手塚治虫

画像1 手塚アニメキャラクター集合

手塚 治虫(てづか おさむ、本名:手塚 治(読み同じ)
1928年(昭和3年)11月3日 – 1989年(平成元年)2月9日
日本の漫画家、アニメーター、アニメーション監督。
大阪帝国大学附属医学専門部を卒業、医師免許取得、のち医学博士(奈良県立医科大学・1961年)。
血液型A型。戦後日本においてストーリー漫画の第一人者として、漫画の草分け的存在として活躍した。
兵庫県宝塚市出身(出生は 大阪府豊能郡豊中町、現在の豊中市)、同市名誉市民。

漫画の日(2月9日)
漫画家・手塚治虫の命日にちなみ、漫画本専門古書店「まんだらけ」が制定。

日本初となる30分枠のテレビアニメーション

『鉄腕アトム』の制作に取り掛かった。しかし総勢10名にも満たないスタッフでは毎週テレビ放送用にディズニーのようなフルアニメーション番組を制作することは作業の量から不可能であり、絵の枚数を大幅に削減するリミテッドアニメの手法を必要に迫られて編み出すに至った。毎週放送のアニメーション番組を実現するために(既にアメリカのハンナ・バーベラ・プロダクションなどでも工数を減らしたリミッテッド・アニメーションの制作は行われていたがそれらも参考にして)試行錯誤と創意工夫を積み重ねて作り出したさまざまなリミテッド・アニメの手法や様式は、その後の日本のアニメーション制作全般に大きな影響を与えることとなる。虫プロの鉄腕アトムは、当時の日本のテレビアニメーションを代表する大人気作品になった。

堺市と手塚治虫

画像2.3.4 大阪市役所1階ロビー
画像5 フェニックス通り

堺市役所1階正面玄関に天井から吊り下げられてる段通(タペストリー 2種類))
堺市政100周年記念で 手塚治虫記念館に特別発注。

火の鳥』(ひのとり)は不死鳥をモチーフにした手塚治虫による漫画。
古代から超未来まで、地球や宇宙を舞台に、生命の本質・人間の愚行・愛が描かれている。

堺市の象徴はフェニックス。
堺市の中心街の幹線道路にフェニックス並木が続いています。そんな縁からでしょうか。

フェニックス通りとは?

堺市中心街の国道26号と国道310号のうち、大浜北町(大浜北町交差点) – 翁橋町(一条通交差点)間の全長約1.5キロメートル(km)、6車線の道路の愛称で、安井町交差点以西は国道26号、以東は国道310号のそれぞれ一部区間、また、重複して全線大阪府道2号大阪中央環状線の一部区間である。中央分離帯に植栽されたフェニックス125本が通行者や市民らに親しまれたことから、「フェニックス通り」と呼ばれるようになった。1日の交通量は5万8000台に上り、臨海地区の堺旧港と市中心部にある仁徳天皇陵とを結ぶ。

1986年(昭和61年)8月10日の道の日に、旧建設省と「道の日」実行委員会により制定された、「日本の道100選」にも選ばれており、1994年(平成6年)には、読売新聞社選定の「新・日本街路樹100景」(1994年)のひとつに選定されている。

第二次世界大戦中にあった1945年(昭和20年)の堺大空襲により、5次にわたる空襲を受けて沿道は壊滅的な被害を受けたが、戦後に戦災都市の指定を受け、戦災復興都市計画によって、道路は東西南北の碁盤の目状に整備されることとなり[1]、フェニックス通りは、東西の幹線道路として防災に主眼を置いた幅員50 mの大通りへ拡幅される運びとなった。1946年(昭和21年)に着工されて、1959年(昭和34年)には全線開通して、当時は50 mの幅員を持つ道路として話題となった。

亜熱帯植物のフェニックスは、敗戦で消沈していた堺市民の気持ちを明るくしようと、1955年(昭和30年)9月に堺ロータリークラブが寄付金を集めて、1956年(昭和31年)3月に復興の象徴としてフェニックスの苗木126本を宿院 – 住吉橋間に植樹し、その後、東西方向へ植栽が続けられたものである。1956年の植栽を祝って、堺市出身の詩人である安西冬衛の詩が刻まれた記念碑が建てられており、碑には「ここに緑なす火の鳥の樹を栽えます 万人の生命のために 千年至福の希い われらの善意と愛情をこめて」と記されている。

街路樹の成長に合わせて「フェニックス通り」の愛称が定着するようになった。1970年(昭和45年)頃から大阪中央環状線や第二阪和国道が建設され、堺市街の東西幹線道路としての価値が向上した。1989年(平成元年)に市制100周年記念事業の一環として、フェニックス通りの道路愛称が堺市から与えられた。

手塚治虫の漫画価値

画像6.7

パリで5日、故手塚治虫が描いた漫画「鉄腕アトム」の原画が競売に出品され、当初予想の約6倍の26万9400ユーロ(約3500万円)で落札された。
原画は一九五六年ごろ、雑誌「少年」に掲載された作品の一枚で、オーストラリアの個人コレクターが所有していた。縦三十五センチ、横二十五センチで、登場人物の言葉を示す「ふきだし」に鉛筆で書かれた跡が残る。同社の担当者エリック・ルロワ氏(50)は「極めて良好な状態で、躍動感あふれる筆運びも感じられる」と言う。

手塚治虫先生の『新宝島』は初版美本なら500万円
1947年1月30日発行の初版本でしょう。美本であれば、販売価格は500万円になると思います。
初版以外、価格は80万円くらい。

画像



コメント

タイトルとURLをコピーしました