きつねうどん

うどん・そばにおいてのきつねとは、かけうどん・かけそばに甘辛く煮た油揚げを乗せたものであり、「きつねうどん」「きつねそば」と呼ぶ。

きつねの由来はこの2つ!

【最有力】油揚げがきつねの好物だから!

きつねといえば稲荷神社。稲荷神社ではお供えとして油揚げが供される。それは油揚げがきつねの好物と言われているから! そこから油揚げをのせたうどんが、きつねうどんになった。

油揚げがきつねの姿に似ているから!

綺麗なきつね色の油揚げ。きつねがうずくまる様子に似ているから、きつねうどんと名付けられた説もある。これは私の想像力でも理解できる。

いろいろな説がある「たぬき」うどんと「きつね」うどん。ちなみにこれらは、関東地方の話を前提としている。そう、関東と関西でたぬきときつねはまるっきり違うのだ。

たぬきうどん

たぬきそば・たぬきうどんは、天かす(揚げ玉)を入れた蕎麦やうどん料理であるが、地方によっては呼称や調理法が異なる(#各地方の特徴にて詳述)。

たぬきの由来はこの4つ!

【最有力】たねを抜いているから!

うどんの具のことを「たね」と呼び、その具である「たね」がないうどんを「たね抜き」うどんと呼んでいた。

「たね抜き」が「たぬき」という言葉になり、たぬきうどんになった説が最有力である。具が抜かれて天かすだけがのっている、たねが抜かれたのがたぬきうどんということだ!

たぬきに似ているから!

ごま油で揚げた天かすが黒っぽい色になり、たぬきを連想させるからとのこと。黒っぽい天かすからたぬきを連想できない私の想像力のなさを悔やむ。

また、天かすがたくさんのっているうどんを食べて、お腹が膨れる様がたぬきに似ているからという説もある。

たぬきに化かされたから!

天ぷらうどんかと思ったらたぬきうどんだった。天かすに騙された状態を「たぬきに化かされた」といいこの説も生まれたという。

きつねが先にあったから!

きつねうどんに対抗して、たぬきうどんを作った説もある。これは諸説あり、たぬきうどんの方が歴史が古いという意見もあるが、はっきりとはわかっていない。

関東と関西で呼び方が変わる。

実は関西にはたぬきうどんはないのだ! ただ、たぬきの名がつく麺類はある。それが油揚げがのったそば「たぬきそば」だ。関東でいうならそれは「きつねそば」。相当ややこしい。

じゃあ天かすがのったうどんを関西ではなんというかというと、そのまま「天かすうどん」だったり「ハイカラうどん」だったりする。関東人・関西人ともにお互いの地域に行ってうどんを食べる時、かなり戸惑うのではないだろうか。

地域ごとに違いがあるなら、義務教育でうどん屋さんに行く時はメニューをきっちり見ないといけないと教えてほしいものだ…。

「たぬき」と「きつね」合体させたら「おばけ」?!

実は油揚げと天かすを両方入れた、「たぬき」と「きつね」を合体させたメニューもある。それが「おばけうどん」だ。きつねとたぬきで化かし合うことが由来らしい!

他にも「むじなうどん」や「たぬきつね」という呼び方もある。たぬきにもきつねにも似ているが、どちらでもないアナグマが狢(むじな)と呼ばれていたことが由来だろう。

うどんのルーツは?

諸説あるようですが、奈良時代に中国から伝来した「こんとん」を起源とする説が有力とされています。小麦粉で作られた団子のようなこんとんを温かい汁に入れ、それを食べるようになったのが始まりなのだとか。また讃岐地方には、遣唐使とともに中国に渡った空海がうどんの文化を日本に広めたという逸話もあるようです。

現在のようにカツオ出汁と醤油で味付けした汁でうどんが食べられるようになったのは、醤油が庶民の手に渡るようになった元禄時代(1688年~)以降。その頃から、うどんは日本中で愛され続けているんですね。

日本の三大うどんとは?

一般的には香川県の讃岐うどんや秋田県の稲庭うどん、群馬県の水沢うどんの3つを三大うどんといいます(長崎県の五島うどん、富山県の氷見うどんなどが入る説もあります)。

「日本三大うどん」とよばれるものを示しているところがあるが、日本うどん学会によれば、実際には存在せず、それぞれの地域が勝手に称しているに過ぎないものである。定義する機関や規定が存在しないためで、同学会でも定めていない。 参考として様々な地域で言われている三大うどんとして、香川県の「讃岐うどん」、秋田県の「稲庭うどん」、長崎県の「五島うどん」、群馬県の「水沢うどん」、富山県の「氷見うどん」、愛知県の「きしめん」の計6種類が候補としてしばしばあげられている。

■讃岐うどん

「うどん県」とも呼ばれる香川県の讃岐うどんは、やや太めの麺と強いコシが特徴的。昔は生地を足で踏む製法が主流だったようですが、衛生面の問題から現在は手打ちが主流となっています。かけうどん、ぶっかけ、釜玉などのメニューが人気です。

■稲庭うどん

秋田県の稲庭うどんは、地元のきれいな水と小麦粉を使用して作られた生地を干す製法から生まれた、細くツルツルとしたのどごしが特徴のうどんです。2本のかけ棒で細く均一に伸ばす行程を含むことで、ツヤとコシ、ほどよいのどごしが楽しめます。冷やしうどん、カレーうどん、鍋焼きうどんなどの食べ方が人気です。

■水沢うどん

群馬県の伊香保町で誕生したといわれる水沢うどんは、小麦と塩、水沢の水を使用して作られています。長時間にわたって生地を寝かせることで、強いコシと弾力のある麺が完成します。冷やしうどんにしたりタレにつけたりして食べるのが主流で、冬場は温かいタレで食べるのがツウです。

「赤いきつね」と「緑のたぬき」

そばもうどんもどちらがダシが命ともいえます。もちろん「赤いきつね」と「緑のたぬき」も、ダシにこだわりをもった商品です。そのため、国内において地域ごとの好みや特色を繁栄させ、より美味しく感じてもらえるように企業努力が成されています。

東日本

かつお節と昆布だしを合わせて醤油で仕上げたしっかりめの味わい。

西日本

昆布にかつお節・煮干・雑節などをあわせ、淡口醤油ですっきりとした味わいに仕上げています。

北海道

北海道産利尻昆布を使用。

関西地域

関西のうどんやおでんのダシによく使われる、うるめイワシを使用。


また、マルちゃんを製造している東洋水産のウェブサイト上には、七味唐辛子はダシの味を一旦そのまま楽しんでから、後になって七味唐辛子を加えて欲しいという表示もされています。ダシにこだわり、ダシを愛しているからこそ伝えたいダシのおいしい楽しみ方でしょう。

きつねが「赤」でたぬきが「緑」なのはなぜ?

きつね・たぬきといえば、「赤いきつね」と「緑のたぬき」が思い浮かぶのではないだろうか。ここでふと思うのが、なぜきつねが赤でたぬきが緑なのか。それぞれ調べてみた! ちなみに私は圧倒的緑のたぬき派だ。

結論からお伝えすると「きつね」と「たぬき」は色には全く関係ない。ただ熱々感を演出できるインパクトのある色を採用しようということで、先に販売されていた「きつね」に「赤」が選ばれた。そして「たぬき」が「緑」なのは赤の補色だからだ。

どん兵衛の雑学

「どん兵衛」をレンジでチン

どん兵衛が生麺みたいになる裏技がネットで話題になっています!その方法はとっても簡単で、「熱湯を入れてから500Wのレンジで3分間加熱する」というものだそう。

「ネットで見たから予定通り今朝、どん兵衛のかき揚げ天ぷらうどんのカップ麺を電子レンジで調理してみた。乾燥きしめんを大きな鍋でしっかり茹でたような麺になった」「噂の裏技やってみたんだけど、麺はなんとなくモチモチしてお揚げはふっくらしてる!」「どん兵衛をレンジでチンするという技を見かけたので真似したい!」など、Twitterを中心に話題になっています。

「どん兵衛が生麺みたいになる裏技」を改めて紹介させていただきます。

  1. どん兵衛のフタを全てはがします。通常通りにスープ等の小袋を取り出しましょう。
  2. どん兵衛に熱湯を少し多めに注ぎます。注ぎ終わったらゆるくラップをして500Wのレンジで3分間加熱しましょう。
  3. 容器の変形が気になる場合もあるのでできれば器に移してから行うのがベスト。完成したらスープを混ぜ、味わってみてください。驚き食感のツルツルな麺のどん兵衛のでき上がりです!

普段食べるときよりも、少し多めに熱湯を入れておくのがポイント。なぜならレンジで加熱すると水分が蒸発してしまったり、麺や具に水分が染み込みやすくなったりするからです。ネットでは「電子レンジで600Wで5分チンしたら完成!」など、電子レンジによって最適な分数が違ってくるようなので、最初は様子を見ながら行ってみることをおすすめします。

どん兵衛を電子レンジでチンすると生麺になる理由は、インスタントの麺に秘密がありました。インスタント麺は一度茹でたものを油や熱風で固めたものになっているので、加熱し続けることで麺本来のモチモチ感が復活するのだそうです。普段よりつるつるしている食感はまさに出来たての生麺のよう!インスタント麺の常識が覆されるはずです。

ネットで話題の10分どん兵衛とは?

話題になっている「10分どん兵衛」とは、通常はお湯を注いでから5分で食べられる日清のどん兵衛・きつねうどんを、さらに5分置いて、計10分待ってから食べるという新技です。
お湯を入れて10分待つと、当然麺は伸びてしまうわけですが、それがかえっておいしいと人気になっているのです!

この「10分どん兵衛」を公に発表したのは、お笑い芸人のマキタスポーツさん。TBSラジオの番組『東京ポッド許可局』でマキタスポーツさんが10分どん兵衛を紹介したところ、予想を超える大反響を呼ぶことになりました。
「世の中で当たり前に流通している価値観を平均値ととらえることで、プラスもマイナスも興味深く感じることができる」という持論を持つマキタスポーツさんらしい発見なのかもしれません。

なんと10分どん兵衛が話題になると、日清食品のどん兵衛担当者がマキタスポーツさんに対談を申し込みました。

日清食品のどん兵衛担当者は10分どん兵衛のことを知らなかったそうで、マキタスポーツさんと一緒に10分どん兵衛を作って実食。そのおいしさには担当者も驚き、「5分にこだわりすぎてたのかな、と思います」と世間の多様なニーズに気がつけていなかったことを詫びする事態に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました