祭り

かき氷

かき氷の歴史は意外に古く、平安時代には登場していたようです。

しかも、日本で最初にかき氷を食べたこことが記録されているのは、清少納言なんです。

枕草子の中に、「削けずり氷ひにあまづら入れて、新しき金まりに入れたる」 という一節があります。

これは、刃物で削った氷にあまづら(甘味料)をかけて、金まり(金属製のおわん)に入れた、という意味。

そんなに古いものだったとは驚きです。

しかしながら、この頃はまだまだ高貴な身分の人しか口にすることはできませんでした。

かき氷が一般にも広まったのは明治から昭和初期にかけてです。

1869(明治2)年には、横浜の馬車道に初めてのかき氷店が開店し、第二次世界大戦前は「雪」「みぞれ」「金時」が定番メニューとされていました。

おなじみのいちごやレモン味のシロップが登場したのは戦後になってからです。

氷を「かく」?かき氷の名前の由来

日本だけでなく、海外でもかき氷はポピュラーなものということがわかりました。

よくよく考えてみると「かき氷」の「かき」ってどんな意味なんでしょう。

まだ冷蔵技術もない時代、氷を作るには「氷室」という洞窟の奥などを利用した天然の冷蔵庫に冬の間に大量の氷を貯蔵し、保存していました。

それを夏になると手で掻いて食べるようになったことから「掻き氷」の名がつきました。

「かき氷の日」があるのをご存知でしたか?

これは、1933(昭和8)年のこの日に、フェーン現象によって山形市で日本最高気温の40.8度が記録されたことと、かき氷の別名である「夏氷」の語呂合わせ 「な(7)つ(2)ご(5)おり」にちなみ、かき氷にふさわしい日ということになりました。

ちなみに、なんとこの日は「知覚過敏の日」でもあるのです。

製薬会社のグラクソ・スミスクラインが知覚過敏対策への意識を持ってもらうようにと制定した記念日です。

キーンとするかき氷につきものの知覚過敏が同じ記念日というのもおもしろいですね。

味の違い

かき氷シロップの定番といえば「いちご」「メロン」「ブルーハワイ」「レモン」などがあげられますよね!
この代表的なかき氷シロップの味ですが、実は「全部同じ味」なのです。

過去に味覚センサーという機械にかき氷シロップの味を分析させる検証が行われました。
「甘味・旨味・塩味・苦味・酸味」を数値化した結果、全ての数値がほぼ一致したそうです。

噂は本当だったという事ですね!
筆者は前に「ブルーハワイが苦手」と話して「いちご味が好き」と言っていましたが、今となっては恥ずかしいです。

しかし、どうして違う味のように感じてしまうのでしょうか?

味に違いを感じる理由

代表的なシロップの味が全てが同じ味という事がわかりました。
続いて、違う味に感じてしまうメカニズムを解説します。

人間は食べ物を味わう時に舌の感覚、つまり味覚だけを頼りに味を認識しているわけではありません。
味覚以外にも、視覚と嗅覚の情報も含めて、脳が味を認識しているんですね!

かき氷の場合は色もわかりやすく違うため、赤を見た場合は「これはイチゴ味だ!」と脳が認識してしまうのです。
また、味は同じですが、実はシロップに使われている香料はそれぞれ違います。

メロン味にはメロンの匂いのする香料が使われているため、味は同じはずなのに匂いがメロンのため、脳がメロン味と認識して、実際にメロンの味を感じてしまうのです。
そのため、目をつぶって鼻をつまんでかき氷を食べると、味の違いがわかる人はほぼいないそうです。

あきらかに違う味のシロップ

【驚愕】かき氷のシロップは全部同じ味!?違いはないの!?
ここまで代表的な味のかき氷シロップは全部同じ味だと説明しましたが、脳の認識だけでなく、ちゃんと味の違うものもあります。
それは、宇治金時などの抹茶味や、コーヒー味、黒蜜きな粉味、などがあげられます。

また、かき氷専門店などで売られているかき氷は市販のかき氷シロップを使わずに、果肉や果汁をそのまま使用している場合が多いです。
そのため、代表的な味でもちゃんと味が違うため安心してください。

当たり前ですが、カルピスの原液をかけて食べる人もいますが、これもちゃんとカルピス味となります。

綿菓子(綿あめ)

綿あめをフワフワのまま保存するやり方

  • 綿飴を小分けしてポリ袋に入れます
  • 潰さないように空気を抜きましょう
  • 輪ゴムで口をしっかりとしばります
  • 冷凍庫の中に入れて保存

ふわふわの綿あめは、湿度や水分、熱が苦手です。

綿あめを室内にそのまま放置しておくと、空気中の水分が綿あめにくっついて溶けてしまいます。雨が降る湿度が高い日にも要注意!

そこで、冷凍庫の中に入れますが、湿度も低く、ポリ袋に入れて空気を抜いており、さらに水分量を低下させることができます。

これらの作用により、翌日まで溶けずにふわふわの状態で食べることが可能になります。

画像

  1. レインボー綿あめ
  2. 団子綿あめ
  3. 綿あめドリンク
  4. アート系綿菓子
  5. かわいい綿あめ
  6. すき焼き

コメント

タイトルとURLをコピーしました