順位あてクイズ

レコード販売が古いものランキング

1位 夕焼けとんび / 三橋美智也 《1958年03月》

三橋 美智也(みはし みちや)、1930年11月10日 – 1996年1月8日)は北海道上磯郡上磯町峨朗(現・北斗市)生まれ、函館市育ちの演歌歌手。愛称「ミッチー」。民謡で鍛えた伸びやかな高音と絶妙のこぶし回しを持ち味に、昭和30年代の日本の歌謡界黄金期をリードし、数多くのミリオンセラーを連発した、昭和歌謡界を代表する男性歌手の一人。特に全盛期の昭和30年代前半は「三橋で明けて三橋で暮れる」と言われるほどの絶大な人気を誇った。

2位 あきらのズンドコ節《1960年9月20日》/ 小林旭

1960年に小林旭がカバー。『海から来た流れ者』シリーズの第2弾『海を渡る波止場の風』のテーマ曲として誕生した。歌詞は大きく変わり、曲のテーマは「若い男女の恋物語」となった。発売年のレコード売上は30万枚に達した[4]。元々は小林の「鹿児島おはら節」のB面曲であったが、こちらのほうがヒットした。

3位 上を向いて歩こう《1961年10月15日》/  坂本九

日本以外でのヒット。1962年、ヨーロッパでこの曲が紹介され、大ヒットした。フランスなどでは原題と同じ意味のタイトルで発売されたが、イギリスでは「SUKIYAKI」、ベルギーやオランダでは「忘れ得ぬ芸者ベイビー」と意味不明な曲名で発売された。

4位 なみだ船《1962年6月5日》/  北島三郎

「なみだ船」は、北島がメジャーデビュー前に最初に吹き込んだ曲であり、「ブンガチャ節」と共にメジャーデビュー曲の候補でもあった。本作でミリオンセラーとなり、第4回日本レコード大賞新人賞を受賞した。北島のメジャーデビュー曲は「ブンガチャ節」だが、この歌は3回放送されただけで、発売から1週間で放送禁止になったため、事実上この歌がデビュー曲として扱われている。

5位 星影のワルツ《1966年3月24日 》/ 千昌夫

「星影のワルツ」は、千昌夫の6枚目のシングル。



高身長ランキング

1位  琴欧洲  / 203センチ

旧・ブルガリア人民共和国ヴェリコ・タルノヴォ州ヴェリコ・タルノヴォ市出身で佐渡ヶ嶽部屋所属の元大相撲力士。本名は安藤カロヤン。ブルガリア国籍時代の本名はカロヤン・ステファノフ・マハリャノフ、愛称はカロヤン。身長202cm、体重157kg、握力120kg、血液型はO型。得意手は右四つ・寄り・上手投げ。

2位  白鵬 / 192センチ

モンゴル国ウランバートル市出身で宮城野部屋所属の現役大相撲力士、第69代横綱。本名はムンフバティン・ダワージャルガル、モンゴル語での愛称は「ダワー」。得意手は右四つ、寄り、上手投げ。身長192cm、体重155kg、血液型はA型。好物は焼肉と納豆、プレーリードッグ。

3位 ドナルド・トランプ / 191センチ

ドナルド・ジョン・トランプは、アメリカ合衆国の実業家、政治家。第45代アメリカ合衆国大統領。 歴代最高齢で就任した大統領であり、また史上初の政治や軍人の経験がない大統領でもある。身長6フィート3インチ。 

4位 スタッフの誰か!

163センチ以上~190センチまでのスタッフを

5位 具志堅 用高 / 162センチ

具志堅 用高は、日本の元プロボクサー、男性タレント。沖縄県石垣市出身。元WBA世界ライトフライ級王者。太田プロダクション所属。血液型A型。法政大学卒業。 2015年に国際ボクシング名誉の殿堂オールドタイマー部門に選出された。



レトロ玩具ランキング

1位 688万1000円

レア!ヨネザワ★コマンダーロボット★箱付き 美品★当時物

2位 225万1000円

お宝!初代店頭ペコちゃん
身長は76Cm。木製台座が6cmくらい。全体で82cmくらいです。体重は5.6Kg(木製台座含む)

3位 50万1000円

【超完品クラス】 スーパーゼウス ビニ―ルコーティング 旧ビックリマン 1弾

4位 40万1000円

キン肉マン消しゴム ミスター般若
他の色の出品はたまに見ますが、肌色はほとんど出回っていませんので、非常に稀少です。

5位 9800円

チャンピオン チキチキバンバン
チキチキバンバンの高難易度版として少数製品化された希少盤



芸能人年収ランキング

1位 ビートたけし 13億円

多くのレギュラー番組を持つのはもちろん、多種多様な企業のCMにも出演していますね。露出の多さはもちろん、大御所ゆえのギャラ単価の高さが、今回の13億円という数字に結びついたようです。
テレビ出演ギャラ単価:300万円
テレビCMギャラ単価:1億円

2位 マツコ・デラックス 10億円

歯に衣着せぬお姉キャラで大人気なのが、マツコ・デラックスです。レギュラー番組や冠番組も多く持っていますが、それと同時にCM出演も多く、老若男女問わず愛されるキャラで第2位にランクインしました。
テレビ出演ギャラ単価:100万円
テレビCMギャラ単価:5000万円

3位 中居正広 7億2500万円

言わずと知れたジャニーズ事務所のトップアイドルです。バラエティを始めドラマや映画などの俳優としても活躍しており、同事務所で1番収入が多いタレントになります。
テレビ出演ギャラ単価:150万円
テレビCMギャラ単価:5000万円

4位 綾瀬はるか 6億5500万円

女優の長者番付ランキング第1位には、綾瀬はるかがランクインしました。CM出演料が女優の中でもトップクラスに高く、それだけの人気の高さがうかがい知れます。女優の収入の8割はCM出演料と言われていますので、高単価で9本を持つ彼女が1位なのも頷けますね。
テレビ出演ギャラ単価:200万円
テレビCMギャラ単価:7000万円

5位 明石家さんま 6億円

大御所と呼ばれるお笑い芸人でもある明石家さんまは、今も数多くのレギュラー番組を抱える売れっ子芸人です。大御所がゆえにその出演料も高く、1回のテレビ出演で300万円のギャラが発生しています。
テレビ出演ギャラ単価:300万円
テレビCMギャラ単価:1億円



演歌トータル販売枚数ランキング

1位 1972/05/10 女のみち 宮史郎とぴんからトリオ  /  325.6万枚

1971年、ぴんからトリオの結成10周年記念(ぴんからトリオの前身の「スパローボーイズ」の結成から数えて)として彼らの自作曲であるこの曲を自主制作で300枚プレスし、有線放送で流したところ大きな反響があった。そして1972年、第一プロダクションの協力により日本コロムビアからレコード発売が決定すると爆発的なヒット曲となった。1973年の『第24回NHK紅白歌合戦』に「ぴんから兄弟」として出場。

2位 1973/11/05 なみだの操 殿さまキングス / 197.3万枚

発売から3ヶ月余りでオリコンのトップ10に初登場。6週後には1位を獲得し、そこから9週連続で1位を獲得。

3位 1978/02/25 夢追い酒 渥美二郎  /  182.0万枚

発売当時は鳴かず飛ばずであったが、渥美の全国を回っての地道なプロモーション活動が実り、発売から10か月後の1978年12月に日本有線大賞敢闘賞と全日本有線放送大賞努力賞を受賞。年明けの1979年に入ってからは爆発的な売上となる。

4位 1966/03/24 星影のワルツ 千昌夫  /  170.8万枚

1966年の発売当初は売れ行きは低調であったが、千自身がこの曲を気に入って歌い続け、全国の有線放送に働きかけてヒットへ導いた。1967年頃から各地の有線放送で火がつきはじめた。

5位 1974/01/25 うそ 中条きよし  /  154.1万枚

1968年以後、高波明、渥美健の芸名で歌手デビューするも全くヒットに恵まれなかった中条きよしの再デビューシングルである。
タイトルから、エイプリルフールのある4月1日にラジオでリクエストがかかりやすい曲である。



堺市7区 人口ランキング

1位 北区(156,561人)
2位 南区(154,779人)
3位 堺区(148,748人)
4位 西区(133,622人)
5位 中区(123,532人)
6位 東区(85,444人)
7位 美原区(39,280人)

堺市の総人口は841,966人であり、全国市町村で14位の人口を有しており、大阪府の総人口に占める堺市の人口割合は約9.50%となっています。



タイトルとURLをコピーしました