井村屋あずきバー

あずきバーといえば老舗の井村屋です。井村屋は1896年に創業し、あずきバーは1972年に販売が開始されました。当時は夏の時期にあんこ菓子の売り上げが落ちてしまうのをカバーするために考案されました。

「ぜんざいをそのままアイスにする」というコンセプトのもと、原材料は小豆・砂糖・コーンスターチ・塩・水あめの5種類のみで、乳製品や安定剤といった添加物は一切使用されておらず、乳固形分も含まれていません。その結果、空気の含有量が少なくなり、非常に固いアイスが生まれてしまったというわけです。

何故固い!

井村屋のホームページで、あずきバーの商品ページを見ると、こんな文言が書かれています。「固く凍っているため、歯を痛めないようにご注意ください」

3つの理由とは

 そんなあずきバーですが、実は昔と比べると固くなっています。その理由について、井村屋グループ経営戦略部の担当者は、こう説明します。

 「昔と比べて甘さが求められなくなり、甘さを抑えた結果、水分量が増えたんです。その水分が氷になる割合が増え、以前と比べると固くなったんです」

 ただし、甘さを抑えたことだけが固さの理由ではないといいます。その秘密は以下の3つだそうです。

・乳化剤や安定剤といった添加物を使用していない
・乳固形分が入っていない
・空気の含有量が少ない

「あずきバー」の硬度を精密に測定したら瞬間的にサファイアを上回る硬度に

あずきバーで釘も打てる

井村屋さんがおすすめする、食べごろの時間はどのくらいですか?

「固いのがいいんだよ!」という方もいらっしゃいますし、「固すぎるよね…」という方もいらっしゃいますので自分の好みを見つけて頂ければと思います。「少しやわらかく…」という方は軽くレンチンする方もいますし。
弊社の会長は「まず、数分眺める」と言っています。
ちなみに私(ナカノヒト)は固いままガシャガシャいくのが好きです。

アイス以外の食べ方

温めて食べると、完全に「おしるこ」で激ウマらしい

アイスをそのまま電子レンジで「チン」すると、おいしいお汁粉になります。

かぼちゃと一緒に煮込む

かぼちゃのいとこ煮となります、調味料も不要なので、かぼちゃとあずきバーのみでつくれちゃいます。

あずきバー1本 → 100粒程の小豆

北海道産小豆を、有機栽培農法によって収穫され、厳選された良質の小豆のみを使用するというこだわり

きんつばを冷凍するとあずきバーの味に!

ただ冷凍するだけ。しかも中身はあずきバーよりも凍らないためにかじりやすいです。

コラボ商品

井村屋あずきバー ミニ寸線香

「井村屋あずきバー ミニ寸線香」は、ローソク・線香の製造販売を手掛けるカメヤマと井村屋のコラボ商品で、ともに三重県の企業ということで「三重県企業コラボ」企画として商品化が実現したもの。
気になるのはその味わい…いや、その香りですが、あずきの風味とあずきバーのほんのりした甘さを香りで再現したお線香になっているそうです。

そしてパッケージはまんまあずきバー。「食べられません」との注意書きが書かれていますが、たしかにこれは間違ってしまうレベルですね。
あずきバーファンだけでなく、天国のアイス好きにお届けしたい…とう思いもあるそうなので、生前アイスが好きだった故人のお供えにいかがでしょうか。

「井村屋あずきバー ミニ寸線香」の価格は680円 (税別)で2019年3月1日に新発売。

おかしなかき氷「井村屋あずきバー専用」

固いあずきバー専用のかき氷気がタカラトミーから販売されてました。

価格は希望小売価格「2980円」

井村屋の超高級『あずきバー』

通常100円前後のあずきバーですが、この『涼菓バー』は1本411円。 

店名 井村屋 和涼菓堂
住所 京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 ジェイアール京都伊勢丹B1
時間 10:00〜20:00(年末年始は変動あり)

毎月1日は あずきの日

日本には昔から、旧暦の1日と15日にあずきご飯を食べる習慣がありました。
1日は月が膨らみだす新月、15日は丸くなった満月を祝って、お赤飯を炊いたそうです。月の満ち欠けを目安に月に2回あずきご飯を食べる、という習慣を伝えてきたのは、あずきの赤は生命のシンボルといえるほど生命を守る成分が豊富で、あずきを食べることにより、仕事の能率を高め、かつ疲れを残さないための、稲作を生業としてきた日本人の知恵といえます。

「毎月1日はあずきの日」とはこうした栄養豊富なあずきを食べて健康になってもらえたらとあずきの製品を多く扱う井村屋グループ株式会社が制定し、日本記念日協会より認定されました。
日付は毎月1日にあずきを食す習慣を広めたいとの願いからです。

あずきの効能

食物繊維

食物繊維には便の柔らかさを保つ働きがあり、お通じをよくしてくれます。不足すると、便秘症を引き起こし、さらには大腸癌の危険性もでてきます。

ポリフェノール

ポリフェノールは動脈硬化や癌などの様々な病気を引き起こす原因となる活性酸素を体から除去する働きがあります。

サポニン

サポニンには血液を浄化する作用があり、血栓(血のかたまり)を溶かします。そのため、脳血栓の予防にも役立ちます。また、昔は産後の肥立ちが悪い女性にお産時にできた血栓を溶かすために小豆がゆを食べさせました。

あずきの成分

炭水化物は食物繊維、糖質で構成されています。糖質は消化されてブドウ糖となり、人々に必要なエネルギー源となります。

豆類の特徴は低脂肪、豊富なたんぱく質、食物繊維、ビタミンB群、ミネラル。あずきもこれら豆類の特徴にあてはまります。中でも特筆すべき特徴はポリフェノール。赤ワインの2倍近く含みます。

※全粒、生豆の栄養成分五訂増補日本食品標準成分表

画像



コメント

タイトルとURLをコピーしました