怖い童謡

赤い靴

異人さん(外国人)に、引き取られたか、売られたか、拉致されたかは定かではないが、その状況を考えると怖い。

歌詞
赤い靴(くつ) はいてた 女の子
異人(いじん)さんに つれられて 行っちゃった

横浜の 埠頭(はとば)から 船に乗って
異人さんに つれられて 行っちゃった

今では 青い目に なっちゃって
異人さんの お国に いるんだろう

赤い靴 見るたび 考える
異人さんに 逢(あ)うたび 考える

指きりげんまん(本当)

「指きりげんまん」の歌詞が怖い理由は、江戸時代の遊郭に関係してる。
江戸時代、遊郭の遊女は様々な男性と関係を持っていたので、その中で本気で好きになった男性に愛を誓うときは、左の小指を切り落として相手の男性に贈ることで自分の誠意を伝えていた。
この遊女の愛の誓いを「指切り」と言っていた。
その後、約束をするときは、指切りのことをうたったわらべ歌を歌うようになり、わらべ歌が歌い継がれるうちに、「指切り かねきり 嘘言うと指が腐るよ」、「指切り かねきり 高野の表で血吐いて来年腐って又腐れ」、「指きり げんまん 嘘ついたら針千本飲ます 指きった」という歌詞になった。

指切りについて

かなりの激痛が伴うため、「それほど愛している」ということを意味し、もらう客も、遊女の思いに応えるくらいの気構えが必要であった。
しかし、実際に切る遊女は少なく、贋物(模造品)の指が出回ったらしい。

小指のほかに、髪の毛を切って渡す、爪をはぐ、刺青を入れるというのも流行っていたようだが、小指が一番、信用度が高いとされている。
また、小指は第一関節しか切らないため、包帯を巻いておけば他のお客さんからバレないという面もある。

だが、実際にはこのようなことをすることによって、お客さんへ
「私は本気で貴方が好きです」
と見せかけるためのテクニックとして流行っていたともいわれている。

・爪は自分のものではなく、目下の女郎に爪を伸ばさせ切った物を渡した
・刺青は偽物で実は墨であったり、素人の刺青なので消すことができる
・小指は、模造品のほかに死体の小指を買っていた。

また、死体から指を切って売る「指きり屋」といわれる職業も存在していたという。

ヤクザのエンコ詰めもここから

同風習が、博徒集団でも広がり、親分に対する忠誠の誓いに利用されるようになった(指詰めも参照)。もっとも、博徒集団においては組織内で和を乱した場合に、親分に対する謝罪の意思として指を切断することでけじめをつけることとされる。今日のヤクザのエンコ詰めは、この指切りの風習に由来するものである。

「げんまん」って何?

それでは「げんまん」とは何なのでしょうか。漢字では「拳万」と書きます。これは握り拳で一万回殴ることを意味しています。

つまり約束を破る「小指を切り落とし、一万回殴った後、針を千本飲まされる」ことになるのです。約束に重さはありません。何も考えずに軽く約束を交わさず、交わした約束はしっかりと守りましょう。

たまに「はりせんぼん」を魚のハリセンボンと勘違いしてる人がいるが、魚ではない。
漢字で「針千本」とかき、裁縫で使う針のことがを指す。
(余談だが、魚のハリセンボンの針の数は実際は千本もなく、約400本である。意外と少ないことに驚く)

かもめかもめ(俗説)

歌詞
かごめかごめ
かごのなかのとりは
いついつでやーる
よあけのばんに
つるとかめがすべった
うしろのしょうめんだーれー

「かごめ」とは「籠女」、妊娠をしている女性である
「かごのなかのとりは、いついつでやう」というのは
お腹にいる赤ちゃんがいつ出てくるのだろうということ
「夜明けの晩に」、夜明けなのに晩とは・・・?つまり「この世ではない世界」
「鶴と亀が滑った」というのは、おめでたいこと(その象徴として鶴と亀)が滑った
つまり流産したということだそうです・・・
「後ろの正面だあれ」
後ろに水子の霊がいるよ・・・

はないちもんめ(俗説)

江戸時代~戦後あたりまでの食べることもままならない時代がありました。

口減らし(家族の食べる人数を減らす)ために、子供を夜中山の中に置いてきたり、里子に出したり、売ってお金に変えたりというのは、本当に行われていた様なのです。

多少大きくなった女の子なら、早くから嫁に行かせたり(これも結局、結納金という形でお金に変わっていた)は、昔は普通でした。筆者の祖母は大正時代の生まれですが、確か12才頃に嫁に来たと言ってた気がします。

この歌は、口減らしのために、子買い人に子供を連れてゆかれてしまった様子を表していると言われています。

買われていくのは女の子限定だという説もあります。その行く末は、遊女(→かごめかごめ参照)であるかと考えられますね。

歌詞の解釈のポイント
花=子供又は女の子
一匁(いちもんめ)=とても少ない重さの単位 (一匁=3.75g)
かって=勝ってではなく、買って
まけて=負けてではなく、まけて(安く)
わからん=まからん=まけられない


かってうれしい はないちもんめ(子供を安く買えて嬉しい)

まけてくやしい はないちもんめ(子供を安く値切られて悔しい)

となりのおばさん ちょっときておくれ(隣のおばさん、来てください)

おにがこわくて いかれない(子買いが怖くて行けません)

おふとんかぶって ちょっときておくれ(布団をかぶって来てください)

おふとんボロボロ いかれない(布団はボロボロだから行けません)

おなべかぶって ちょっときておくれ(鍋をかぶって来てください)

おなべそこぬけ いかれない(鍋は底が壊れて行けません)

びんぼ びんぼ びんぼ(貧乏・貧乏・貧乏!)

びんぼじゃないよ(貧乏じゃないです)

あのこがほしい(あの子が欲しい)

あのこじゃわからん(あの子は必要だから安くできません)

このこがほしい(この子が欲しい)

このこじゃわからん(この子も安くできません)

そうだんしよう(相談しよう)

そうしよう(そうします)


子供を安く買えて喜んでいる「子買い」=人身売人

子供を安く売ることになって残念がっている親。泣く泣く手放す子供でも、いっそ売るなら高額がいいのでしょう。

この件で隣のおばさんと立ち話をしているうちに、また子買いに見つかってしまって、値段交渉をされているのです。

この家の子供が子買いに全員連れていかれるまで続きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました