平成31年硬貨の価値

平成が31年で終了することになりましたが、平成最後の効果に注目していきたいと思います。
年号が変わるタイミングの効果は希少性が高く、値上がりする事が予想されます。

昭和64年の効果の現在価格

未使用硬貨

  • 1円玉・・・50円
  • 5円玉・・・100円
  • 10円玉・・150円
  • 50円玉・・・発行されていない
  • 100円玉・・・発行されていない
  • 500円玉・・・1500円

未使用硬貨の入手方法

日本造幣局からは、ジャパンコインセットが販売されています。
毎年販売されているので、平成31年も販売予定です。

タイトルは「平成31年銘ジャパンコインセット」。

この貨幣セットは平成31年銘の未使用の1円玉から500円玉の6種類の硬貨が収納されています。
デザインも日本の美しさをテーマにしているので、飾っておくだけでもインテリアとしての価値がありそうですよね。

その他の入手方法としては買い物のお釣りを丹念に探しましょう!

1円硬貨が狙い目

1円玉は、平成31年に消費税が10%になると、生産枚数自体が減少する可能性が非常に高いんです!

それでなくても、調べてみると1円玉の発行率は年々下がってきています。

ということは・・・平成31年の1円玉の発行数がかなり少なくなるのは明らかですよね。

もしお買い物の際に、平成31年の1円玉がお釣りに交じっていたら・・・。

宝くじに当選したような【ラッキー】になるかもしれません!

プレミアの硬貨

  • 穴がない5円玉や50円玉
  • 穴が真ん中から一がズレてあいている5円玉・50円玉
  • くぼみや凹みがあって、硬貨の形が変形している硬貨
  • 模様の印刷がズレている硬貨

平成31年の1円玉で、その形が変形していたりしたら・・・それはとってもプレミアが付く硬貨になることは間違いないですね!

しかも年号に関係なく、変形1円玉で、【280万円】になった1円玉もあるんです。(ちなみに、ヤフー・オークションで落札されました)

コメント

タイトルとURLをコピーしました