247.4
8精神科1230.2
9小児科1220.5
10救急科1215.3
11その他1171.5
12放射線科1103.3
13眼科・耳鼻咽喉科・泌尿器科・皮膚科1078.7

経営形態別にみた主たる勤務先の年収まとめ

  • 勤務先の所在する地域については、「政令指定都市・東京23区以外」(1314.7万円)<「過疎地域」(1428.2万円)で平均年収額が高い。
  • 病院機能については「急性期病院でも救急指定病院でもない」病院で、平均年収額がもっとも高く(1389.4万円)、「急性期病院で救急指定病院」でもっとも低い(1229.5万円)。
  • 病床数規模については、規模が小さくなるほど平均年収額が高い。
  • 経営形態については、「医療法人」で平均年収額がもっとも高く(1443.8万円)、次いで「個人」 (1414.0万円)、「その他の法人」(1406.4万円)、「公的」(1353.4万円)の順となっている。
  • 診療科別に見ると、「脳神経外科」で平均年収額がも高く(1480.3万円)、次いで「産科・ 婦人科」(1466.3万円)、「外科」(1374.2万円)、「麻酔科」(1335.2万円)の順となっている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました