遠山金四郎

遠山の金さん(とおやまのきんさん)は、江戸町奉行・遠山金四郎景元を主人公にした時代劇。

キーワード

  • 東西南北なら南
  • 必ず事件が起きて、必ず巻き込まれる。
  • 自称無職
  • 喧嘩は強い
  • 入れ墨入れてる
  • 実は権力者
  • これにて一件落着で終わる

遠山景元情報

時代 江戸時代後期
生誕 寛政5年8月23日(1793年9月27日)
死没 安政2年2月29日(1855年4月15日)
改名 通之進(幼名)、景元、帰雲(法名)
別名 金四郎(通称)
幕府 江戸幕府小普請奉行→作事奉行→勘定奉行→北町奉行→大目付→南町奉行

遠山金四郎景元の墓(東京都豊島区巣鴨五丁目・本妙寺)
遠山 景元(とおやま かげもと)は、江戸時代の旗本で、天保年間に江戸北町奉行、大目付、後に南町奉行を務めた人物である。テレビドラマ(時代劇)『遠山の金さん』及び『江戸を斬る』の主人公のモデルとして知られる。幼名は通之進、通称は実父と同じ金四郎(きんしろう)。

住居は、現在の東京都港区新橋4丁目にあった。

実際は…

ドラマのような名裁きをした記録はほとんどない。そもそも三権分立が確立していない時代、町奉行の仕事は江戸市内の行政・司法全般を網羅している。言わば東京都知事と警視総監と東京地方裁判所判事を兼務したような存在であり、現在でいうところの裁判官役を行うのは、町奉行の役割の一部でしかない(もっともこれは大岡にも言えることである)。

入れ墨は…

景元は青年期の放蕩時代に彫り物を入れていたといわれる。有名な「桜吹雪」である。しかしこれも諸説あり、「右腕のみ」や「左腕に花模様」、「桜の花びら1枚だけ」、「全身くまなく」と様々に伝えられる。また、彫り物自体を疑問視する説もある。

テレビ番組出演者順

坂東好太郎

坂東好太郎(ばんどう こうたろう、明治44年5月4日 – 昭和56年11月28日)は、昭和初期の歌舞伎役者、映画俳優。屋号は大和屋(やまとや)。

時代劇映画の二枚目スターとして大人気を得た。

金四郎江戸桜
主演:坂東好太郎、1957年 – 1958年、NHK、全29話

夏目俊二

夏目 俊二(なつめ しゅんじ、本名:上田 嘉則(うえだ よしのり)、大正15年11月4日 – 平成26年12月21日)は、日本の俳優、演出家。兵庫県神戸市出身。

遠山の金さん捕物帳
主演:夏目俊二、1960年、フジテレビ、全12話
※近畿地区は関西テレビ放送

坂東鶴之助

坂東 鶴之助(ばんどう つるのすけ)は、歌舞伎役者の名跡。

五代目 中村富十郎(ごだいめ なかむら とみじゅうろう、昭和4年6月4日 – 平成23年1月3日)は、歌舞伎役者。屋号は天王寺屋。定紋は八本矢車。日本芸術院会員、重要無形文化財保持者(人間国宝)。

本名は渡邊 一(わたなべ はじめ)。父は四代目中村富十郎、母は日本舞踊吾妻流家元の吾妻徳穂。正四位と旭日重光章追贈。

講談ドラマ 遠山の金さん
主演:坂東鶴之助、1962年、NHK、全4話
60分作品

市川新之助

十二代目 市川 團十郎(じゅうにだいめ いちかわ だんじゅうろう、昭和21年8月6日 – 平成25年2月3日)は、日本の歌舞伎役者。屋号は成田屋(なりたや)。
本名は堀越 夏雄(ほりこし なつお)、

遠山の金さん
主演:市川新之助、1967年、日本テレビ、全11話
お子さんは「市川海老蔵」(写真あり)
奥さんは小林麻央(写真あり)

遠山の金さんシリーズ・テレビ朝日版

中村梅之助

四代目 中村梅之助(よだいめ なかむら うめのすけ、昭和5年2月18日 -平成28年1月18日)は、東京生まれの俳優・歌舞伎役者。本名は三井 鐵男(みつい てつお、新字体:鉄男)。屋号は成駒屋(なりこまや)。

遠山の金さん捕物帳
主演:中村梅之助、1970年 – 1973年、NET、全169話
※近畿地区は毎日放送

市川段四郎

四代目 市川段四郎(よだいめ いちかわ だんしろう、昭和21年7月20日 – )は歌舞伎役者。本名は喜熨斗宏之(きのし ひろゆき)。屋号は澤瀉屋(おもだかや) 。

ご存知遠山の金さん
主演:市川段四郎、1973年 – 1974年、NET、全51話
※近畿地区は毎日放送

橋幸夫

橋 幸夫(はし ゆきお、本名:橋 幸男(読み同じ)、昭和18年5月3日 – )は、日本の歌手、俳優、作曲家、プロデューサー。血液型はA型。歌手の他に、俳優としても活躍、著書に認知症の実母の介護生活を綴った「お母さんは宇宙人」がある。
舟木一夫、西郷輝彦とともに「御三家」としてアイドル的な人気を集める。

ご存じ金さん捕物帳
主演:橋幸夫、1974年 – 1975年、NET、全27話
※近畿地区は毎日放送

杉良太郎

杉 良太郎(すぎ りょうたろう、昭和19年8月14日 – )は、日本の俳優、歌手、元財団法人日本・ベトナム文化友好協会理事長。

本名は、山田 勝啓(やまだ かつひろ)。

現在の夫人は、演歌歌手の伍代夏子。息子の俳優山田純大は、先妻との間の子。また巣立った子も含め今までに100人以上のベトナムの子の里親となる。

遠山の金さん
主演:杉良太郎、1975年 – 1979年、NET→テレビ朝日、全131話
※近畿地区はこの作品以降朝日放送

高橋英樹

高橋 英樹(たかはし ひでき、昭和19年2月10日- )は、日本の俳優、タレント、司会者、会社役員。千葉県木更津市出身。身長181cm、体重80kg、血液型はB型。かつての所属事務所はアイウエオ企画で、2019年2月1日から長女の高橋真麻と共にグレープカンパニーに移籍。 また、アイウエオ企画の取締役も兼任。愛称は、ナイスガイ。この愛称は、1962年に週刊平凡誌上で公募を行った上で決定された(応募総数14,532通のうち3,826通と圧倒的多数を占めたのが「ナイスガイ」だった)。

妻は高橋の所属事務所の取締役でもある小林亜紀子。長女はフリーアナウンサーの高橋真麻。

遠山の金さん
主演:高橋英樹、1982年 – 1986年、テレビ朝日、全198話

松方弘樹

松方 弘樹(まつかた ひろき、昭和17年7月23日 – 平成29年1月21日)は、日本の俳優・タレント・司会者・映画監督・映画プロデューサー。本名は目黒 浩樹(めぐろ こうじゅ)。東京市王子区(現在の東京都北区)出身。身長173cm、血液型はA型。左利き。個人事務所である株式会社MARE(マーレ)所属。明治大学付属中野高等学校卒業。

元々は歌手志望で、作曲家の上原げんとの下で五木ひろしらと席を並べて歌を学んでいたが、五木の歌声を聞いているうちに自信を無くし、父と同じ俳優の道に入った。

名奉行 遠山の金さん
主演:松方弘樹、1988年 – 1998年、テレビ朝日、全219話

松平健

松平 健(まつだいら けん、昭和28年11月28日 – )は、日本の俳優、歌手。本名は鈴木 末七(すずき すえしち)。愛称はマツケン、ケン様、上様。愛知県豊橋市出身。三喜プロモーション所属。
高校を中退後、すし職人となる。
昭和53年に『暴れん坊将軍』(テレビ朝日系)の主役徳川吉宗に抜擢される。同作は2008年(平成20年)まで放送回数832回を数える長寿番組。

遠山の金さん
主演:松平健、2007年、テレビ朝日、全9話

松岡昌宏

松岡 昌宏(まつおか まさひろ、昭和52年1月11日 – )は、日本のドラマー、俳優、タレントであり、バンド形態のアイドルグループ・TOKIOのメンバーである。ドラム担当。身長181cm。血液型A型。

北海道札幌市出身。ジャニーズ事務所所属。

サウナ通いを好む。体調管理として行ってきたが、平成24年4月17日に都内のサウナ施設で脱水症状を起こし病院に緊急搬送され、当日に行われた舞台の製作発表を欠席した。その際、サウナに偶然居合わせた吉川晃司に介抱された。

3時間スペシャル作品
名奉行!遠山の金四郎
主演:松岡昌宏、2017年9月25日・2018年8月13日、TBS

コメント

タイトルとURLをコピーしました