若者言葉

あざまる水産(あざまるすいさん)

“ありがとうございます”または“ありがとう”という意味で使われる言葉。
2018年上半期の『JC・JK流行語大賞』の『コトバ部門』では2位、『【2018年】10代女子が選ぶトレンドランキング』では3位に選ばれた。

“あざまる”は、“ありがとうございます。”が”あざます。”→”あざまる”と変化を遂げたもの。もともと“。”を“まる”と読むのが流行しており、それと“あざます”が合体し“あざまる”となった。

“水産”については“磯丸水産”という居酒屋チェーンがあり、おそらく“まる”の響きが同じで語呂が良いことからその名を組み込んだと推測されている。

一方、酒を提供する店の名前をなぜ未成年である女子高生たちが好んで使っているのか? と疑問に思う大人も少なくはないが、近年ではランチを提供する店もあるので大目に見てあげよう。
中には同じく居酒屋チェーンの“さくら水産”など他店舗を思い浮かべる人もいるようだが、決して“あざまる水産”という店は存在しないので、ご注意を。

例)
「画像アップあざまる水産です!」(画像アップありがとうございます!)
「今期アニメが豊作すぎて、マジあざまる水産って感じ」(今期アニメが豊作すぎて、ほんとありがとうって感じ)

よいちょまる(よいちょまる)

“幸せ”“いい感じ”などの意味で使用される言葉。
いわゆるギャル語であり、場が盛り上がっているときや、気分が良いときによく用いられる。

“よいちょ”に関しては「空気を持ちあげる“よいしょ”を可愛くした」「“良い調子”を略した」という両方の語源を含んでいるようで、それに「あざまる水産」「おけまる」などと同じく句読点の“。”を言い換えた“まる”が付いたもの。

また、“ありがとう”を意味する「あざまる水産」「よいちょまる」のハイブリッドで、「あざまる水産よいちょまる」という言葉も見られる。

例)
「友達と参加するアニメフェスよいちょまる!」(友達と参加するアニメフェスはいい感じ!)
「沢山のメッセージ、ほんとあざまる水産よいちょまる!」(沢山のメッセージ、本当にありがとう。幸せ!)

いい波のってんね!

誰かに対し「調子いいね」といった意味で使う言葉。具体的な意味なくノリや雰囲気で使用されることもある。

タピる(たぴる)

“タピオカドリンクを飲む”または“タピオカを食べる“という意味で使われている言葉。

タピオカドリンクが日本で最初にブームになったのは、1990年台初頭。ナタデココと並び、その不思議な食感の虜になった女性が続出。
それから数年後にはブームは過ぎ去ったものの、2013年になり台湾で人気のタピオカミルクティー発祥の店・春水堂(チュンスイタン)が東京・代官山へ出店。台湾スイーツブームが起きた。

そして近年になり、さらなるブームに。『JC・JK流行語大賞2018 モノ部門』では”タピオカ”が第1位に、『2018年10代女子が選ぶトレンドランキング コト編』では”タピオカ屋巡り”が第2位に選ばれた。

また、ミュージカル『テニス王子様』3rdシーズンで越前リョーマを演じた阿久津仁愛は『有吉反省会』(2018年7月21日放送)でタピオカへ愛を熱弁。「タピオカ風呂に飛び込んで、俺自身がタピオカになりたい」などの発言がファンを動揺させた。

あげみざわ(あげみざわ)

テンションが上がること。被せて”テンションあげみざわ”と言われることもある。

同様の意味で使われ流行った “アゲアゲ”などの“あげ”に、“つらみ”などに使われる接尾語の“~み”、さらに“ざわ”が加えられたのが語源とされている。
“ざわ”は“高見沢”のような人の苗字や地名から来ているという説もあるが、語呂をよくするためで特別な意味はない様子。
そうして”あげ→あげみ→あげみざわ”と進化した。

不可避(ふかひ)

主にネット上で使われる、“避けることができない”という意味の言葉。

有名な用法は“草不可避”や“大草原不可避”。
笑いの意味を持つネットスラング“www”が草に見えることから“草”と言い換え、“笑わざるを得ない”という意味を表している。

とあるビデオ作品 を好む人々の間で使われ始めたのが始まり。
そこから派生して、感動する映画を観た時の“涙不可避”、魅力的なカードが入ったガチャに対しての“課金不可避”、イケメンに対しての“胸キュン不可避” など、さまざまな用法が生まれた。

また、“www”と“草”を両方入れて「草不可避www」と言っている人も見かけるが、それに関しては、おかしいかおかしくないか意見が分かれる様子。

フロリダ(ふろりだ)

”お風呂(フロ)に入るから離脱(リダ)する”という言葉の略語。さらにアメリカ・フロリダ州と掛けているが関連性はない。

女子高生を中心に利用されており、LINEやTwitterなどのSNS上で会話が盛り上がっている時、または動画配信中などに、お風呂に入るため一時中断することを伝えるときに使われる。
2015年の『ネット流行語大賞』にノミネートされ、『ギャル流行語大賞2017』では5位にランクインしていた。

ただし、単純に”お風呂に入る”という意味として使うこともあり、本当にフロリダ州へ行く時に「フロリダってくる」と言ってしまうと、「ああ、お風呂か」と勘違いされるかもしれないので、注意しよう。

例)
「ごめん、ちょっとフロリダ!」
「私がフロリダってる間にリプ伸びてね?ww」
「アニメ始まる前にフロリダしてくる~」

ンゴ(んご)

語尾に使う言葉でネットスラングの一種。
もともとは失態をおかして自暴自棄になったときや、失態をおかした相手を嘲笑するニュアンスで使われていた。

例)
「遅刻して社員全員の前で上司に怒られたンゴww マジで笑えないンゴww」
「リア充がレストランで恥かいてたンゴww」

発祥は、プロ野球を中心としたスポーツ実況掲示板“なんでも実況ジュピター”(通称“なんJ”)。
2008年、とあるプロ野球試合で“ドミンゴ”という名の投手が登板した。
しかし、あと少しでチームが勝利するという大事な場面でホームランを打たれて逆転負け。2日後にも同様の逆転負けを許してしまう。
それを実況していた“なんJ”では、あまりの失態に「ドミンゴwwww」や「ドミンゴ~!」、それを縮めた「ンゴ~!」といった書き込みが多発。
以降、語尾に“ドミンゴ”の“ンゴ”を付け失態を嘲笑するという言い方が広まっていった。

2017年頃には若者言葉としても流行。『JC・JK流行語大賞』の『コトバ部門』で“ンゴ”は5位にランクインした。
使い方は自虐や嘲笑に限らず、「みんなでカラオケ行ってきたンゴ」「お疲れンゴ」など幅広いようだ。

ただし使用しているのは主に大学生らしく、テレビで流れた街頭インタビューで高校生が「“ンゴ”はゴリラしか使わない」と言った際には、“悲報”として少しだけネットを騒がせた。

やばたにえん(やばたにえん)

“危ない”や”すごい”などを意味する”ヤバい”とほぼ同義の言葉。
“ヤバい”という言葉に食品メーカー『永谷園』の名前がくっつけられた造語とみられている。

2013年頃からギャルを中心に本格的に使われるようになり、2016年のギャル流行語大賞にも選ばれた。
ギャルの間で次第に”やばたにえん”の使用頻度は減っていったが、2018年5月にマンガ『からかい上手の高木さん』の作者である山本崇一朗氏によって、”やばたにえん”を使用するギャルが登場するイラストがツイッター上で公開されると、再びオタク界隈を中心に息を吹き返した。

この言葉を知らない投資家が、「永谷園がヤバいらしい」と勘違いし、永谷園HDの株を売る事態に発展した、という話が一部で囁かれている。

了解道中膝栗毛(りょうかいどうちゅうひざくりげ)

“了解した”という意味の言葉。主にLINEやTwitterなどで相手への返答として使われる。
多くの人が一度は耳にしたことがあるだろう、江戸時代に十返舎一九が書いた滑稽本『東海道中膝栗毛』が元ネタ。“東海(とうかい)”の部分が“了解(りょうかい)”に置き換えられている。

“了解”を略した“りょ” “り”が流行ったのと逆に、あえて長い言葉にしているところが若者言葉の中ではめずらしいと言えるだろう。

肩ズン(かたずん)

男性が弱音を吐いたり甘えたりしつつ、女性の肩に頭をもたれさせること。
“ズン”は肩にもたれる際の音だと思われるが、「男性がズ―ンと落ち込んでいる様子」を含んでいるという説もある。

2014年に心理カウンセラーの小高千枝が『週刊SPA!』上で提唱し、“壁ドン”に続く男性のモテ仕草として広まっていった。
隣からもたれる体勢がもっともよく使われるが、正面からのバージョンや背後からのバージョンもある。

特徴は、強引な動作を表す“壁ドン”や“顎クイ”とは逆に、男性が甘えてくること。
普段は弱音を吐かない彼が自分にだけ弱い面を見せてくれる、そのギャップに女性は母性本能をくすぐられ、「癒してあげたい」「支えてあげたい」と思う……とされている。

他にベンチなどで“寝たふり”をして頭をもたれさせるシチュエーションもあるが、電車内で本当に眠ってしまい知らない人にもたれかかることを“肩ズン”と呼ぶ人も。

また、“ズン”という重い響きのせいか、「霊に取り憑かれたこと」「両手で上から肩を押さえつけられ体が地面に沈むこと」などと誤解されることも稀にあるのだとか……。

きゃわわ(きゃわわ)

”かわいい”から派生した言葉。”かわいい”が発言不可能になるほど感情が揺さぶられたときに発せられる。

以前から、対象が愛くるしすぎるゆえ”かわいい”の“か”が発音できなくなった”きゃわいい”が存在していたが、さらに”きゃわいい”の“いい”まで発することができなくなった模様。

愛称として使われる”~たん”を組み合わせた”きゃわたん”や”わ”が多く連なる”きゃわわわわ”というパターンも見られる。

対象には外見、単純な愛らしさだけにつけられるものではなく、見た目からは想像も出来なかった意外な行動、表情や、えもしれぬ愛情を覚えた時にも使われる。

そのため、”きゃわわ”な対象は美少女、美少年、動物、デフォルメされたイラストのみならず、普段はかわいいという表現から遠いモノにもあてはまる可能性を秘めている。

”きゃわわ”は正義。

コメント

タイトルとURLをコピーしました