オナラ

「おなら」は「お鳴らし」が略されてできた女房言葉で、「屁」よりも上品(あるいは婉曲)な言い方であるとされている

女房言葉とは、室町時代頃から文書に現れ出した、宮中に仕える女房が使い始めた隠語的な言葉だそうです。おならが上品な言い回しだとは意外。


音のするものが「おなら」すかしは「屁」で分けられるようです

音のない屁を「すかしっぺ」と言いますよね。鳴らしていないわけなので「おなら」ではありません。


オナラの正体は何でしょうか。ガスですね。それは皆さん知っていらっしゃいますと思います。では、それはどこから来るかと言いますと、皆さんがお食べになる食物から来ます。この食物を腸内で腸内細菌が分解する時発生するのです。それには、2つのパターンがあります。

A 発酵型・・・

食物中のセルローズ、炭水化物、脂肪が腸内で発酵。この時にでるガス(主成分は二酸化炭素、メタン)。特に、イモや豆を食べるとでます。ちなみに、意外と臭くはありません。

B 腐敗型・・

臭いオナラです。消化不良時にタンパク質が分解する時に発生します。発生量は少ないですが、これが臭いわけです。主成分は、インドール、スカトール、アンモニア、硫化水素。

こういったガスが大体オナラ全体の30パーセントで、残り70パーセントほどは皆さんが口から入った空気。その中でも腸内まで来る窒素です。

どうやって出るか?

オナラは、蠕動運動(ぜんどう うんどう)によって出ます。これは何かと言いますと、腸を始め、胃や食道などでもみられる運動で、平滑筋、縦走筋、環状筋という3種の筋肉が、それぞれ弛緩、収縮を交互に繰り返していく運動です。これにより消化管がくびれ、食物などが、押されるように先へ先へと行くのです。

信じられないかもしれませんが腸の中には、約1000ccのガスをいつも抱えています。・・・気体で1000ccって、どれくらいか解りませんが。

また臭い話題で申し訳ありませんが、大の方も同じ運動により排泄されます。

サツマイモとオナラ

サツマイモを多く食べる人は、オナラが多いといわれますがこれは事実です。でも、なんで多いのでしょうか。

実は、サツマイモのデンプンが消化しにくい事がその原因なのです。そのため、それを消化してくれる&オナラを作る腸内細菌が多く発生するのです。腸内細菌は、サツマイモのデンプンが大好物でこれを栄養分にします。こういった人と細菌などの関係を共生といいます。また一つ、生物用語を覚えました。なお、どちらかのみ利益を受ける一方的な2者の関係を寄生といいます。ちなみに、このサツマイモの好きな腸内細菌は善玉菌で、乳酸を出してくれて体によい細菌です。むしろ、サツマイモは食べた方が良いのですよ。

それでも、サツマイモは・・・という人は、日頃から、今はやりのビフィズス菌入りヨーグルト、または海藻、納豆などで胃腸の善玉菌をしっかり補給しましょう。でないと、大腸ガンの原因になります。

臭いオナラ

さて、オナラは2種類あって、腐敗型が臭いといいましたね。それで、その中でも特にタチが悪いのが肉食によるオナラです。大体想像はつくと思います。

やはり絡むのは腸内細菌。ところが肉などの動物性タンパク質を食べて臭いガスを発生させるのは悪玉菌です。そして、インドール・スカトール・硫化水素などの成分や、さらに大腸癌の原因となるものも出します。う~む、アメリカ人のオナラは・・・・。また、臭すぎるオナラがいつも出るような人は、大腸ガンの疑いがあります。前述のように、日頃から善玉菌を補給しておきましょう。

そんなオナラ、食べてから大体6,7時間後に出ます。人前に行く時にはこれを目安にしましょう。

オナラを我慢すると・・・

一般的には、腸に吸収されると言われています。それは、正解ですが、まだ続きがあります。なんと、そこから血液に入り、さらにCo2などと一緒に口から放出されるのです。つまり、臭い息が出るという事。さらに、ガスが血液中にとけ込むのですから、全身に巡って、様々な病気を幇助(ほうじょ)してくれます。気をつけましょう。ゆえに、オナラはきちんとする。

口臭が臭くなる

Co2などと一緒に口から放出されるのです。つまり、臭い息が出るという事。

体臭が臭くなる

皮膚を通して排出されるので、体臭がおならくさくなってしまいます

お腹が痛くなる

大腸にガスがたまり、横行結腸を圧迫し、膵臓や胆のうも圧迫してしまい、お腹が痛くなります。

肝機能障害になる

腸内で発生した有毒ガスが血液に押し戻され、その有毒成分が肝臓に負担をかけ、肝臓が働きすぎてオーバーヒートする

婦人病になる

生理不順、月経困難症、不妊症、更年期障害など、女性にとって深刻な悩みである「婦人病」もおならの我慢によって招くことがあります。

癌になる

発ガン物質が増えていきます。
悪玉菌が大量に増加し、その悪玉菌がニトロソ化合物などの発ガン性物質を生み出す

アレルギー性疾患になる

過剰な免疫反応が起こり、アトピーや花粉症などの症状を引き起こしてしまう

我慢できない!だったらおならを減らそう!

炭水化物・たんぱく質・脂質・食物繊維などバランスの取れた食事を、よく噛んでゆっくり、腹八分目で食べる

ゆっくりよく噛むことで空気を飲み込まない。
またのんびりゆったりした気持ちで食べるということは、自律神経の副交感神経を優位にし内臓の働きを活発にし、腸への負担が減る

炭酸の飲み物を控える

ヨーグルトや納豆など手軽に摂取できて善玉菌を増やすことが出来るものは毎日食べる

雑学

成人は平均で1日に14回おならをしている

1日に排出されるおならの量はおよそ0.5リットルとされている。女性は認めたがらないかもしれないが、男性と同じくらいおならをしており、性別でおならの回数はほとんど変わらない。

おならの速度は、平均で秒速3m(時速11km)

おならの射出速度は秒速3mで結構早い。だが近くの誰かが爆発音を鳴らしてから、臭いに感づくまでは10秒近くかかることもある。これはおならが拡散されて、鼻まで臭いが到達するには時間がかかるためである。

南米の先住民族、ヤノマミ族はおならがあいさつ代わり

一般的に公共の場でおならをすることは、マナー違反とみなされるが、アマゾン熱帯雨林に居住しているヤノマミ族にとってはあいさつ代わりである。おならでコミュニケーションをとれるということは、それだけ部族の結びつきが強いことの印なのかもしれない。

おならは可燃性であり、腸内爆発を起こして死んだ人もいる

おならには、水素やメタン、硫化水素などの可燃性ガスが含まれるため、ライターやマッチで火を近づけると燃えることがある。通常ではありえないことだが、大腸の内視鏡検査中にガス爆発により亡くなったケースもある。

内視鏡検査の前には、下剤を飲んで大腸内を清浄にしておくが、このケースでは不十分であったとされる。そのため腸内にガスがたまった状態で検査が行われた。そして検査で見つかった大腸ポリープを電気的に焼き切ろうとした際、腸内ガスに引火して爆発を起こしたのだった。

宇宙でのおならは危険

宇宙でおならをすると、おならは拡散せず固まりとなってただようので強烈にくさい
宇宙では空気と混じリ合わないため、おならのガスは固まりあたりを漂うこととなる。このガスの固まりが鼻にあたったら、強烈な臭気に目もくらむだろう

コメント

タイトルとURLをコピーしました