「いただきます」の意味

「いただきます」の意味

食事をする時の「いただきます」の意味には、いくつかの説がありますが、ここでは主要な2つの説を紹介します。

1つ目:食事に携わった人への感謝

  • 食事を作ってくれた人
  • 栽培をしてくれた人
  • お米や野菜を作ってくれた人
  • 魚をとってくれた人
  • 家畜を育ててくれた人
  • 料理をしてくれた人

など、食事に携わっている人々への感謝の心をあらわします。

2つ目:命への感謝

私たち人間は、生きていく食べには食事をする必要があります。食事で食べる物は、すべて、肉や魚、野菜、果物などの生きているモノの命を頂くということです。

この為、食事のまえに「いただきます」ということで、

  • 「牛の命を私の命にさせて頂きます」
  • 「サンマの命を私の命にさせて頂きます」
  • 「卵」の命を私の命にさせて頂きます」
  • 「キュウリの命を私の命にさせて頂きます」
  • 「○○の命を私の命にさせて頂きます」

と、それぞれの食材に感謝する意味があるとも言われています。

単純に「いただきます」と言っている私たちですが、実は、「いただきます」の前には、「○○の命を」という言葉が隠されています。人間は、食事をとる事で生きています。この食事で食べる物の命に感謝するという意味が「いただきます」の本来の意味だと言う人もいます。私たちは、色々な「命」に支えられて生かされていることが分かります。

「いただきます」を言わない人が増えている

近年、核家族化などが進むにつれて、日本の習慣が子供に引き継がれなくなり、「いただきます」の本来の意味を知らない親が増える事で、

  • 学校で給食費を払っているので言わなくていい
  • お金を払っているので、お店では言わなくていい

といったことを言う親が増えているようです。

「いただきます」の本来の意味や由来を知り、「食事」に関する全てに感謝する気持ちが生まれれば、自然と「いただきます」と言った言葉がでてくるのではないかと思います。

「ごちそうさま」の意味と語源

「ごちそうさま」は、漢字で書くと「御馳走様」になります。「馳走(ちそう)」とは、「走り回る」の意味です。昔は、食事をとるのも大変で、来客が来た場合に、食材を揃えるために走り回って食材を集め、食事を用意していました。

この馳走に江戸時代以降に、「御」という丁寧語を付けることで「御馳走」が、「もてなす」意味になり、「御馳走=贅沢な料理」をさすようになりました。

さらに、色々と走り回って、大変な思いをして食事を準備してくれた人に感謝をこめて「様」を付けるようになり、「御馳走様」「御馳走様でした」という様になりました。

「いただきます」の意味を子供が実感しにくい・・・

現代では、食べる物は、スーパーやコンビニなどで気軽に買うことができます。しかも、肉や魚など、生き物の命を頂いていると実感できる食材は、加工されて、元の形が分からないものも多いです。

この為、子供達が、命を頂いていると実感できる鶏を自分たちで締めて調理させる課外授業に参加したり、生きた魚を釣ってきて、さばいて調理するなど、生きているモノを殺して食材にしているということが実感できる経験を積むことで、食育として、子供の貴重な経験をすることで、「いただきます」の本当の意味を理解できるようになるのではいかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました