カレーライス

カレーが日本に伝わったのは明治時代初めとされ、当初はライスカレーと呼ばれていたが、ある時点からカレーライスにという呼び名に変わってしまったといいます。一体いつ頃から呼び方が変わってしまったのかは定かではありません。しかし現在使われているカレーライスとライスカレーは、給仕の仕方に違いがあることは定かです。

カレーライス

カレーライスと呼ばれるものは、本来はカレーとライスが別々になって出されるものを指します。魔法のランプのような形の入れ物にカレーが入って、ライスは皿に持ってある状態です。高級なレストランなどでこのように出されるイメージがあります。ちなみにこのカレーの入れ物の正式名称は「グレイビーボート」といいます。

ライスカレー

一方のライスカレーは、皿に持ったライスの上に、すでにカレーがかかっている状態を指します。つまり一般的な家庭で食されるものはカレーライスではなく、正確にはライスカレーであるというわけです。

日本のカレーはイギリス風

本場インドのカレーとは全く違う日本のカレーは、どのように日本に伝わったのだろう?そして、なぜインドカレーとは違うのだろう?インドはイギリスによって統治された歴史を持ち、多くのイギリス人がインドに居住していた。1772年にインド総督のウォーレン氏がインドのカレーを持ち帰り、イギリスにカレーが広まった。その後イギリスの食品メーカーがスパイスを調合した”カレー粉”を商品化し、牛肉を使う、とろみをつける、などイギリス人の食生活に合うようにアレンジされたイギリス風カレーが定着した。日本へカレーが伝わったのは1870年代。インドからではなくイギリスから伝えられたため、イギリス風のカレーが日本に定着したのである。

日本最古のカレーの具材

カレーの味は家庭ごとに異なる。同じメーカーのルーを使っても、煮込む時間や具材によって、どこか風味の違う”家庭の味”となる。カレーの具と言えば、玉ねぎ・ジャガイモ・ニンジン・肉が基本だが、日本にカレーが伝わった頃の具は全く違うものだった。1872年(明治5年)創刊の「西洋料理指南」で紹介されたカレーの作り方にはこう書かれている。
① ねぎ・生姜・ニンニクをみじん切りし、バターで炒める
② 水を加え、鶏・えび・タイ・カキ・カエルを入れて煮込む
③ カレー粉を加えて更に1時間ほど煮込み、塩と水で溶いた小麦粉を加える
現在の基本のカレーの具とは全く違うものが使われていたことがわかる。玉ねぎ・ジャガイモ・ニンジンの栽培が本格化する前にカレーが日本に伝わったため、この時代のカレーには使われていないのだ。

カエルが使われた理由

カレーの具にカエルとは衝撃である。一体なぜカエルなのだろう。はっきりしたことはわかっていないが、日本にカレーが伝わった開国時にイギリス人は中国人の使用人を連れて来日しており、その中国人たちが中国で調理に使われるカエルをカレーに使ったのではと考えられている。

カエルカレーの味

カエルの肉を食べると聞くと衝撃だが、世界的に珍しいことではなく、食用のカエルも存在する。特にインドネシアや中国ではよく食べられており、日本でも食べることはできる。カエルの肉の味、食感共に鶏肉に近く、臭みもない。そして、あっさりとして美味しい。魚介類とカエルの肉の旨みが染み込んだカエルカレーは、きっと絶品だったことだろう。

カレー雑学

海上自衛隊

海上自衛隊では毎週土曜日の昼食はカレーライス。交代勤務となる長期航海中に曜日感覚を取り戻すためだと言われている。週休2日制となってからは、金曜日に変更されている。

変わったテーブルマナー

黒部ダム、八ツ場ダムなどの近くにある観光施設では、トンネル工事の従事者が飯に汁をかけることを嫌った(※1飯に汁をかける行為)ことから、カレーを米飯にかけず、スプーンに乗せた米飯をカレーに浸して食べるようテーブルマナーとして要請する場合がある。

※1、茶漬けを嫌う習俗も存在する。トンネル掘削工事の作業員や職員、炭坑の坑夫などは、御飯に茶や汁をかける「茶漬け」や「汁かけ飯」を縁起が悪いとして避けており、家族にも食べさせることを禁じている場合がある。これは茶や汁をかけたときに御飯が崩れる様が、切羽の崩落や山の落盤を想像させるからである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました