22日(毎月)

ショートケーキの日

答えはカレンダーをみるとわかりやすいのですが……。

22日のちょうど一週間前は15日です。カレンダーでいうと22日の上の段に15日があります。15日は「いちご」と読めますよね。そしていちご(15日)が22日の上に乗っていることから、「ショートケーキの日」と決められたんだそうです。
ちなみに「いちごの日」は聞いたことありますか?こちらもちゃんとあるんです。いちごの日は1月15日で、「いいいちご」のゴロ合わせから決められました。

1月5日じゃないの?だって「いちご」と読めますよね~と思った方へ。1月5日は受験で人生の新たなページをめくる「15」歳の若者を応援する日だそうですよ。

ショートケーキの日の由来

そもそものはじまりは、仙台にあったケーキ屋さんの「カウベル」が2007年に発案したといわれています。残念ながら現在そのお店は閉店しているのですが、日本全国のたくさんのお店が参加してこのショートケーキの日を盛り上げているんです。

ショートケーキの日のイベント

ローソン

毎月22日になると、プレミアムロールケーキにいちごがのります。コンビニの大ヒット商品である「プレミアムロールケーキ」は、お値段はお手軽なのに、クリームと生地ともに口どけが素晴らしい本格的な味で、ファンをとりこにしています。

銀座コージーコーナー

銀座コージーコーナーでは毎月22日になると、ショートケーキが10%オフで購入できるんです(一部店舗をのぞく)。

シャトレーゼ

普段イチゴが1個乗っているショートケーキですが、この日はイチゴが2個乗ります。

ショートケーキってどういう意味?

ふんわりしたスポンジとクリームを層にして、いちごを飾ったものを一般的に私たちはショートケーキと呼んでいます。じつは、私たちが呼んでいるショートケーキという名称は日本発祥の独自のものなのですよ。ショートケーキはなぜ、ショートケーキと呼ばれるかについては諸説あります。英語で書くと「short cake」で、ショートニングを使うからという理由、それから生クリームやいちごを使っていて、日持ちがしないから短いという意味での「short cake」。

イギリスのショートブレッドにいちごとクリームを挟んだものに似ていて、「サクッとした」という意味の「short 」という単語からなどなど、理由はさまざまです。

英語ではなんという?

いちごのショートケーキはケーキの代表選手のように思えますが、じつはアメリカでは「strawberry sponge cake(ストロベリー・スポンジケーキ)」と呼ばれているんです。また、西洋では「short cake(ショートケーキ)」と言われていて、場所によって呼び名が少し違うようです。アメリカで「ストロベリー・ショートケーキ」というと、生地はビスケットと呼ばれるクッキーのようなスコーンのような食感でスポンジは使われません。たっぷりのホイップクリームといちご、またはいちごのソースを加えて生地に乗せた状態で販売されています。

日本人はしっとりやわらかなスポンジを好むようですが、アメリカのものはザクザクした食感が好まれるようです。

ショートケーキの語源とは?

ショートケーキの「ショート」の語源には諸説あります。

アメリカのお菓子説

日本とは違った形式のお菓子ですが、アメリカにも「ショートケーキ」というお菓子があります。このお菓子をヒントに作られたので、ショートケーキという名前になったと言う説があります。

イギリスのお菓子説

イギリスには、イチゴとクリームを挟んだお菓子がショートブレッドにあり、このお菓子から始まったという説があります。

短時間で作れるから説

短時間で作ることができるということで、「ショートタイム」の意味から、ショートケーキになったいう説があります。

日持ちがしないケーキだから説

苺と生クリームを使ったケーキなので、日持ちがしないので、「ショートケーキ」になったとういう説があります。

かにかまの日

毎月22日(6月22日以外)は、カニカマの日という記念日です。

カニカマの日は、カニ風味のかまぼこ「カニカマ」の美味しさを、多くの人に知ってもらうのが目的で制定された記念日です。

誰が制定した記念日なのか?

石川県七尾市の水産加工品などの製造を行っている株式会社スギヨが制定しました。

なぜ、毎月22日なのか?

毎月22日を記念日にしてのは、蟹(カニ)のハサミの形が、漢字の数字の「ニニ」に似ていることからです。

なぜ、6月22日は、「カニカマの日」でないのか?

6月22日は、1990年に「かに道楽」によって、既に「かにの日」と制定されているので、6月22日は、本物のかにへの敬意を表して「カニカマの日」から除外されています。

「株式会社スギヨ」って、どんな会社なのか?

株式会社スギヨは、石川県七尾市に本社がある会社で、1962年1月に設立しています。

どんな仕事をしている会社なのか?

水産練製品の製造と販売などを行っている会社です。特に、日本で初めて「かに風味かまぼこ」である「珍味かまぼこ・かにあし」を製造、販売した会社として知られています。
また、日本カーバイド工業魚津工場開発製造の人造イクラの発売元でもあります。

カニカマの発明はどこか?

カニカマは、石川県のスギヨが有名ですが、実は、カニカマを初めて開発したと主張しているのは、下記の3ヵ所あります。

石川説

石川県の七尾市の水産加工メーカーであるスギヨは、1972年(昭和47年)に、着色、着香した蒲鉾(かまぼこ)を細く裁断した商品を「珍味かまぼこ・かにあし」として売り出したのが最初だと主張しています。

広島説

広島市に敷くにある漁師町は、蒲鉾屋(かまぼこや)の発祥の地とする大崎水産が「カニカマの元祖」とする文献もあります。大崎水産も、自社が「カニカマの元祖」としています。

マルハ説

水産業界の最大手である大洋漁業(現在のマルハニチロ)は、1973年(昭和48年)に大量に捕れた小型のズワイガニに、スケトウダラのすり身を混ぜて製造発売した「カニ棒」がカニカマの先祖であると主張しています。

大量生産を可能にしたのは山口県の企業

山口県宇部市にある食品機械メーカーであるヤナギヤが、大崎水産からカニカマの機械製造の許可を得て、1979年(昭和54年)に、カニ風味の蒲鉾(かまぼこ)の製造機を開発し、大量生産が可能になりました。

カニカマは失敗から生まれた商品

世界初のかに風味かまぼこ(カニカマ)である「かにあし」を発売したのが、昭和47年(1972年)。 以来、カニカマはインスタントラーメンやレトルトカレーと並ぶ、戦後の食品三大発明に数えられるほど、爆発的なヒット食品となりました。

しかし、カニカマの誕生には、”ある失敗”が関わっています。それは人工クラゲの開発。当時、クラゲの輸入がストップしたことを受けて人工クラゲの開発に着手したものの、食感が再現できずあえなく失敗。そんな中、3代目社長の杉野芳人が刻んで食べてみたところ、かにの食感に似ていることに気づき、人工カニ肉へ開発の舵を大きく切ったのです。

あの日の失敗がなければ、「カニカマの日」もなかった。

入手難や高価を理由に作られたコピー食品

カニ蒲鉾

茹でたカニの身に似せた食品で、原材料はスケトウダラである。略して「カニカマ」。茹でたカニの赤い色やカニの筋繊維を模して作られており、風味付けにカニ煮汁を使用するなどしているが、本物のカニが入っている訳ではないため、今日では「カニ」という言葉が商品名に使われていない。日本で開発されたコピー商品だがアメリカやイタリアでは日本以上に受け入れられており、カリフォルニア巻きなど米国寿司では定番のネタである。

ホタテ蒲鉾

カニ蒲鉾と同じく、魚のすり身にホタテの風味をつけて成型したもの。

人造イクラ

海藻から抽出したアルギン酸ナトリウム水溶液やカラギーナンに調味液や食用油を着色して塩化カルシウム水溶液に落として表面をゲル化してカプセルとし、本物らしい食感を持たせた物。一度は廉価な鮨ネタにも普及したが、その後ロシア産のイクラ価格が暴落、現在では市場を天然輸入物に奪われて姿を消した。

マーガリン

もともとはバターが高価であることからバターの代替としてつくられた食品で以前は人造バターと呼ばれていた。植物油を使っているため、コレステロールが少なく健康に良いと好む人がいる他、ビタミンなどの栄養添加ができる、冷蔵庫で硬くならないよう加工ができる、クリーム等の添加で風味の良いものを作れる等、既にバターとは別の食品として考えられるようになっている。ただし、近年トランス脂肪酸を含むことによる健康への影響が論議されている(マーガリンの項を参照のこと)。

コーヒーフレッシュ・クリーミングパウダー

上と同様に生クリームの代用品で、乳成分を使用しない物もある。
ショ糖脂肪酸エステル(乳化剤の一種)や脱脂粉乳など
牛乳の代用、もしくは添加比率の抑制目的で使用される。主に乳製品の原料コストを抑えるため。他、物資が不足していた戦時中・終戦時に重宝される。

発泡酒

麦芽又は麦を原料の33%以下としたビール風の発泡性を有する雑酒。ほとんどの国ではビールの酒税はアルコール分が低いため安いが、日本では非常に高いため、手頃な価格のビール風飲料として工夫された。第三のビールも参照。

ホッピー

見た目がビールに酷似していた為、ビールが高額であった終戦時とその後数年の間、好まれて飲まれた。ノンアルコール飲料だが、酩酊を楽しみたい場合は焼酎を割って飲む。2000年代でも意外性や話題性から愛好者層も存在し、一部の居酒屋などでもメニュー中にみられる。

みりん風調味料

みりんの代用品で、アルコールは全く、もしくは殆ど入っていない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました