新紙幣での経済効果

千円札(北里 柴三郎)

北里 柴三郎(きたさと しばさぶろう[1]、1853年1月29日(嘉永5年12月20日) – 1931年(昭和6年)6月13日)は、日本の医学者・細菌学者である。貴族院議員・従二位・勲一等・男爵・医学博士。

私立伝染病研究所(現在の東京大学医科学研究所)創立者兼初代所長、土筆ヶ岡養生園(現在の北里大学北里研究所病院)創立者兼運営者、第1回ノーベル生理学・医学賞最終候補者(15名の内の1人)、私立北里研究所(現在の学校法人北里研究所)創立者兼初代所長並びに北里大学学祖、慶応義塾大学医学科(現在の慶應義塾大学医学部)創立者兼初代医学科長、慶應義塾大学病院初代病院長、日本医師会創立者兼初代会長。

「日本の細菌学の父」として知られ、ペスト菌を発見し、また破傷風の治療法を開発するなど感染症医学の発展に貢献した。

野口英世 (1876 – 1928) 済生学舎で勉強。医師開業試験に合格。1898年伝染病研究所に入所。ペスト患者を発見し、ペスト菌を確認し、ペストの蔓延を防いだ。アメリカに留学したいというので、北里は知友5名宛ての紹介状を書いた。最初は臨時職員であったが、北里に礼状を書いている。ペンシルベニア大学のサイモン・フレクスナーの下で業績をあげ、正規職員になっている。

裏面のデザイン( 富嶽三十六景 神奈川沖浪裏 )

葛飾北斎の「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」。北斎の画業を代表するこの作品、なんと北斎72歳の頃に描かれたもの。
不自然さがなく反り返る高波、禍々しい鉤爪のようにするどく千切れる飛沫、翻弄される押送船と人々、奥には静かにそびえる富士山。葛飾北斎の描く波の完成形



5千円札(津田梅子)

津田 梅子(つだ うめこ、元治元年12月3日(1864年12月31日) – 昭和4年(1929年)8月16日)は、日本の教育者。日本における女子教育の先駆者と評価される。女子英学塾(のちの津田塾大学)創立者。

初名はうめ(「むめ」と書いた)で、明治35年(1902年)に漢字表記に改めて「梅子」とした。

日本人初の海外留学生として6歳から17歳までアメリカで育つ。
帰国した際はすっかり日本語を忘れ、当面日本語の通訳が必要となっていた。

裏面のデザイン(藤の花)

藤の花は古くから振り袖姿の女性に例えられるように、優雅で柔らかい印象を与える花です。庭園や公園で目にする藤棚のイメージが強く、自宅で育てるのは難しいように感じてしまいますが、じつは藤は鉢植えでも楽しめます。根の成長が制限されることから、むしろ鉢植えの方が花つきがよくなるほどです。

全国に藤の名所は多く、「ノダフジ(野田藤)」の由来となった大阪市福島区の野田は藤の名所として有名。毎年4月には「のだふじめぐり(ふじ祭り)」が開催されます。樹齢1,200年を越え、天然記念物に指定されている埼玉県春日部市の「牛島の藤」もよく知られています。

藤という字は「上にのぼる植物」という意味を持つ漢字で、元はつるを作る植物を指します。日本ではこの藤の花に限定して使われます。



1万円札

渋沢 栄一(しぶさわ えいいち、天保11年2月13日(1840年3月16日) – 昭和6年(1931年)11月11日)は、日本の実業家、慈善家。

江戸時代末期に農民(名主身分)から武士(幕臣)に取り立てられ、明治政府では大蔵少輔事務取扱となり、財政政策を行った。退官後は実業家に転じ、第一国立銀行や東京証券取引所といった多種多様な企業の設立・経営に関わり、商法講習所(現在の一橋大学)、大倉商業学校(現在の東京経済大学)の設立にも尽力し、それらの功績を元に「日本資本主義の父」と称される。 また、論語を通じた経営哲学でも広く知られている。

設立に関係した企業は500以上

た第一国立銀行(第一銀行ならびに第一勧業銀行を経て、現在はみずほ銀行)の頭取に就任し、以後は実業界に身を置く。また、第一国立銀行だけでなく、七十七国立銀行など多くの地方銀行設立を指導した。

第一国立銀行ほか、東京瓦斯、東京海上火災保険(現:東京海上日動火災保険)、王子製紙(現王子製紙・日本製紙)、田園都市(現:東京急行電鉄)、秩父セメント(現太平洋セメント)、帝国ホテル、秩父鉄道、京阪電気鉄道、東京証券取引所、麒麟麦酒(現:キリンホールディングス)、サッポロビール(現:サッポロホールディングス)、東洋紡績(現:東洋紡)、大日本製糖、明治製糖、澁澤倉庫など、多種多様の企業の設立に関わり、その数は500以上といわれている。

日本国際児童親善会を設立し、アメリカの人形(青い目の人形)と日本人形(市松人形)を交換するなどして、交流を深めることに尽力している。

裏面のデザイン(東京駅丸の内駅舎)

1914年に完成した東京駅の設計者はコンドルの弟子である辰野金吾だ。日本銀行本店をはじめとする銀行建築を多く手掛けた近代建築の巨匠である。当時の丸の内が煉瓦や石造りであったことを意識して、「ルネサンス様式」の赤煉瓦建造物として設計した。煉瓦は埼玉県深谷市にある日本煉瓦製造(2006年に廃業したホフマン窯の工場)のものを使い、煉瓦の積み方はイギリス積である。



500円硬貨も変わる

新500円硬貨は2色「真ん中は100円玉、周りは今の500円玉の色です」
「桐」などのモチーフは変わらないようだが、実は様々な新技術を導入しているという。

まず目を引くのは、周囲と真ん中で色が違う「バイカラー・クラッド」という構造。
フチのギザギザは、一部を異なる形状にした「異形斜めギザ」を導入。大量生産する硬貨への採用は世界初だという。

さらに日本国と書かれた面の周辺には、日本の硬貨として初めて採用された「微細文字」でJAPAN、500YENと書かれている。
これらの技術は、偽造防止のため導入されたという。



新紙幣発行の経済効果

新紙幣 自販機改修など経済効果1兆2000億円余 業界の試算

▽紙幣のデザイン変更への対応でおよそ7700億円、
▽五百円硬貨への対応でおよそ4900億円、合わせて1兆2600億円の需要が見込まれると指摘しました。

ATMや自動販売機などのお札や硬貨を入れる機会の変更が必要となり、経済効果が見込まれています。

新紙幣のデザイン 誰が決める?

紙幣のデザインは財務省と日銀、それに国立印刷局の3者が協議したうえで、最終的には日銀法の定めで、財務大臣が決めることになっています。

肖像で描かれる人物に明確なルールはありませんが、国民に広く知られ、学校の教科書に載るなど、世界に誇れる人物であること、偽造を防止する観点から、なるべく精密な写真を入手できることなどを基準としています。

世界トップレベルの偽造防止技術

財務省によりますと、日本の紙幣には世界でもトップレベルの偽造防止技術が施されているため、各国と比べても偽造紙幣が出回ることは少ないとしています。

財務省によりますと、過去5年間に見つかった偽造紙幣は、
▽平成26年が2235枚、
▽平成27年が1208枚、
▽平成28年が2730枚、
▽平成29年が839枚、
▽平成30年が1698枚、となっています。

各国と比較すると、平成29年の時点で、
▽イギリスのポンドは日本の2350倍余り、
▽ユーロは580倍余り、
▽カナダ ドルは180倍余り、の偽造紙幣が見つかっているということです。

アメリカは比較できる公表データがないということですが、日本の偽造紙幣の少なさが際立っています。

角度を変えて見るとデザインが変化する「ホログラム」です。

現在の一万円札や五千円札にも表面の左下にホログラムが施されていますが、新しい紙幣では斜めに傾けると肖像が立体的に動いて見える最先端のホログラムが導入されます。

この技術が紙幣に採用されるのは世界で初めてだということです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました